« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の28件の記事

2009年11月30日 (月)

小諸古城の旅情と湯けむりの里(オレンジの秘湯編)

Dscf3620 懐古園を見学した後、懐古園のすぐそばにある「小諸グランドキャッスルホテル」の1Fレストラン街でお昼をとることに。このグランドキャッスルホテルってあの「365日同一料金」の伊東園ホテルグループなんですね。ここには売店と並んで手打ちそば、寿司和食のお店なんかが入っています。

Dscf3610 その中で、中華、洋食のバイキング「レストラン千曲」にしました。980円の食べ放題、そしてここで食事をすると、このホテル最上階にある小諸温泉無料入浴券(780円)が貰えちゃうのです。そこに惹かれて選んだんですが、料理も思いの外美味しかったです。かた焼きそばとかバイキングでは珍しいのも。

Dscf3611 さて最上階にいくと小諸駅が近いので手前に線路その奥に浅間・高峰の山々が見えます。小諸温泉と言えばこのグランドキャッスルにあるブルースカイですが、単純泉で優しい湯だけど、からだにまったりとして冷めにくそうな温泉でした。地下からここまで上げてくるんですから相当量の湯量なんでしょうね。

Dscf3618

Dscf3619 見晴らしの良い窓からは小諸の街並みが一望です。そして頭上はガラス張りのサンルームのような開放感と明るさです。お風呂から出た後、受付のおばさまが「足裏マッサージ機、無料だからやっていったら?」と気さくに勧められ。♪あ”あ”~て感じで足も軽くなりました。

Dscf3617 Dscf3607

小諸グランドキャッスルホテル
長野県小諸市古城1-1-5
TEL(0267)22-8000

http://www.komoro-gch.co.jp/index.html

Dscf3632 続いて小諸市街から浅間連峰の方に向かいます。そびえる2000m級の山へと向かうと、車窓から見える道路に立ち並ぶ木々も、その種類が徐々に変わってきます。やがて道の脇には白い雪の積雪後が・・。車の窓から小諸の街を見下ろすと、雲の隙間から木洩れ日のように光が小諸の街に注いでいます。

Dscf3630

高峰高原にある高峰温泉を目指していきましたが、途中路面積雪で断念・・。でもこんなステキな情景をみれたのはサプライズでした。なんかネロとパトラッシュが天に召されるのが見えそうな光の降臨でした。

Dscf3628

Dscf3634 目的地を少し下ったところにある「天狗温泉」に行くことに。自分は知りませんでしたが、「オレンジの秘湯」として温泉好きの人には有名だそうで。来た道を戻る途中に天狗温泉へと行く道に分岐します。分岐した道に入ってすぐ、道路の舗装がされていない山道に変わりました。これは・・。凄いことです。

Dscf3635 舗装されていない道を4キロほどがたがた揺れながら進むと「天狗温泉 浅間山荘」が見えてきました。なにもない山道を走り続けただけに人の居る気配と建物を見つけたときは、ホントにホッとしました。キャンプ場も隣接し、バンガローも何棟もあって自然豊かなところです。

Dscf3642 さっそく温泉へ。湯船をみてびっくり!ホントにオレンジ色なんですね。なんでも、カタログハウスの通販生活の企画で全国泉質別の鉄鉱泉の日本一、そしてKKベストセラーズの一個人の誌面で「温泉達人が選ぶ極楽にごり湯の宿10」で1番に紹介された秘湯であり人気の温泉だとか。

Dscf3647

Dscf3666 泉質は単純鉄冷鉱泉で源泉は10度以下の冷泉を沸かしているようです。強い鉄鉱泉なので、色がオレンジ色に変化してしまうようです。しばらくは一人でお湯を楽しんでいましたが、何人かのグループが来て、その一人が湯船にタオルを落とし・・見つかったらすでに赤褐色になってて皆で苦笑してました。

Dscf3660
Dscf3658

天狗温泉浅間山荘
長野県小諸市野馬取
TEL 0267-22-0959 FAX 0267-25-2255

http://www.tenguspa.com/

| | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

小諸古城の旅情と湯けむりの里(懐古園編)

Dscf3525先週のお話ですが、信州小諸に行ってきました。なんか自家用車にETC付けてから日曜の度に信州長野や上州群馬の秘湯へいくのが、ここ最近の私の『お勤め』のようになっていくばくか・・。今日の上信越自動車道も行きは流れも順調(帰りは地獄=渋滞・・)、天候もまずまずです。

Dscf35312 ところが!紅葉に染まった群馬の山々を抜けていくと軽井沢手前で渋滞にはまりました。渋滞が軽井沢ICの出口に続いていました。どうやら後で知りましたが、軽井沢アウトレットへの渋滞だったようです。渋滞を抜けて長野に入ると、青い空が広がり、目の前に白い雪を被った標高2568mの浅間山が現れました。

Dscf3533 今回はかつての小諸藩の城下町、小諸です。小諸ICを降りてすぐに懐古園があります。酔月城なんてちょっと小粋な艶っぽい名前を持つお城だった小諸城の城址は今や公園となって観光客だけじゃなくて地元の人たちも訪れて賑わっているそうです。ちょうど紅葉の時期も終わりの頃で観光客もまばらでした。

Dscf3537 入口にはなぜかSL(C56144)が置かれていました。季節柄赤いモミジに彩られてなかなか美しい姿でした。しかしなぜSL?そういえば時々公立の公園ってSL飾っていません?アレはなんでしょうかね。国鉄からのお下がり?城址公園だからあまり関係なさそうですがね。ま、細かいこと言っても・・。

駐車場から風情感じる二の丸跡の城壁を通って三の門料金所入口から園内に入場します。大人500円です。

Dscf35402 Dscf3542

Dscf3543 園内にはいると盛りを過ぎたとはいえ、まだ紅葉が美しいです。番所跡を通って、右に北丸跡、左に南丸跡を通りすぎて中へと進みます。この小諸城は、元禄15年(1702年)、越後国与板藩より牧野康重が1万5千石で入封すると、版籍奉還まで約1701年間、牧野氏が10代にわたって居城としたお城。

Dscf3547 黒門橋は、別名そろばん橋と言うそうで、元々は戦時で緊急の際に、橋げたが取り外して敵の潜入を防ぐことが出来たそうです。今はそんな必要もまったくなく、観光客が安全に観てまわれるように橋が架けられています。橋の下は水のない堀で、その両側にモミジが赤く染まって彩っています。

Dscf3549

お城の本丸跡には懐古神社が祀られています。その横にある池には噴水がなめらかな曲線を描いて水面に堕ち、波紋もまた池の周りの木々と美しい調和をしています。

Dscf3552

Dscf3563_2 明治13年に城郭は払い下げられ、「懐古園」と名付けられたそうです。そして、城郭の美しさ、歴史的価値を残しながら、近代的な公園となったようです。木々の合間から見える石を積んだ城壁も苔むして趣もあります。ここはかつては馬場のあった場所、今は桜の名所でもあるようです。

Dscf3594_2 そこから千曲川の川岸方面にはまだまだ美しい紅葉の林が残っていました。落ち葉をさくさくを踏みしめて進むと柔らかな感触が足から伝わってきます。

Dscf3569

Dscf3575 木々の合間から千曲川の流れ、そして堤防が遠くに見えます。枯れた木と赤く染まった木とのバランスもまた美しいです。

Dscf3573

Dscf3571 歴史ある城址だからこそ、こんなに力強い木の根も見ることが出来ます。しっかりと大地に根をはって空高く枝を広げる姿は雄大ですらあります。

Dscf3570

怖い名前をもつ割に紅葉のキレイな地獄谷にかかる橋の名前が酔月橋

Dscf3578

Dscf3587 島崎藤村ゆかりの地でもある小諸だから、懐古園にも藤村記念館があります。そしてその記念館の前には唱歌の「椰子の実」の歌碑が。
名も知らぬ 遠き島より 流れよる 椰子の実ひとつ
自分も好きな詩であり、心に残るメロディーです。(つづく)

Dscf3599

| | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

日本の会社はどこかしらブラックなのかも。「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

333683view014_2 高校時代にその真面目で大人しい性格から苛めに遭い、引きこもって高校も卒業できないままにニート生活を送っていた大根田真男ことマ男くん(小池徹平)が母の死を境に一念発起から不況の中どうにか就職できたものの、その会社は就業内容がメチャクチャな〝いわゆるブラック会社〟だったのだ。

333683view011 出社当日から阿部リーダー品川祐)からの厳しい叱責や仕事の丸投げ使いっ走りさせられ、クセのある個性ばかりの同僚社員に囲まれて必死になって仕事に取り組むマ男。唯一の理解者で頼れる先輩藤田田辺誠一)にも助けられて仕事の実績を残し、あるプロジェクトのリーダーを任せられることに。

333683view006_2 原作は2チャンネルの書き込みからだそうです。どこか自分の会社でもありそうな出来事、そしていそうな社員を面白おかしく誇張しながら笑いを誘い、観る者に『ありそ~』といった共感もさせてくれます。品川演じる阿部リーダーの『バ~カ』にむかつき、井出くんのうざさにいらついてしまい・・。

333683view013 必死に取り組むマ男にいつのまにか『がんばれ!』とエールを送っていました。こんなにがんばり屋ならそもそもニートにならなかったんじゃ?ってつっこみたくなる疑問も持ちながら、小池徹平くんの持ち味からか、最後はとっても爽やかな感動受けました。これは予想していた以上に楽しめる映画でした!

 
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
 7.5点★★★★

Black_genkai_1_1b

| | トラックバック (1)

2009年11月27日 (金)

世界が目の前で崩れていくその圧倒的臨場感「2012」

332430view015 2009年、エイドリアン博士は友人でインドで研究中の博士から〝ある異変〟を伝えられる。太陽の巨大なフレア爆発による大量のニュートリノが地球へ降り注ぎ、異変が起こっていた。そこから想定される最悪のシナリオに驚愕したエイドリアン博士は大統領首席補佐官を通して大統領に〝最悪の事実〟を伝えた。

332430view009 その頃、売れない作家で今やリムジン運転手となってるジャクソンが、離婚した妻が引き取った子どもたちとの微妙な旅行へと出かけた。ところが、キャンプ場で目にした異変に気づき、そして変わり者のDJチャーリーから、この地球が滅亡に向かっているとを教えられる。が、すでに天災は起こり始めていた。

2012_main_large2_2 この2つの人間ドラマを交錯させながら、圧倒的な迫力ある映像が途切れることなく続いていく、地割れ、噴火、大地震、津波、洪水の数々。大都会が崩壊し、大自然がその姿を失っていく。想像を絶するその映像に息を呑み、そして身体に力が入ったまま映像を魅入っていく。いつまでもドキドキ感が抜けない。

Sub1_large2 とにかく迫力ある映像、これは映画館で観る映画です。崩壊するビル、そこのフロアには逃げまどう人の姿まで丁寧にCGでつくられていて、ついついそちらにも目がいってしまう。ただ、9.11テロの時にみた高層ビルの崩壊が下から崩れていくのに、映画じゃ横に倒れるビルが多いのが違和感あったです。

332430view0072 ジェットコースターのように休む間もなく次から次へと災害とトラブル、危機が襲いかかってきて本当に疲れる映画です。観る者に『これって変じゃないの?』ってつっこむ暇も与えぬかのように。助け合うヒューマンドラマでありながらも、宗教っぽい終焉と若干白人ご都合主義が見えてきてしまうのが残念でした。

 
2012」  7点 ★★★☆

2012_1_1b

| | トラックバック (1)

2009年11月26日 (木)

んまい!日本初のハンバーガーを目の前で作ってくれるのは82歳の現役ほそやさん!(仙台 サンドイッチ ほそや)

Dscf3465 お馴染み仙台事務所のK教授は、みずからエンゲル係数の高い家族と言うほどグルメ通です。でもこのお店は別にグルメ通でなくても仙台では有名なお店らしいです。なんでも1950年に日本で初めてハンバーガーを作ったお店で、今まで作った数は100万個を超えたそうで、まさに職人を越えて人間国宝か。

Dscf3448

Dscf3449 でも「2002年に100マン個達成」ってことは82歳を大きく越えてるんじゃ?そんな気にさせないのは現役バリバリのほそのさんの若々しさ。王監督とのショットも時代を感じるくらいのお歳なのに、明るい笑顔と手元の確かさがまったく気にさせないのが凄いです。奥様?となかよく店を切り盛りしてました。

Dscf3452 注文は「ほそやのジャンボバーガー」(600円)。ハンバーガーの他、サンドウィッチも扱っています。でも自慢の一品はハンバーガーです。注文するとハンバーグを焼いてくれます。そして出てきたのがコレです!手作り感たっぷりの肉厚のハンバーグがぎっちり挟まれてます。

Dscf34552

Dscf34642 K教授から「ハンバーガーの裏を見て!」と言われて見たら「!」なんとこんなこだわりが。パンもとっても美味しいのでこんな自信の表れがあるんですね。それからK教授お薦めのフライドポテトも揚げたてで味付けもGOOD!お店の雰囲気も◎でこういうお店にはファストフード店には負けて欲しくないですね♪

Dscf3456

サンドイッチ ほそや
住所:宮城県仙台市青葉区国分町2-10-7 大内ビル1階
電話:022-223-9228
営業時間:[月~土]11:30 - 22:00
     [日・祝]11:30 - 20:00

| | トラックバック (1)

2009年11月25日 (水)

伊達政宗公の御霊眠る瑞鳳殿(仙台街歩き)後編

Dscf3349敢えて言っておこう。私は仕事で仙台に来ている。間違いない(たぶん)。この瑞鳳殿は政宗公の御霊が祀られているので、この辺りの地名を霊屋下と書いて(おたまやした)と読みます。K教授は(れいやした)と読んで奥様から「物を知らない」とお叱りを受けたそうです。

Dscf3352

ちなみにK教授が「お昼休み使って瑞鳳殿に行ってきた」と奥様に報告したら、奥様から「あんたっち、暇なんじゃないの!?って鋭いご指摘を戴きました。はい奥様、その通りです。暇なんです、私たち。

Dscf3358_2

ということで写真は正宗山 瑞鳳寺に入っています。政宗公の菩提寺で、ここに行ったのは11月上旬なんで(書くのが遅い・・)、紅葉がキレイな頃でした。近くに幼稚園があるので、子供の声や先生の園児への放送が微笑ましかったです。

Dscf3359_2

Dscf3362_2 瑞鳳寺からさらに上へと石段を登っていくと瑞鳳殿があります。この石段が長くそしてちょっと登りづらい間隔です。

立派な杉並木が石段を見守るかのように両両脇に高くそびえています。太陽の陽も遮られるほどの圧倒的な迫力です。

Dscf3378_2

登り切ったところに瑞鳳殿があります。桃山文化の華やかな建築です。

Dscf3367

Dscf3369 瑞鳳殿はその建築物の見事さから昭和6年に国宝に指定されたそうですが、太平洋戦争の空襲で焼失し、昭和54年に再建されたそうです。そして瑞鳳殿から少し足を伸ばすと、感仙殿(伊達家二代忠宗廟)と善応殿三代綱宗廟)の霊廟が並んであります。ここもやはり空襲で焼失したそうです。

Dscf3371
Dscf3373

Dscf33652 経ヶ峰は杜豊かな趣の深い場所に政宗公は眠っています。瑞鳳殿の壁面には演奏する天女たちがいます。とってもあでやかな姿です。それを観ながらK教授は「これは○○支店の誰々さん、こっちが・・」と妄想の世界に入っていました。これもまた幸せな男なんだなぁ。とにかく、K教授、連れてきてくれてありがと。

Dscf3380

| | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

伊達政宗公の御霊眠る瑞鳳殿(仙台街歩き)前編

ここであらためて言っておこうと思う。自分は決して仙台へ公費を使って遊びに行っていない。たぶん行っていないと思う。行っていないんじゃないかな?ま、ちょっとは覚悟はしておけ・・。(何に対して?)ということで仙台の勤務先から少し離れていますが、お昼休みを使って同僚のK教授と街歩きです。

Dscf3334_2

Dscf3348 今回の目的地は瑞鳳殿です。少し歩くと滔々と流れる広瀬川が見えてきました。少し紅葉も始まった感じです。瑞鳳殿とは伊達政宗公を祀る霊廟で、政宗公の遺言で経ヶ峰に1637年建立されたそうです。ビルの建ち並ぶオフィス街から、いつしか閑静な郊外へと街の風景が変わっていました。

Dscf3336

Dscf3337 まずはおなかも空いてきたので最初は腹ごしらえです。K教授お薦めのらーめんや、瑞園です。瑞鳳殿の近くのせいか、お店もなかなかの賑わいのようです。今日は待たずして席に着くことが出来ました。カウンターの上には仙台放送やミヤギテレビの方の色紙がずらり。取材も多いのでしょうか。

Dscf3338 さてと。注文は支那ラーメン650円です。細麺・縮れ麺で、トッピングは海苔と味玉子がまるまる1コ、それにチャーシューとメンマ。スープはあっさり系で澄んだ色です。美味しくいただきました。ただ残念だったのが、隣の学生客が吸う煙草の煙が流れてきて・・。さて、お腹も膨らんだんで瑞鳳殿へ出発です。(続く)

Dscf3342

千代らーめん 瑞園
所在地:仙台市青葉区霊屋下16-6 
電話:022-223-5605 
営業時間:11:30~14:30/17:30~20:30
定休日:木曜日

| | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

このスプーンを曲げるのは信じる心かも。「曲がれ!スプーン」

334095view003 超常現象バラエティー番組「あすなろサイキック」のAD桜井ヨネ長澤まさみ)は子供の頃からいまだに超常現象を信じている。最近の番組の指向に疑問を持ち始めたヨネに、ディレクターから「視聴者投稿の情報を元に日本全国行脚して取材をしてこい」との企画特命が言い渡される。334095view001

しかしへっちゃら男とか有名人願望でインチキまがいの自称超能力者ばかりに少々疲れとあきらめが。ディレクターからも『帰ってこい!』との連絡が。クリスマス・ムード流れるヨネが訪れたのが、ある男と会う約束の『カフェ・ド・念力』。ところがここであるパーティーが行われていたのだった・・。

334095view004 はたして本当にエスパーはいるのか。世の超常現象騒動をコミカルに、そしてハートフルな世界を描いた舞台型シネマ。それぞれのおとぼけぶりと勘違い、すれ違いが可笑しい。長澤まさみくん以外はあまり知られていない役者さんがメインで、それを友情出演の役者がフォローするといった感じです。

Mgs_ma10_large エスパーの能力の活かし方も小市民的でせこくもあって苦笑もの。最後のヨネのセリフ(心の言葉?)はドキッとしてそして暖かくもありました。ただ、にやりとする場面は多かったけど声を出して笑う程のインパクトがなかったのが残念。どこか寓話のようなお話。五重塔の見える風景が印象的でした。
 

曲がれ!スプーン」 6.5点 ★★★

Magare_1_1b

| | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

青と黄色と休日出勤でブルー(高崎えびす講と農業まつり)

Dscf3491 21日(土)、世間では3連休と浮かれ、お休みモードに満ちあふれてる中、朝から高崎事務所に休日出勤をしてきました。ところが会社のまわりはお祭りモードな雰囲気が。『ン?』そうです、今日は「第81回高崎えびす講市」だったのです。まだまだ朝なのでそんなにお祭り醸し出してませんが・・。

Dscf3487

Dscf3477 そこで雑音気にせずに仕事を一生懸命集中して出来るほど人間が出来ていませんし、仕事が好きなわけでもありません。ついつい外が気になって、ふらふらと誘い出されるかのように出かけてしまいました。空も青く晴れわたって、銀杏もキレイに黄色に色づいてます。(日々を奏でる「青と黄色 ~ 2009」

Dscf3476

Dscf3480 すずらんの先の『ふれあい広場』までいくと「高崎市農業まつり」をやっていて、知らず知らずに吸い込まれるように人混みの中へと突入です。地元の野菜販売をはじめ、食べ物の直売、うどんやパスタ、色々な地産地消の食材の試食、体験教室などがテントで軒を並べて、とても賑わってます。

Dscf3485 いつしか自分の足は試食テントの前の列にならんでおりました。「上州牛の焼肉」長い列が並んでいましたが、そんなの苦にもなりません。上州牛の焼肉がタダでいただけるんですから、はい。並んであと10人くらいで、前に並んでいたおばさんの前に子供を連れた娘らしき女が白々しく列に割り込み!!

Dscf3482 Dscf3483

Dscf34992 目くじらたてておこることでもないんですがねぇ。まったく悪びれない群馬の嫁に気分も悪く、せっかくの上州牛の味もそんなことでがた落ちです。さてさて次はパスタの試食(こればっか)。高崎のキング・オブ・パスタのお店、『ボン・ジョルノ』の優勝したパスタ、ポーク・カッチャジョーネです。

Dscf35032 Dscf35022

Dscf3510 さてさて少しお腹も満ちたので会社に戻ります。(仕事をしなくちゃ・・)ナバホ・ホワイト『すまいるらあめん(仮)』のミニサイズを食べて、会社に戻る道すがら。会社近くの南銀座通りでノスタルジックカー・ミーティングということで、懐かしの車が通りに沿って並べられてました。

Dscf3516

Dscf3511 日本最初の電動自転車から三輪車、クラシックな車とその情景をエアブラシでペインティングしているおじさんもいてなんか良い雰囲気でした。(まぁそれで仕事もはかどりませんでしたが・・)

Dscf3513

Dscf34982 そうそう。ナバホですまいるらあめん食べてるときに、横にとこぶしさんがいて、酸辛湯麺を注文したんだけど。(あ、これに牡蠣をいれてもオイシソー)って思って。それで『ロシェpapaくん、酸辛湯麺にも牡蠣入れて作って♪』って言ったらあっさり『だめ!!』って断られた。でも次も粘るぞぉ。

Dscf34962

| | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

名盤の旅~劣悪な環境で誕生、バンド・オン・ザ・ラン/ポール・マッカートニー&ウイングス

ビートルズ解散後、ポール・マッカートニーはソロ、ウイングスと音楽活動を続けていたものの、「ビートルズを解散させた男」としてのイメージが先行したのか、良い作品を出しても評価を受けることがなかったようだ。『アナザー・デイ』なんか大好きなのに評論家には酷評だったのが不思議だった。

それでも『マイ・ラブ』なんて美しいラブソングを出して、メロディーメーカー、ポールの才能を見せつけたあと、期待たっぷりの中でリリースされたアルバムがこれ。

ナイジェリア・ラゴスでのレコーディング前にメンバー2人がポールとぶつかって脱退、ポールとリンダ・マッカートニー、デニー・レインの3名でおんぼろスタジオでレコーディングするはめになった。それだけではない、さらにいくつものデモテープが武装した一団に盗まれたあととなっては出来上がってくるアルバムもモチベーションもなくなってしまった作品になるところだった。

しかしポールは常人ではなかった。まさに一番輝いてた時期のポールの真骨頂発揮をした。表題曲『バンド・オン・ザ・ラン』からいきなりの名曲、収録された楽曲はメロディアスであり、ポップであり、名曲が揃った。さらにポールは1人で様々な楽器を演奏し、ドラムも叩いている(なんでもザ・フーの名?ドラマー キース・ムーンも絶賛)。発表当時、まだいがみ合っていたジョン・レノンからも絶賛されたという話もある。

当時、日本盤とアメリカ盤とは収録楽曲が異なり(日本でシングルで大ヒットした『愛しのヘレン』が日本盤になぜか収録されなかった)、輸入盤が羨ましかったのを覚えている。

ライブでも、バンド・オン・ザ・ラン、ジェット、レット・ミー・ロール・イットといった名曲を好んで演奏している。今から36年も昔のアルバムだけどいまだ色あせない名盤であることは間違えない。

ドライブイン・ジャパン2002 ライブレポート

バンド・オン・ザ・ラン/ポール・マッカートニー&ウイングス

Bandontherun1 1. バンド・オン・ザ・ラン 
2. ジェット 
3. ブルーバード 
4. ミセス・ヴァンデビルト 
5. レット・ミー・ロール・イット 
6. マムニア 
7. ノー・ワーズ 
8. ピカソの遺言 
9. 西暦1985年 

1973年12月7日発表

 

 

Paul Mccartney & Wings "Jet" 1976

| | トラックバック (1)

2009年11月20日 (金)

つっこませてください。こんなイカス看板(その15)

Dscf57522 ・・肝心な部分が
折れちゃってます。

いったい○○○な
所ってなに?

Dscf9105 うまい!!その1

Dscf9200 うまい!!その2

Dscf9662魔性の味。
味わってみたいっす。

Dscf9626 ほんとだな?
ほんとなんだな?

・・・うそつけ!

| | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

晩秋の信州秘湯 高山温泉(山田温泉編)

Dscf3092 お腹も身体も満足したところで山を下りていきます。松川渓谷の入口にある山田温泉がこの信州高山温泉随一の温泉街のようです。ひなびた温泉街が情緒を醸し出します。温泉街を散策しようとしても小さいのですぐに一回りできますが、そんな温泉街も森鴎外はじめ文人達に愛されたようです。

Dscf3091 桃山風建築の佇まいである大湯は開湯200年の歴史をもつ古湯、その入口には温泉広場として足湯があり、楽しむ観光客も多くいました。夕暮れも近づいてきて、宿へのチェックインする人も多く、人の動きも賑わいが出てきた感じです。細い道に宿泊客の車が止まりそれを追い越すように車が行き違います。

Dscf3099

Dscf3093 大湯にはいると温泉の温度は熱めです。ここは内湯だけですが、熱めと温めの2つの湯船がありました。内装も総木作りで「木の香ゆかしい」という言葉がふさわしい歴史を感じるお風呂です。熱めのお風呂に入ると思わず声が洩れてしまいます。『ああ~』身体の底から気持ちがいいですね!

Dscf3094

Dscf3097 ここは木にこだわったつくりで、身体を洗うカランも木の手作り風。蛇口なんか無くて、湯道の木枠を手札くらいの板で堰き止めてます。その手札板を手前に倒すと湯が流れてきます。その傾き方の調整で湯の流れてくる量が決まるってことで面白いです。

Dscf3096

山田温泉 大湯

所在地 長野県上高井郡高山村大字奥山田3580 TEL 026-242-2314
泉質 硫黄ーナトリウム・カルシウム塩化物泉
施設 男女別内湯、足湯
入浴料 大人300円、小人150円
入浴時間 6時~21時
定休日 毎月第3水曜日

これで日帰り信州高山温泉めぐりはおしまいです。この前の五色温泉松川渓谷滝の湯とあわせて、特色ある温泉が楽しめて、ガイドブックにはあまり載っていませんが、意外に穴場な秘湯な雰囲気漂う温泉でした。

| | トラックバック (1)

2009年11月18日 (水)

晩秋の信州秘湯 高山温泉(奥山田温泉編)

Dscf3056 ぽっかぽかに火照った身体で外に出ると、すっかり晩秋の信州の山あいは、ヒンヤリと冷やしてくれます。さて次はさらに山の奥へ。山田牧場のある奥山田温泉へと向かいます。ここは標高2076mに広がる牧草地。5月中旬~10月中旬にかけて牛を放牧しているそうですが、今は淡々と放牧地が広がるのみです。

Dscf3087 閑静な人もまばらな牧場で、お腹も空いてきたのでちょっとオシャレなロッジタイプの『Red Wood Inn』で昼食をとることに。入口の登りに書かれた「レッド・ウッド特製のから~いカレー」って謳い文句にも惹かれました。店内は席もほぼ満席で、ここに人が居るんだとちょっと驚きでした。

Dscf3058

Dscf3061 カレーはそんなに辛くはないですが、色々なスパイスで作られて深い味わいで美味しかったです。こんな人里離れたところでのカレーでちょっと期待もしていなかった分、とっても美味しく感じました。

Dscf3068
Dscf3072

Dscf3073 ここは樹齢1650年、直径3.2mの巨大丸太をくり抜いた露天風呂で有名らしいです。泉質は単純硫黄泉で、白濁ですが透明感もあります。『信州のチロル』と呼ばれるそのムード溢れる山岳風景を楽しみながら温泉に浸かります。ちょうど誰もいないので、丸太に身を任せてのんびりゆっくりしました。(まだ続く)

Dscf3078

奥山田温泉レッドウッドイン

所在地 長野県上高井郡高山村山田牧場 TEL 026-242-2418
泉 質 単純硫黄泉
設備等 男女別内湯、男女別露天風呂
入浴料 大人500円、小学生300円
日帰り入浴受付時間 10時~16時

| | トラックバック (1)

2009年11月17日 (火)

晩秋の信州秘湯 高山温泉(七味温泉編)

ちょっと前になってしまいましたが、11月8日にまたまた信州秘湯の日帰りドライブに行ってきました。場所もまたまた松川渓谷のある信州高山温泉郷。ここには八つの温泉があるのですが、それぞれ泉質が異なって面白いです。前回は松川温泉滝の湯(無色透明硫酸塩泉)と五色温泉(白濁硫黄泉)でした。

Dscf3019

今回はその五色温泉の先にある七味温泉です。五色温泉から松川渓谷に沿ってさらに上流へと車で登っていきます。まもなく志賀高原に抜ける本道から別れて林道へと車を進めると、横に流れる松川渓流も近くなってきます。やがて森の小径に渓谷にかかる橋が見えてきます。そこが七味温泉。

Dscf3052

閑静な湯治場風の温泉です。こじんまりとした温泉地ですが、いくつかの宿があり、意外に立派な旅館もあって少し驚きました。七味温泉の名前の由来は七味唐辛子ではありません、念のため(あ?そんな勘違い自分だけ?)。七つの源泉があってソレを混ぜ合わせて使っていることから七味温泉と言うそうです。

Dscf3053 橋を渡ると紅葉館の管理する野天風呂が目に付きました。掘っ立て小屋です。そこから入ってみることにしました。入口の向かい側の民家が受付らしく、入口で立ち止まると後ろから声がかかります。一人500円を払って入ると、お風呂は男女とも露天風呂のみですが、それぞれの湯船は真ん中で2つに仕切られてます。

Dscf3029

Dscf3034 手前がモスグリーンがかった深緑、山に近い方が白っぽいライトグリーンです。湯の温度も全く違ってライトグリーンの湯はとっても熱い湯でした。足を入れましたが、我慢できずにすぐに出てしまいました。ひなびた温泉なので、人もほとんど居ません。あとは中野から来た3人家族のみでした。

Dscf3033

Dscf3037 次は本館の紅葉館へ。ここは女性は洞窟風呂があるそうで、豊かな温泉量と独特のミルキーグリーンが人気のようです。こちらも入浴料は500円。硫黄臭がほのかにありますが、とっても柔らかい温泉です。ただちょっと熱めなので入っては少し涼んではまた入るって感じです。

Dscf3040

露天風呂から紅葉に彩られた渓流沿いの小径が見えます。のんびりした風景が広がって開放的な気分になっちゃいます。ああ~いい温泉。

Dscf3047

こちらは内湯です。ちょっとこぢんまりした感じですね。やっぱり熱めです。次はさらに上へと進みます。奥山田温泉です(続く)

Dscf3050 

七味温泉 紅葉館

■所在地 長野県上高井郡高山村七味温泉 TEL 026-242-2710
■泉質 含食塩石膏硫化水素泉
■施設 男女別内湯、男女別露天風呂、洞窟風呂、別棟の男女別野天風呂
■入浴料 大人500円、小人300円
■日帰り入浴受付時間 10時~16時
※ 洞窟風呂は男女交代制で、日帰り入浴受付時間内は女性専用

| | トラックバック (1)

2009年11月16日 (月)

速く走ることから強く走ることへ変わるとき「風が強く吹いている」

334147view010 ある日、大学の先輩ハイジ小出恵介)に声かけられ、格安のオンボロアパート「竹青荘」(通称アオタケ)に入居することになったカケル林遣都)。個性豊かなアパート住人たちは全て大学の先輩・同級生。そしてカケルの歓迎会の場でハイジが10人の住人全員の前で宣言をする。「箱根に行こう!

334147view015 「竹青荘」は実は陸上競技部だったのだ。カケルの走る才能を知って勧誘したハイジは全員の世話をしながら10人集まるのを何年も待ち続けたのだ。それでも1年もない期間で予選突破しなければ箱根駅伝なんて夢の夢。しかしそれぞれの個性派揃いの住人も意外な才能を見せていく。そして一歩ずつ・・。

334147view005_2 かつてはエリートランナーだったが致命的な故障をしたハイジと孤高の天才ランナーカケルを中心に、素人ながらも異才を見せる8人の仲間が箱根駅伝の出場を目指すスポーツサクセスストーリー。リーダーであるハイジのひたむきな箱根駅伝への情熱が、全員の気持ちを熱く動かしていく。

334147view008 ハイジ役の小出くんの演技が光る。包み込むような暖かさと仲間への信頼と情熱が自然と伝わってくる。オチコボレそうになる仲間に「君の代わりはいない、君が変わるんだ」と語る言葉が印象的だった。そしてカケル役の林くんの走る姿の美しさ。ホントに速いと思わせるそのフォーム。

334147view001 過労で倒れたハイジがベッドからカケルに問いかける。
長距離選手に対する一番のほめ言葉は何か分かるか
・・速い
俺は『強い』だと思う

 

ユキ森廉)が復路の坂道を疾走、後方ながらもその集団からグングンと飛ばして抜け出たその時呟く。(これがカケルが体感している世界だ。カケル、おまえはずいぶん、さびしい場所にいるんだね。)

普段は殆ど箱根駅伝をTVで見ていない自分だけど、きっと来年の正月、箱根駅伝をテレビで観ればこの映画で心揺さぶられたことを想い出すだろう。
佳作!観る時はハンカチを忘れずに。

風が強く吹いている」 8点 ★★★★

Kazegatuyoku

| | トラックバック (1)

2009年11月15日 (日)

東京 街ある記 ちょっとお散歩5(愛宕神社・日比谷公園編)

Dscf9850 東京タワーを後にして、愛宕下通りを新橋方面に足を進めます。愛宕山の愛宕トンネルが見えてきました。愛宕山は海抜26mしかないんだけど都内23区の随一の高さらしいです。だからかこの山の上にはNHKが初めてラジオ放送した場所でもあるそうです。若干ですが高いからなんでしょうね・・。

Dscf9852 そこから『愛宕神社』がすぐそばでした。道路沿いにこんな看板が・・。「愛宕神社 出世の石段」(イカス看板でネタに使いたかった・・)。今更 出世もないだろうし、と自嘲しながらもここから愛宕神社に参拝します。出世の階段はとても長く険しい石段です。だから出世なんでしょうね。

Dscf9851

Dscf9853 登り切ると息も切れて・・。今までの散歩もきいているみたいです。井伊直弼を討った水戸浪士集結の場所でもあり、勝海舟、西郷隆盛は会談前にこの地から江戸を見渡し、「この江戸の町を戦火で焼失させてしまうのはしのびない」と話をして、歴史的な江戸城の無血開城の調印をしたそうです。

Dscf9854

Dscf9856 参拝を終えてから庭の池を見ると鯉がいるわいるわ。参拝客慣れていて、人の居る方に集団で餌を求めて寄ってきます。

Dscf9855

Dscf9862 その後、隣にある『NHK放送博物館』へと。少し腰を下ろしてトイレ休憩にはぴったしの場所でした。何気にレトロなラジオやテレビもあったりして。それに時代時代のジオラマもあって面白いです。上のフロアには紅白歌合戦の過去の記録や、今までの大河ドラマの展示もあったりして歴史好きの二人にはツボなエリアでした。

Dscf9859 Dscf9860

さて一休みして再び歩き始めます。休憩したせいか、そろそろ足も疲れが出てきました。愛宕から西新橋、虎ノ門方面に向かうと官庁街、経済産業省庁舎、遠くには国会議事堂も見えます。

Dscf9865 Dscf9867

Dscf9869 いよいよ夕暮れも近づき、二人の足も疲労の色が濃くなってきたので、ここらで散歩もおしまいです。日比谷公園が見えてきました。園内を通り抜けてこの散歩もおしまいです。心地よい疲労感です。

Dscf9872
Dscf98762_2 

今回は、上野~合羽橋~浅草(浅草寺・吾妻橋)~(水上バス)~浜離宮~東京タワー~愛宕神社~日比谷公園といったコースでした。東京って広いようで歩いてみると意外に近くて見どころが集まっているなって印象です。Sさん、とっても楽しかったですね♪また行きましょ。Sさんの万歩計によるとだいたい18,000歩のお散歩でした。(おしまい)

Dscf9877

| | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

東京 街ある記 ちょっとお散歩4(浜離宮・東京タワー編)

Dscf9801

Dscf9800 右手に築地市場が見えてくるともう浜離宮、35分の水上バスの旅でした。浜離宮の発着場で船を下ります。そこは浜離宮の入口と直結してそのまま入園です。Sさんも私も初めての浜離宮なので右に行くのか左に行くのか・・要領を得ません。近くにあった園内図を見て花壇よりも池のある方へと向かうことに。

Dscf9806

秋の午後の陽射しが緑豊かな公園に注いできます。土曜日で都内の中心なんだけども人はあまり見かけません。子供受けするような施設もなく静かな公園なんだからでしょうね。

Dscf9810

東京湾から海水が入ってくるので汐の満ち引きで景色が変化するのが面白いです。かつては江戸幕府将軍家の鷹狩り場だったそうですが、6代将軍家宣が別邸として改修、庭園も整備されたそうです。

Dscf9811

Dscf9818 何気に都内の方が緑が多いって聞いたことがありますが、ここはとっても緑が多くて静かな空間でのんびりできそう。ここで私のデジカメがメモリーオーバーしちゃって、古い画像をやむなく消去・・そんな作業をしているあいだ、同行のSさんは日陰で横になってうとうと・・。そして芝生にはこんな人も。

Dscf9821

さてと。中の御門口から公園を出て、浜松町方面に向かいます。

Dscf9827

Dscf9830 浜松町から東京タワーへと向かいます。少し足も疲労感が出てきましたが、まだまだ行けそうです。東京タワー・・お上りさんの象徴です。ちょっぴりワクワクです。徳川家の菩提寺でもある増上寺が見えてきます。境内に入ってタワーを見上げます。やっぱでかいや。

Dscf9834

Dscf9839 

Dscf9845 でも同行のSさん、Pマークの責任者ですのでこの東京タワーの近くにあるPマークの関連機関に良く足を運ぶこともあって、現実に戻されたようです。ちょっぴり足取りも重そうです。「いや、大丈夫ですよ・・」そんな言葉も重くなっていました。

Dscf9841

Dscf98442 東京タワーに着いて、さあ登ろうっとしたら、はとバスがたくさん並んでること。そこからの観光客が降りるわ降りるわ、もうタワーの下は人だかりでもの凄いことになっていました。「現在、タワーへの入場制限をしております・・」とのアナウンスが流れて、タワー登上も断念、またの機会ってことで。(続く)

Dscf9847

| | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

東京 街ある記 ちょっとお散歩3(隅田川クルーズ編)

Dscf97522

Dscf9762 真っ赤は吾妻橋の先にはアサヒビールタワービルとその横に、特徴ある形で有名なアサヒスーパードライホールが見えます。あの独特のオブジェは、一見う○このように見えますが(ゴメン)、本来は燃えさかる炎をイメージしたそうです。(そりゃ最初からう○こをイメージして作る訳ないよね)

Dscf9759アサヒの燃える心」をイメージした「炎のオブジェ」だったそうですが、日照権の問題で縦に設置できずに横置きとなったために、炎がう○こになってしまったそうで。なんという悲しいお話でしょう。アサヒさぞやも無念だったと思います。(はい、勝手な思いこみでしょう・・きっと)

Dscf97492

Dscf9758 そのアサヒビルの横の後方に見えるのが建設中の新東京タワー東京スカイツリー』です。第二の東京タワーとして建設中の電波塔は、高さを634mで2011~2012年に竣工の見通しだそう。当初の計画では世界一の高さになるはずが、その前に立ちはだかったのが、アラブのブルジュ・ドバイ

Dscf97502 で非公開にして建設していたブルジュ・ドバイの高さがなんと818mで完成してしまったので、現在建設中の東京スカイツリーは完成しても世界2番目です。一度は世界一の高さを目指して600mを610mに上方修正したりしたそうですが・・。さすがに818mは抜けるものではありませんでしたね。

Dscf9761 そんなアサヒスーパードライのモニュメントや新東京タワー建設を横目で見ながら隅田川沿いの水上バスの案内が目に入ります。絶好の秋日和。隅田川に気持ちの良い風が吹いています。Sさんと相談して予定を変更してアテもなく水上バスに乗ることにしました。この気ままさも町歩きの醍醐味。

Dscf9763 乗船場の人に訊くと浜離宮行きの船がまもなく出航するとのこと。ということで行き先は浜離宮に変更です(というか行き先もはっきり決まっていなかったんで変更というのもどうかな~)。乗船券を買って船着き場へと向かいます。隅田川に吹く秋風が心地よく船を待つ時間も気になりません。

Dscf9769 乗り込むと風を切るように船は隅田川を東京湾に向かって進みます。女性のガイドがバスガイドのように船内放送で観光案内をしてくれます。でも。ところどころ、ちゃっかりと東京都観光汽船からの船内販売促進も・・。グッズとか飲み物とか。抜け目ありません。そんな感じで浜離宮に向かいます。(続く)

Dscf9777 Dscf9781

Dscf9789_2 Dscf9792

Dscf9797

| | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

東京 街ある記 ちょっとお散歩2(浅草編)

Dscf9677浅草寺。参道は土曜日と言うこともあって大変な人の賑わいです。雷門から250m続く商店街には90店が連なっていますが、落ち着いて見ることも大変な状況です。観光客には日本人以外の方もとっても多くて飛び交う言葉も様々、国際色豊かでした。しっかりとお参りをして寺の周辺を散策します。

Dscf9679

Dscf9681_2 Dscf9687

Dscf9698

Dscf9709

Dscf9710 今日のお昼は天ぷらの有名店、『大黒家』。創業明治20年だそうで、ごま油だけを使って、濃い汁で揚げた天ぷらでの有名店です。開店は11時10分からだそうで、開店にあわせて入店しようと、散策しながら店の前を通ったのが、10時すぎ。店の前にすでにおばあさんが並んでいました。

Dscf9713 そのあと少しぶらりと歩いて10時半過ぎに戻ると、すでに10人以上が並んで開店を待っています。びっくりしたSさんと私は長いものに巻かれろ的に並んで待つと、開店を待つ列は店をぐるりとまわるように伸びていきます。そして11時10分時間通りに開店すると行列客が吸い込まれるように店内へ。

注文は天丼1500円。海老1本にきす1本、かき揚げ一つがのっています。濃厚なたれがタップリと染み込んでごま油風味たっぷりの濃い味です。今まで食べたことのない味でした。ご飯にもたれが染み込んでいます。

Dscf9718

Dscf9724

大黒家
住  所: 東京都台東区浅草1-38-10
電話番号: 03-3844-1111 03-3844-2222
営業時間: 11:10~20:30 
(年中無休、土・祝は21:00まで)

Dscf9730 お腹もふくれて再びお散歩出発です。浅草寺から浅草花やしが見えてきました。上野にありながらなぜか関西テイストを感じてしまう浅草花やしき。落下型絶叫マシンを楽しむ声が響いてきます。有名なジェットコースターが見たかったんですが見えず。花やしきの横を通って言問通りへと向かいます。

Dscf9732 Sさんがいきたいと言っていた大学いもの有名店、千葉屋さんです。ここは大学いも、切り揚げ(大学いもの)、ふかしいもの3種だけの老舗専門店、こだわりを感じるお店です。Sさん、大学いもと切り揚げを購入、美味しそうなので自分も同じものを購入しました。とっても美味しかったです!また買おう!

大学いも 千葉屋
住所 東京都台東区浅草3-9-10
電話 03-3872-2302
営業時間 平日 10:00~18:30/日曜 10:00~17:30
定休日 火曜

Dscf9739 あったかい大学いものお土産を手に再び浅草を散策です。日本で最初に映画常設館が誕生した浅草六区には多くの映画館が建ち並びます。浅草シネマ、浅草新劇場、名画座、中映劇場なんかがあります。上映している映画がまた渋い・・。場外馬券場(WINS)もあって予想屋とかに人は集まっています。

Dscf9738 Dscf9735

Dscf9737

Dscf9742 雷門通りに出て隅田川方面を歩きます。途中にレコード店『音のヨーロー堂』があります。なんでも演歌歌手では欠かせない聖地とか。島倉千代子が新曲を出すとまず最初にここに来て挨拶するそうです。ユニークな商品揃えだそうで、浅草コーナー、チンドンコーナー、放送禁止コーナーもあるそうです。

Dscf9746 その先、吾妻橋のたもとにあるのが『神谷バー』日本初のバーだそうで、明治13年に考案されたカクテル、デンキブラン(速成ブランデー)が有名とのこと。2階より上は洋食レストランになっているようです。仙台のK教授のお気に入りのこの店、色々な意味で私とSさんにはチェックポイントです。

ここから吾妻橋がすぐです、その先に有名なアサヒビールのモニュメントも・・。(続く)

Dscf9744

| | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

東京 街ある記 ちょっとお散歩1(合羽橋編)

Dscf9627 会社のリスク管理な登山家Sさん(身体を無理して公私ともに険しい山を登るのが好きなお方・・)とは、お互い運動をして発散しなくちゃね、ってことで東京町歩きを以前から計画しておりました。東京事務所のクールビューティーMさん、裏ボスと呼ばれるMさんもお誘いしたけどあっさり断られ・・。

Dscf9631まぁ、がんばってきてくださいね』お二人からはそんな冷たい言葉で見送られて行ってきました、町歩き。まずは会社のある湯島から上野を通って浅草方面へと足を進めました。山手線の高架線をくぐって浅草通りを歩きます。しばらくするとビル街の間に大きな赤い鳥居が。下谷神社です。

Dscf9634 昭和八年に建てられた一の鳥居にかかる「下谷神社」の額は薩摩藩士で名将 東郷元帥の筆になるものだそうです(あとで知りました)。この神社は寛政10年(1798年)に江戸で初めて寄席が行われた場所でもあるようです。(これも後で調べて知ったことなんで・・)サスガ東京、いきなり懐が深いです。

そこから間もなくっぱ橋道具街に入っていきます。ここは厨房・調理関連の品がなんでも揃う問屋街。全長800mの周辺に170以上の問屋と専門店があるそうです。道具街の入口にあるニイミ洋食器店ビルの上にそそり立つシェフのモニュメントがこの街の異彩を象徴しています。

Dscf9641 Dscf9643

ショーウインドウ越しに見て回ると面白いですね。レストランとかに置いてある食品サンプルはホントに良くできています。日本人の得意とする器用さが滲み出ています。外国じゃこんな手の込んだのあまり見かけません。そんな食品サンプルの専門店がいくつも軒を並べています。

Dscf9644 Dscf9645

入口には『鍋の博物館』と書かれています。そして商売繁盛を祈願する道具街のシンボル、金ぴか河童くん。「かっぱ河太郎」っていうそうです。1.5mのブロンズ像に金はくが貼られていて、今から6年ほど前に地元の商店街が作られたようです。ただこの像の場所がチョットみには分かり難い・・。

Dscf9649 Dscf9653

河太郎くんとも会えたと言うことで、浅草に向かいます。六区通りに入ると『フーテンの寅さん』が笑顔で迎えてくれました。やっぱこうじゃなくっちゃね。浅草演芸ホールもあったりと浅草の雰囲気たっぷりです。(続く)

Dscf9666 Dscf9668

Dscf9667_2 Dscf9669_2

| | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

わがまま言って作ってもらったすまいるラーメン@ナバホホワイト

いやぁ、先日はナバホホワイトのマスター、ロシェPapaのお仲間の集まりにお誘いいただきまして感謝です。グンブロの人たちの楽しい会話に耳を傾けつつも皆さんとお話しできました。グンブロガーのなごみさんと ゆきん子さんのお誕生日会ってことでとっても華やいだ集まり、自分もちょっと仕事を抜けて顔を出したくらいしか参加出来なかったですが、楽しかったです。その節はどーもm(_ _)m・・ということで。

Dscf5577

 
ナバホの11月のらあめんが『牡蠣と旬菜の豆乳Soup“カプチーノ”仕立て』なんですが。私は牛乳・ミルク・豆乳とかイケナイたちでして・・・。でもぉ牡蠣が喰いてぇ・・・、そこでマスターのロシェPapaに『11月のらあめんで、豆乳抜いて醤油仕立てで作って!』と頼んだら苦笑いしながら『八宝菜らあめんがあんかけなんで、それに牡蠣をいれるでどうだい?

Dscf3105

 
これが美味いですよ、はい。野菜タップリにぷりぷりの牡蠣が沢山入っていました。あんかけなんでいつまでも熱々でこれからの季節にはぴったしだなぁ。特注のらあめんだけど、これまた食べたいです。次は『すまいるらあめん』で注文すっからね。

Dscf3106

ナバホ ホワイト

群馬県高崎市鞘町24 TEL&FAX : 027-322-6029
営業時間 11:00~翌3:00
 (ランチタイム 11:00~15:00)
 (BARタイム 21:00~翌3:00)
定休日 水曜日はランチまで営業 ※第2水曜日は全休
 

| | トラックバック (1)

2009年11月 9日 (月)

俺たち(の妄想)に明日はない。「大洗にも星はふるなり」

333723view004 茨城、大洗海岸にある海の家のオーナー、バイト達がクリスマス・イブにある手紙を受け取って集まってくる。その手紙の主は、アルバイト仲間だったマドンナ的存在のえりこ。彼女から「会いたい」というメッセージを受け取ったナルシストなストーカー男はじめ、サメオタク、それにオーナーも・・・

333723view006 集められた5人?の男達、えりこの真意は何か。我こそはえりこの本命だと、楽しかったえりことのひと夏の想い出を語る男達・・。しかしそこに敏腕弁護士が登場する。冬になっても撤去しないこの海の家を撤去させるべく偶然やってきたその弁護士がいきなり彼らの『想い出』をばっさりと切り捨て出す。

333723view005 真冬の大洗海岸に残った海の家で、本人不在のままにマドンナ争奪戦が繰り広げられる。『いかに自分がえりこと親密=本命であったか』そのエピソードを自慢気に語るそばから、弁護士が冷静な分析と鋭いつっこみをいれる。脆くも崩れ落ちていく男達の現実と妄想のギャップが笑いを誘うのだ。

Sub4_large 小劇場の密室劇的な雰囲気からキサラギと比較されそうだけど・・これはこれでアリだと思う。オープニングから引きこまれ出だしのつかみはOK。弁護士のつっこみとそれに対する男達の動揺が面白い。男ってつくづく妄想の生き物なンだなって悲しくも可笑しい。テーマ主題歌も耳に残る心地よさが良かった。
序盤から中盤までは面白い!ただ後半から終わりにかけてパワーダウンしたのが残念だっだです。あのペースで最後まで来れば8点だなぁ。

大洗にも星はふるなり」★★★☆ 7点

Ooarai_2_1b

| | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

東京湯島の絶品「親子丼」 鳥つね本店

Dscf9560 秋雨のなか、システムの打ち合わせで東北のK教授が東京事務所にやってきました。そこで危機管理の大御所Sさんと3人で打ち合わせ、その後K教授が来る途中に見つけて気になったという親子丼のお店、鳥つねにくことにしました。私は2回目、Sさんは何回も味わっているお店です。混み合う前に入店。

お昼のお品書きは一品だけ。上親子丼1500円のみのメニュー。いや正直言ってこのご時世では懐に直撃の高価格、でも女性が一人で来てカウンターで食事されていたりと、根強い人気があるようです。

Dscf9567

とろとろ半熟の玉子がホクホクのご飯の上にしっとりとかかっています。この玉子の味がまた美味しいし、そのたれがご飯に浸みて、これもまた美味。そして鶏肉も柔らかいです。値段が1500円なんでそう度々食べには来られませんが、また恋しくなる味でもあるんです。(もうちょっと安くならないかなぁ・・)

Dscf9571_2 

鳥つね 湯島天神前本店
住所 東京都文京区湯島3-29-3
電話 03-3831-2380
定休日 日曜日・祝日
営業時間
 [平 日]11:30 - 13:30/17:00 - 21:45(LO 20:45)
 [土曜日]11:30 - 13:30/17:00 - 21:45(LO  20:45)

| | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

実現しなかった夢が今この映像で輝きを放つ。「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

334766view005 King Of POP 巨星堕つ。
2009年6月。訃報が世界を駆けめぐった。ロンドン公演を1ヶ月後に控えたある朝に彼は逝った。死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー映画。わずか2週間のみの公開だそう。

334766view006 ステージの他にも色々と世間を賑わしていたマイケル・ジャクソンだったが、この映画を観て、改めて彼のエンターテナーとしての一流だったことを確認した。ステージと唄とダンスにかけるその熱意とこだわり、それを裏付ける高い才能、それが凝縮されてスクリーンから溢れてくるかのよう。

334766view003 スクリーンから映し出されるステージ風景、映像はあたかもコンサートホールにいるようなリアリティーがあった。目の前でマイケルが踊り唄う。時に激しく、時に優しく。TVでは観ることが出来ない彼のステージへの想いが伝わり、スタッフとのやりとりに感動を覚えた。

334766view008 スリラーでMTV時代に新しい幕を拓き、確固たる地位にいながらも、ゴシップ報道に悩まされ彼の本質と違う部分で批判を浴び続けていた、そんな「彼が彼であるための場所」を映し出したこの映像は妥協を許さない「本物」であった彼を証明するかのように輝いていた。コンサートは実現しなかったが、この映画で夢を多くの人に伝えられたと思う。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 ★★★★ 8点

Thisisit

| | トラックバック (1)

2009年11月 4日 (水)

地元に愛されてます。お店も麺も女将さんも。いろは食堂 本店(宮城 岩出山)

Dscf9104 いろは食堂。宮城県大崎の岩出山では観光名所とまでなってしまったラーメン店だそうです。先日鳴子方面に同僚と同行訪問した際に、お薦めのお店ってことで連れてってもらいました。地元の方々にも人気があり、地元客で賑わっていますが、他所からの客は、店の在処すらも分かりません。

Dscf9090 だってお店自体が旧家造りで、どこにも案内も店の名前も暖簾もないんですから。駐車場に車を停めるといざ入店・・・。って建物の横を通ってぐるりと廻ります。途中、建物の入口らしきものを通過・??って思っていると、案内してくれてる同僚いわく『ここからお店にはいると怒られるんですよ

Dscf9091 いつもは十人以上並んでいる店の前も、今日はとっても空いてるってことで、店の前の長椅子に一人腰掛けている状態で、すぐに入店できました。混んでるときはこの長椅子に座りきれず、ずっと長い列が出来るんだとか。大変な繁盛店のようです。でもたしかにどこにも店の名前ものれんも何もない・・。

Dscf9093 店の中は、田舎の旧家の趣で、とってもレトロな雰囲気。神棚や、なぜかたくさんのカレンダー、それに農機具とかが店の壁を飾ります。ここの女将さんが名物女将だそうで、店に入ったからって勝手に座っては叱られます。『はい、何人?』『じゃあ、あんたたちはココ』。効率的に客が配置されてきます。

Dscf9095 でもカップルとかには気を遣って座らせます。そんな気さくな感じです。で。ここで客は注文しては怒られます。『こっちが注文は?って訊いてから答えるように』とお諫めが。女将さんの注文訊きを席で待ちます。
 そして順番が回ってきて「特製らあめん!」これがお薦めらしいです。注文してしばらくして、テーブルに突き出しの漬け物が。茄子の漬け物とその上に、青唐辛子の焼いた物が・・。「焼きとうがらし」っていってこの辺りも名物でもあるみたい、コレが美味いです。

いよいよラーメン登場。スープは鶏スープ、細長い麺の上に乗っているのは、肉厚ジューシーな豚の排骨(唐揚げ)がどかんと乗っています。さっぱり系かと思いきや意外にジューシーで満足度が高いですね。美味しかったです!

Dscf9097

店の中で食事しながら、女将さんの客とのやりとりを楽しくみていました。地元客が殆どなんで、店のルール?を熟知しているようですが、時々初めてのお客が、勝手に座ったり、勝手に注文したりして、叱られてるのを微笑ましくみてしまいます。

Dscf9099

いろは食堂 本店
住所:宮城県大崎市岩出山字二ノ構30-1
TEL:0229-72-1131
営業時間:11:00~14:00  定休日:不定

■ メニュー(3種)
らあめん/600円 特製らあめん/900円 かつ丼(5食限定)/900円

| | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

世界で最も危険な動物達による愚かな悲劇「沈まぬ太陽」

333831view003 国民航空の労働組合委員長・恩地渡辺謙)はその熱意ある行動力で経営陣と渡り合い、その結果、左遷とも言える海外勤務となった。2年という約束も自己の信念を曲げない性格が経営陣に疎まれ10年孤近い間、パキスタン、イラン、ケニアと過酷な海外生活の境遇に。そして帰国復帰したその矢先・・。

333831view006 御巣鷹山へのジャンボ機墜落事故発生。未曾有の事故への対応に奔走する彼の目には数多くの悲劇が・・。遺族達への真摯な対応をしようとする恩地は、経営陣への憤りを感じていた。そんな中、会社組織の建て直しを図るべく首相要請で就任した国見新会長石坂浩二)に頼まれ、ともに闘うことに。

333831view002 映画後半のブロンクス動物園の話が印象的だった。それは動物園の中にある鏡。そこに写るのは鉄格子に閉じ込められた自分自身の姿。そして檻にはこう書かれている。「世界で最も危険な動物」と。自分自身の姿がそこに映っているのを見つめる恩地の表情がとても切なく厳しくそして寂しげだった。

333831view005 常に自分の生き方、自分の正義を押し通す恩地。上に登り詰めようとするかつての労組同志、行天三浦友和)。二人の生き様を対比させながら話は進む。大きな組織故に、会社を食い物にした人たちの腐敗ぶりに憤りはどこにぶつけたらいいのか、なんとも行く宛のないやるせなさが観た後、残った。

Smt_sb4_large 山崎豊子が長年調べ書き上げた長編小説の映画化は、3時間を超える超大作となったが、原作を読んでいないのでどこまで描ききったのかは分からない。凝縮しポイントを相当絞ったと思われるが、よくまとめたと思う。リアリティあった事故機内と遺族面会の再現が心に残る。エンディングの曲も秀逸だった。

沈まぬ太陽」 ★★★★ 7.5点

Shizumanu

| | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

「いいことあるさ」オフコースの歌声響く、鈴木康博ミニライブ@イオン上里

Dscf9880 11月1日(日)、家のすぐそばにあるイオン上里で、鈴木康博さんのミニライブ(無料)があるってことで、行ってきました。14時~と16時~の2回行われますが、1回目の方を観ようと、50分ほど前に会場に着きましたが、既に用意されたパイプ椅子に空きはありません。さすが元オフコースです。

Dscf9881 20分前になるとヤスさんもステージ横でスタンバイ。昔から比べるとちょっと歳をとった印象だけど、あまり変わっていない気も。昨年還暦を過ぎたとか。14時からのステージだけど、音響システムでノイズが入るってことで開演10分前に本人自らマイクテストのリハーサルを照れくさそうにしました。

Dscf9884 今回のミニライブはアコースティックな弾き語りです。リハーサルでやった曲は
でももう花はいらない」と「失恋のすすめ(だったかな?)」のオフコースナンバー。その後、ミニライブ本番でも、演奏5曲のうちオフコースのナンバーを3曲(「ランナウェイ」「汐風のなかで」「一億の夜を越えて」)歌ってくれました。懐かしいなぁ。それにやっぱギターは巧い!オフコース当時からそう思っていたけど、実感。

いいことあるさ」って鈴木さんの最近のアルバムタイトルは、前にこんなインハウスステージで歌ったときに老人ばかりで、その一人のおばあちゃんに背中をぽんと叩かれて「そのうちいいことあるさ」って言われたそうです。その言葉が気に入ったとか。そんな話も織り交ぜながら、楽しいステージでした。

Dscf9885_2

オフコース、初期の名曲「でももう花はいらない」です。
ここにも幸ちゃんが・・・。

| | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

つっこませてください。こんなイカス看板(その14)

Dscf5995ノーブラ洗車??
ノーブラのお姉さんが、
車を洗ってくれるの?

・・・
ああ、ノーブラシ洗車場
驚いた・・・
(チョット期待したりして)
(*^_^*)


Dscf9624なんか曖昧ッスね。
けっこうって。

どのくらい
 安いんですか

いやだから。
 けっこう安い


安そうだけど、激安って
訳じゃなさそうですし。

Dscf9083アコーディオン門塀に
トタン看板付けちゃ
まず いっすよ~。

ほら~、
看板もアコーディオンに
なっちゃったよ。。。

看板を付けるとき、
考えなったんかな?

Dscf9705あら、ドキッとする店名。
でも。物忘れひどくなった
人の会話では便利かも。
ほらあそこの居酒屋。」
あそこってあそこ。」
そう、あそこ
これじゃ忘れないね。
ただ、こんなことも・・。
あそこの店、
 なんて名前だっけ

| | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »