« 晩秋の信州秘湯 高山温泉(奥山田温泉編) | トップページ | つっこませてください。こんなイカス看板(その15) »

2009年11月19日 (木)

晩秋の信州秘湯 高山温泉(山田温泉編)

Dscf3092 お腹も身体も満足したところで山を下りていきます。松川渓谷の入口にある山田温泉がこの信州高山温泉随一の温泉街のようです。ひなびた温泉街が情緒を醸し出します。温泉街を散策しようとしても小さいのですぐに一回りできますが、そんな温泉街も森鴎外はじめ文人達に愛されたようです。

Dscf3091 桃山風建築の佇まいである大湯は開湯200年の歴史をもつ古湯、その入口には温泉広場として足湯があり、楽しむ観光客も多くいました。夕暮れも近づいてきて、宿へのチェックインする人も多く、人の動きも賑わいが出てきた感じです。細い道に宿泊客の車が止まりそれを追い越すように車が行き違います。

Dscf3099

Dscf3093 大湯にはいると温泉の温度は熱めです。ここは内湯だけですが、熱めと温めの2つの湯船がありました。内装も総木作りで「木の香ゆかしい」という言葉がふさわしい歴史を感じるお風呂です。熱めのお風呂に入ると思わず声が洩れてしまいます。『ああ~』身体の底から気持ちがいいですね!

Dscf3094

Dscf3097 ここは木にこだわったつくりで、身体を洗うカランも木の手作り風。蛇口なんか無くて、湯道の木枠を手札くらいの板で堰き止めてます。その手札板を手前に倒すと湯が流れてきます。その傾き方の調整で湯の流れてくる量が決まるってことで面白いです。

Dscf3096

山田温泉 大湯

所在地 長野県上高井郡高山村大字奥山田3580 TEL 026-242-2314
泉質 硫黄ーナトリウム・カルシウム塩化物泉
施設 男女別内湯、足湯
入浴料 大人300円、小人150円
入浴時間 6時~21時
定休日 毎月第3水曜日

これで日帰り信州高山温泉めぐりはおしまいです。この前の五色温泉松川渓谷滝の湯とあわせて、特色ある温泉が楽しめて、ガイドブックにはあまり載っていませんが、意外に穴場な秘湯な雰囲気漂う温泉でした。

|

« 晩秋の信州秘湯 高山温泉(奥山田温泉編) | トップページ | つっこませてください。こんなイカス看板(その15) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の信州秘湯 高山温泉(山田温泉編):

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/20 10:21) [ケノーベル エージェント]
上高井郡高山村エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 10時22分

« 晩秋の信州秘湯 高山温泉(奥山田温泉編) | トップページ | つっこませてください。こんなイカス看板(その15) »