« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き5(夜の温泉街編) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き7(地獄谷温泉編) »

2009年12月12日 (土)

意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き6(地獄谷野猿公苑編)

Dscf7107_2 二日目。今日はこの渋温泉から車で10分くらいのところにある地獄谷へ行くことにしました。宿のご主人に行き方を訊いたら、「いやぁ、冬の間は、地獄谷への道は閉鎖しているっすよ。」「え?行けないんですか?」「いけないわけじゃないんですけど。別の道があって、そこからだと歩くんです」

Dscf7108 ご主人に訊いた上林温泉ルートでいくことにしました。上林のところで車をとめて細い山道を25分ほど歩いていきます。舗装もない、人が行き違うと一杯になりそうな、そんな山道をてくてくと歩いていきます。静かな山道も徐々に渓流の音が響いてきました。横湯川に沿って山道を奥へと進んでいきます。

Dscf7123 たぶん30分は歩いたんじゃないかと思います。やっとのことで、ひなびた湯治場風の一軒家が見えてきました。地獄谷温泉の後楽館です。間欠泉が空高く吹き上げています。野猿公苑はこの後楽館の脇を通って登っていきます。もうすぐ!

Dscf7130

Dscf7161 野猿公苑が近づくと、公苑内に入る前からもう猿たちがあちらこちらで現れて出迎えてくれます。伊豆の波勝崎の猿も見たことがありますが、あちらは悪さをする猿が多いのに、この地獄谷の猿はちょっかいを出してきません。とっても紳士淑女で、訪れる人間に対して無頓着なニホンザルくんたちです。

Dscf7134 Dscf7156

Dscf7149 奥に行くと湧き出る温泉があります。白く硫黄臭のある温泉にはたくさんの湯の花が浮かんでいます。そこで何匹かのお猿さんが入浴中。今日はとっても寒いし、サルも暖まりたいんだと思いますが、その表情がとっても可愛らしく豊かですね。(続く)

Dscf71392 Dscf71462

地獄谷野猿公苑
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845番地
電話 0269-33-4379

|

« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き5(夜の温泉街編) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き7(地獄谷温泉編) »

コメント

コメントありがとうございます^^
最近Mさんが映画好きで、よく一緒に行くようになりました♪
おサルさんが、温泉に入っているのを本やテレビ以外で初めて見ました!!
ほんとに動物も温泉に入ってるんですね☆
気持ちよさそうです^^

投稿: haruhi | 2009年12月12日 (土) 00時12分

haruhiさま☆

一番下のお猿さんは、この後、頭までつかって潜っていました。足が届かないせいか立ち泳ぎをしたり。ここのお猿さんは温泉好きのようです。
伊豆の波勝崎のお猿は、攻撃的でちょっかいを出してくるいたずらザルだけど、こちらのお猿はとっても大人しくて人にはちょっかい出してきません。
可愛らしいですよ♪

投稿: lastsmile | 2009年12月12日 (土) 00時26分

 おお、地獄谷温泉の間欠泉、すごく高く吹き上げていますね。いかにも熱そう。
 お猿さんたち、気持ち良さそうに温泉に入っていますね。これ、私もテレビか雑誌で見たことがあります。
 この温泉、人間は入れないのかな?。猿専用だから、安心して入っているのかな。

投稿: マサエ。 | 2009年12月12日 (土) 11時01分

お猿が温泉につかっているを見るたびに疑問に思っている事があるんですが・・・。
あのお猿たちは、バスタオル類を持っていませんよね(当たり前ですが)、風呂上りはどうしているでしょうか??
雪のなか気持ち良さそうに入っている映像を見るけど、寒くないのか!?湯上り。びしょびしょだろうに・・・。
後先考えて入っちゃいないのだろうか?風邪ひかないのか?
嗚呼、誰か教えてー。

投稿: なち | 2009年12月12日 (土) 15時52分

lastsmileさん、25分歩いた成果が得られましたね。素晴らしい風景です。
高く噴出している間欠泉は圧巻ですね。
 猿達の顔、高齢の人間にそっくりであまり可愛いとは思えないけど、幸せそうな顔をしてますね。
猿と一緒に入浴もできるのですか。不衛生でだめですね。
素敵な写真を見られました。

投稿: sonata | 2009年12月12日 (土) 16時48分

マサエ。さま☆

間欠泉で高く吹き上げられたのは、高く舞い上がって冷気に冷めてしまって・・、冷たく降りかかってきます。シャワー状態です、近くで見てると。

写真の猿の温泉は猿専用で、見学する人間側になってその入浴シーンを撮影しています。まるで、○○撮影会のように・・(^_^;

投稿: lastsmile | 2009年12月12日 (土) 18時47分

なち師匠☆

自分も濡れたお猿さんがどうするのか興味津々でした。一番下の鼻まで温泉につかっているお猿さんが出た時、犬が身震いする時みたいに、身体をぶるぶるってして毛に付いた水気を飛ばしていました(^_^;
水気を飛ばしたお猿さんは、頭を洗った時みたいに毛がパンクってデーモン閣下みたいになっちゃっていましたが・・。乾きは良いみたいでしたよ(^o^)

投稿: lastsmile | 2009年12月12日 (土) 18時54分

sonataさま★

今はまだ25分くらいは大丈夫なんですが、この先この山間は雪が深いですから・・。ここまで辿り着くのは大変かと思います・・。
小猿も結構いてアイドル並みの人気?で携帯カメラに囲まれていたりして。
人間とお猿の混浴も。。実はあるんですよ、ここは。お猿さん専用の露天だけでは飽きたらず、地獄谷温泉の露天風呂までこっそりとお猿さんが侵入してきます(^_^;

投稿: lastsmile | 2009年12月12日 (土) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/46965024

この記事へのトラックバック一覧です: 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き6(地獄谷野猿公苑編):

« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き5(夜の温泉街編) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き7(地獄谷温泉編) »