« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き3(外湯めぐり編その2) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き5(夜の温泉街編) »

2009年12月10日 (木)

意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き4(外湯めぐり編その3)

9ooyu2 渋温泉街の中心にあるのが、九番湯「大湯」です。他の共同浴場とは別格の立派な建物で、まさにこの温泉街のランドマーク的存在。男湯と女湯の入口も建物の別の場所で、湯船も10人以上は入れる大きさです。木製の湯船は2つに仕切られ、熱めとやや熱め(どっちも熱め・・)になっています。

9ooyu3 9ooyu5

Dscf7024 独特の深緑かかった茶色の温泉は、他の温泉が無色か白色かの中で異色な存在。鉄分の多さを物語っています。ここは湯温調整もしているのか、快適に入ることが出来ました。これで9つの外湯めぐりもクリア。スタンプラリーもすべて押すことが出来て、なんか微妙に嬉しいです。

9ooyu6_2 

10asiyu ここには足湯もあります。これは誰でも無料で入れて、タオルも用意されています。家人が足湯に浸かっていて出ようとしてる時に、入れ違いにおじさん二人がやってきました。おじさんの一人が入ろうとしたその時!思いっきり後ろにひっくり返って足が宙に浮いたまま・・。しばらくそのままになって唸ってました・・。

9ooyu1_2

さてと、宿(養田屋旅館)に戻ります。

Dscf3974_2 この日の夕食はこんな感じです。豪華ではないけど格安の宿泊料(約7000円)だし、こういう家庭的な方が美味しかったりします。大根の柚味噌が美味しかったりします。あとご飯が美味しかったです。単純ですが、ご飯が美味しいといいですね。むしろこんな山の中じゃ刺身とか入らないのになぁ。

Dscf3978

この宿の中にもしっかりと温泉があって、4階では露天風呂もあったりします。りっぱな露天風呂ではないけど、いい温泉だし気楽にはいることが出来ます。ほとんど貸し切り状態での入浴でした。夜明け前に入った時は、雨雲もすっかりと晴れて、夜空に浮かぶお月様がキレイ・・、幻想的な眺望でした。(続く)

Dscf3846
Dscf7041

渋温泉 ほのぼの宿 養田屋旅館
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2140の1番地 TEL: 0269-33-2236

|

« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き3(外湯めぐり編その2) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き5(夜の温泉街編) »

コメント

スタンプラリークリア、おめでとうございますshineshine
全部のスタンプが埋まると、嬉しいですよね。
達成感があって、妙に満足しちゃいません?ただのスタンプなのにねcoldsweats01

宿も良さそうですね~。
ごはんがおいしいっていうのは重要ですpaper
露天風呂から見上げた空には
月がきれいに輝いて、なんとも贅沢なお風呂タイムでしたね。
lastsmileさんも日頃の疲れやストレスが
解消できたでしょうか?

それにしても「熱めとやや熱め」
究極の選択みたい・・・sweat01
私だったら、どっちも同じやん!って
右手で突っ込み入れちゃいそうsmile

投稿: かなで | 2009年12月10日 (木) 08時22分

かなでさま☆

スタンプラリーとか、もう夢中で押しまくります、子供の時からそんな感じで、ラジオ体操のスタンプも押してもらうために、風邪でも出かけました。全部押してもらった時の達成感で自慢げでしたが、今考えると夏休みに泊まりでどこにも行けなかったことの証しだったと悲しくなりました・・・。

湯船は本当に熱かったです。日中は入る人もまばらで、55℃~60℃くらいあった湯船もありました。もう熱湯地獄です。
最初は何も考えずに足をつっこんで、両足を入れたくらいにそのあまりの熱さに、「あつあちあち~」と誰もいない浴室の中を走り回りました・・。

投稿: lastsmile | 2009年12月10日 (木) 09時24分

 おお、八つで終わりかと思ったら、未だ九つ目があったのですか。半日で九箇所の温泉、それも熱い湯に入るなんて、やっぱりすごい。聞いただけで、湯当たりしそうな気がします。
 格安の宿泊料で、しっかり楽しめたようですねー。

投稿: マサエ。 | 2009年12月10日 (木) 15時52分

長野県内の地理的な知識が全くないのですが、渋温泉の昔懐かしい雰囲気、いいですね。
しかも面白い名前の湯所が沢山あって、巡ることができるのも楽しみですね。
私も近くにこんな温泉があるなら、行って湯巡りをしたいと思いました。

投稿: sonata | 2009年12月10日 (木) 20時37分

マサエ。さま☆

正確に言うと半日で一回り半くらいしちゃいました。湯あたりしたらビールでおさめるというのが奥様でしたね。でも、すっかりと信州の山は冬の到来で、お湯から出ると身体も冷えてきます。
夏場だったらきっと一回りできなかったかも?です。

投稿: lastsmile | 2009年12月10日 (木) 21時33分

sonataさま★

このひなびた感じが、昨今の秘湯ブームに合ったみたいです。バブル頃のちょっと前までは何にもない温泉場で、そのために客足が遠のいた渋温泉だけど、今思えばその時に設備投資も何もしないままだったのが、良かったのかもしれませんね。

投稿: lastsmile | 2009年12月10日 (木) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/46956543

この記事へのトラックバック一覧です: 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き4(外湯めぐり編その3):

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/12/10 09:49) [ケノーベル エージェント]
下高井郡山ノ内町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 09時49分

« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き3(外湯めぐり編その2) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き5(夜の温泉街編) »