« つっこませてください。こんなイカス看板(その16) | トップページ | 冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その2(そばの里芳味亭編) »

2009年12月28日 (月)

冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その1(天狗の湯きむら苑編)

Dscf8028 休日の朝。上州水上温泉へと行ってきました。根雪が残る水上の朝はヒンヤリとした空気。目指すは天狗の湯大露天風呂が有名だそうですが、きむら苑です。朝早かったこともあって、まだお風呂は宿主が落葉拾いの清掃中でしたが、誰もいない大露天風呂に一番乗りです(^o^)

Dscf8033_2

Dscf8029 宿の横から川べりへと降りたところに混浴露天風呂があります。日帰りの入浴料は800円で1時間メドに入ってください、という宿主のお話。露天風呂のまわりにはまだ白い雪が残っています。露天風呂のまわりには簡単な板の目隠し板がありますが、あまり意味無いみたい(^^;

Dscf8038_2 

Dscf8032 入口は男女別で別れて女性用の脱衣スペースも用意されています。ただ男性用脱衣スペースはお風呂側からノーガードですけどね・・。お風呂は岩風呂で3つのスペースに分かれています。手前の2つの小さなスペースには湧き出る源泉であったかめ、そして大きなスペースはちょっとぬるめです。

Dscf8034_2 

Dscf80362 小さいところで身体をあっためて、そして広い開放的なスペースでゆったりのんびりくつろぐ感じです。湯の上を走る風が顔をヒンヤリとさましてくれます。約30畳の広い露天風呂には結局他の入浴客が来ないままに温泉満喫でした。1時間ほど入浴し、次の温泉へと向かいます。(つづく)

Dscf8050

天狗の湯 きむら苑
群馬県利根郡みなかみ町小日向326
TEL(0278)72-5851
泉質 硫酸塩泉

|

« つっこませてください。こんなイカス看板(その16) | トップページ | 冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その2(そばの里芳味亭編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その1(天狗の湯きむら苑編):

« つっこませてください。こんなイカス看板(その16) | トップページ | 冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その2(そばの里芳味亭編) »