« 冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その3(三峰の湯編) | トップページ | 新しい朝、新しい年 »

2009年12月31日 (木)

冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その4(牛伏の湯編)

Dscf8112 最後にもう一軒寄りたいと、家人は上信越自動車道の吉井ICのすぐそばにある吉井温泉牛伏の湯へと行くことになりました。本日最後の立ち寄り湯です。高速の吉井ICからすぐそば、高速道路から看板が見えるということで、場所もろくに分からずに、あたりを彷徨きましたが、まったく分かりません。

Dscf8141 そこで人に道を尋ねることに。二人から道を聞くことで、どうにか着くことが出来ました。たしかに10分やそこらの距離ですが、細い道を通ったり、案内表示もあまりなく、ちょっと分かりにくい場所にありました。そんな場所の分かりにくさもあってかそれともたまたまなのか、入浴客も殆どいませんでした。

Dscf8115

Dscf8124お湯は塩分が強いことで有名だよ」という家人の言葉の通り、ちょっと口にしてみるとしょっぱいです。お風呂は内風呂×1、露天風呂×1の二つで、内風呂は塩分も強く感じましたが、外湯(露天風呂)は少し弱い感じ。加水をしているのかな。匂いは無臭です。内湯はちょっと熱めで、長く入るなら外湯です。

Dscf8116

Dscf8120 塩分が強いので、ぬるぬる感とあったまり感があって良質の温泉です。保温性もあって湯上がり後もしばらくは身体も冷えなそうですね。ただ、入浴客がほとんどいないのは場所の分かりにくさと道路標識の不親切さ?もあってのことで、勿体ないなぁと思いました。

Dscf8137

Dscf8118 キレイで広い施設で、休憩室も広々としてるのに、この客の入りでは経営も厳しそうです。自分たちが5時過ぎに出ましたが、暇そうに休憩室で新聞を読んでいた施設の管理者風のおじさんが、従業員のうちの女性2名に「今日はもう上がって」と帰されていました。この閑散さ、なんか勿体ない。(おしまい)

Dscf8144

吉井温泉 牛伏の湯
住所 群馬県高崎市吉井町多比良字鬼ケ原2483-1
電話 027-387-1092 
入浴料金 600円
営業時間 9~22時(受付は~21時30分)  定休日 無休
泉質 ナトリウム-塩化物強塩温泉 

本年も色々とこのブログに多くの人がお付き合い戴き、感謝感謝です。本当にありがとうございました。皆様に良い年を迎えられますことを祈っておりまする。(lastsmile)

Dscf8110

|

« 冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その3(三峰の湯編) | トップページ | 新しい朝、新しい年 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その4(牛伏の湯編):

« 冬の群馬 水上・月夜野の秘湯その3(三峰の湯編) | トップページ | 新しい朝、新しい年 »