« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き7(地獄谷温泉編) | トップページ | 想い出の家と共に旅立ち新しい冒険に生きる「カールじいさんの空飛ぶ家」 »

2009年12月14日 (月)

意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き8(小布施編)

Dscf7270 地獄谷から里へと下りていきます。上信越自動車道の近くまでおりると北信濃の人口1万2000人のこぢんまりした街、小布施があります。この小布施は年間120万人もの、人口100倍の観光客が訪れます。この街の魅力は昔ながらの風情と、歴史と文化を取り入れた街づくりですね。

Dscf7238_new

Dscf7213 小布施に着いて最初にお昼をとります。栗菓子で有名な竹風堂で、これも有名な栗おこわをいただくことに。この栗おこわは店頭で買うか店内施設のお食事どころで食べるしかできません。保存性の問題でしょうね。それだけに期待も膨らみます。栗!栗!栗!

Dscf7214 小布施は栗の町でも有名、町の特産品です。町を車で走るとたしかに栗の木が多いです。栗並木ともいえる風景もあったりします。で、肝心の栗おこわ、栗の香りが豊かでほんのり甘くて。でっかい栗も栗の旨味が詰まってます。餅米もほくほくのもちもちで美味しい!!

Dscf7231 Dscf7235

Dscf7243 小布施は葛飾北斎が何度も訪れその作品を遺した地として、北斎館でその功績を讃えています。あらためて北斎のすごさ・凄みを見せつけられました。富岳三十六景だけのおじさんじゃありません。さすがゴッホが大きな影響うけ世界の人物100人に選ばれただけあるなぁ。

Dscf7242

Dscf7272 北斎館から 高井鴻山記念館へと結ぶ道、栗の小径を歩きます。小さな路地ですが、歩道には栗の木で作られた木れんがが敷かれていたり、道脇の土蔵などを眺めながらこだわり感じる小径がいいですね。

Dscf7268

Dscf7280 旅のしめくくりに由緒ある岩松院へと向かいます。ここは一茶ゆかりの寺で本堂には北斎晩年の作、「大鳳凰図」が本堂の天井に21畳もの大きさで描かれています。「八方睨みの鳳凰図」は写真撮影禁止でしたので興味のある人は上の「岩松院」をクイックしてWebで確認してみてね。見事な色彩です!

Dscf7285 右の枯れた感じの池が、名句「やせ蛙まけるな一茶これにあり」と小林一茶が詠んだカエル合戦の池です。ちなみにこの近くの高山村に「一茶ゆかりの里」ってのがあるんですが、最初運転中にそれが「茶」が「条」に見えて・・「一条ゆかりの里」と読んで「へぇ~、一条ゆかりってそんなに有名なんだ」って。

Dscf7286 そして戦国武将福島正則公の霊廟もここにあります。豊臣秀吉の重臣として活躍した壮年期から、最後は関ヶ原以降の冷遇と。しかしその領内改革や新田開発、治水工事は今でこそ高く評価されているようです。墓地の奥に埋葬されていました。これで今回の旅もおしまい。長々と書いてしまいました・・。

Dscf7291

|

« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き7(地獄谷温泉編) | トップページ | 想い出の家と共に旅立ち新しい冒険に生きる「カールじいさんの空飛ぶ家」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き8(小布施編):

« 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き7(地獄谷温泉編) | トップページ | 想い出の家と共に旅立ち新しい冒険に生きる「カールじいさんの空飛ぶ家」 »