« 初冬の谷川岳が美しいみなかみ旅情(湯テルメ谷川編) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き1(旅立ち編) »

2009年12月 6日 (日)

夜のホームに発見!アキバ系?ねこ耳新幹線「ファステック360S」

Dscf3825 この日は珍しく仙台に夜入り。仙台駅に到着して、ふと反対側のホームを見ると見慣れない色の車体が・・「??」こ、これは新型新幹線?興味津々に反対側ホームへ急ぎます。で、しっかりと「試運転」の文字が。今までに無い色の車体。中をのぞこうにも内側からカーテンが。

Dscf3831 で。ネットで調べたら。どうやら、山形・秋田のミニ新幹線用の「ファステック360S」というのらしいです。カーブを安定的に通過できるよう、屋根から猫の耳のような鋼板で空気抵抗増加するんだそうで。そこから猫耳新幹線って呼ばれてるらしいです。

Dscf3830 一番の特徴、空気抵抗増加装置は、あいにく猫耳は格納されていたのか?見ることは出来ませんでしたが、最高速度400kmを出せる翡翠色に輝くこの新幹線のデビューが待ち遠しいですね。
http://www.jreast.co.jp/press/2004_2/20050306.pdf

Dscf3827

|

« 初冬の谷川岳が美しいみなかみ旅情(湯テルメ谷川編) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き1(旅立ち編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のホームに発見!アキバ系?ねこ耳新幹線「ファステック360S」:

« 初冬の谷川岳が美しいみなかみ旅情(湯テルメ谷川編) | トップページ | 意外な穴場、渋温泉湯巡りと小布施街歩き1(旅立ち編) »