« 小諸古城の旅情と湯けむりの里(オレンジの秘湯編) | トップページ | 冬の高崎、闇と光が織りなす贈り物に酔う~たかさき光のページェント »

2009年12月 1日 (火)

韓国ホルモン鍋諸事情(上野湯島 チョンハクトン)

かなり前のことですが、アップするのを忘れていたのと、そろそろネタ切れ気味で前のネタを使おうかなぁ・・なんてそんな感じで想い出しながらの記事作成です。私のことを知ってる人は承知の忘れっぽさでは一級品の私ですので、多少(かなりか?)の記憶違いもあるでしょうが、関係各位ご容赦の程。

Dscf9445 ということで前に、東京事務所のクールビューティーMさんに連れられて堪能した韓国料理ホルモン鍋の「チョンハクトンですが、仙台事務所のK教授が東京に打ち合わせで来たので、リスク登山家のSさんと相談して事務職の仲間とここで食事会をすることに。そんな宴は激辛な青唐辛子のチヂミからスタートです。

Dscf9577 さすがの青唐辛子、いきなりの強敵出現でクールビューティーMさんリスク登山家Sさたちが弱音を吐く中、ゲストのK教授が辛いのが苦手なくせに「これ辛くないですよ、おいしいですよ」と強気な発言。しかしそれも「偶然辛い部分に当たらなかった」ことがすぐに判明、しかめ面で辛い!を連発でした。

Dscf9576

Dscf9587 そんなK教授の失態ぶりに、クールビューティーMさんが爆笑、思わずふんぞり返りながらK教授をからかいます。青唐辛子の直撃にK教授もそれを反論するどころの状態ではないみたい。そんなこんなでモチモチッとしたこんなのが出てきました。すっかり料理名を忘れてしまったけど、美味しかったです!

Dscf95852 そしてホルモン鍋です。鍋奉行のクールビューティーMさんが「どれどれ」とキャプテンらしく仕切ります。横でその様子を見守る裏ボスMさんは、ホルモンが大の苦手。「美味しいから一度食べてみな!」という鍋奉行のお言葉を一縷の頼みに、じっと手を組んで不安げに待ちます。

Dscf9589 良い感じに煮立ってきて、満足げな鍋奉行クールビューティーMさん。もはや頭の中は食べてるイメージしかないのか、若干無口に鍋を仕切ります。上司のリスク登山家Sさんといえど、こうなっては口出しもなにも出来ません。鍋奉行の指示に従って火の調整するのみです。K教授も黙って見守ります。

Dscf9590

Dscf9588 いや。これはあったまります。美味しいですね。エンゲル係数高偏差値のK教授も満足して舌鼓。鍋奉行のMさん、ホルモン苦手な裏ボスの小皿にたっぷりとホルモンをすくい、無理矢理食べさせて満足げ。そろそろK教授も仙台に帰る時間が来て後ろ髪引かれながら途中退座です。気をつけて帰ってね。

Dscf9592 そんな姿を見送りながら乾麺投入。乾麺はリスク登山家Sさんも裏ボスMさんも楽しみの仕上げ鍋。鍋奉行Mさんは少し満足したのか、その鍋奉行の職務を部下の裏ボスに引き継いで中座、裏ボスが麺をほぐしたり、つゆの付け足したりしていよいよ完成です。このころになってやっと、ブーのスザンヌがやってきて参加です。すでにオイシイとこは終わった後で気の毒なので、スザンヌのみ追加注文でお腹も満たされたようです。

Dscf9595 Dscf95982

とっても楽しく面白く、そしておいしく過ごせた食事会でした。

チョンハクトン 
住所 東京都文京区湯島3-42-3 一直ビル 2F・3F
TEL 03-3834-6626
営業時間 [月~土] 17:00~翌5:00 [日・祝] 17:00~24:00

|

« 小諸古城の旅情と湯けむりの里(オレンジの秘湯編) | トップページ | 冬の高崎、闇と光が織りなす贈り物に酔う~たかさき光のページェント »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ホルモン鍋諸事情(上野湯島 チョンハクトン):

« 小諸古城の旅情と湯けむりの里(オレンジの秘湯編) | トップページ | 冬の高崎、闇と光が織りなす贈り物に酔う~たかさき光のページェント »