« 冬の赤城山、ひなびた秘湯1(御宿総本家) | トップページ | 冬の赤城山、ひなびた秘湯3(大胡駅イルミネーション) »

2010年1月 7日 (木)

冬の赤城山、ひなびた秘湯2(湯之沢館)

Dscf8210 御宿総本家から細い階段と狭い路地を下っていくと花の宿湯之沢館があります。「花の宿」と謳(うた)っているだけあって、館内は女性好みの宿が演出されています。こちらには女性専用の内風呂「赤城名月風呂」の他に混浴露天の「瀬音露天風呂」があります。こちらの露天風呂は上下に2段の湯槽です。

Dscf8247

Dscf8246 こちらの脱衣所は男女共同でしかも狭くて、さすがの家人もこれには「無理!」と断念。しかもバスタオルも巻いてはダメみたいなので、家人は内湯で炭酸水素塩温泉を楽しむことに。自分は手付かずの大自然が目の前、露天風呂に入りました。入ると大自然が目の前にど~んときてびっくり。これはいい!

Dscf8232

Dscf8212 やや大きめの上段の岩風呂は大人が6人は十分に入れる大きさ。こちらはちょっと熱めの温泉で、その下にある岩風呂は4名位のややぬるめの湯です。上で暖まって下でじっくりと湯治する、その繰り返しで楽しむんでしょうね。ここも赤褐色のお湯で炭酸泉、肌に泡経つ感じで温泉のぬるぬる感が心地良いです。

Dscf8235

Dscf8241 お風呂の横には渓流が流れ、それがそのまま神沢川の渓谷へ、玉簾の滝となって流れ落ちます。その水の音が心地よくマイナスイオンたっぷりな景色です。これだけ景観の良い露天風呂はなかなか無いのでは?温泉に浸かっていると横から雪が顔に当たります。火照った顔にその雪がとっても心地良いです。(つづく)

Dscf8245

赤城温泉 花の宿 湯之沢館
住所 群馬県前橋市苗ヶ島町2027
電話 027-283-3017
泉温 43.2度(源泉湧出時)
泉質 カルシウム・マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩温泉

|

« 冬の赤城山、ひなびた秘湯1(御宿総本家) | トップページ | 冬の赤城山、ひなびた秘湯3(大胡駅イルミネーション) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の赤城山、ひなびた秘湯2(湯之沢館):

« 冬の赤城山、ひなびた秘湯1(御宿総本家) | トップページ | 冬の赤城山、ひなびた秘湯3(大胡駅イルミネーション) »