« 鮮やかな黒を描く、批判を恐れぬ革命画家マネ~世界の名画 | トップページ | 雪景色の露天風呂はやっぱり寒い?猿ヶ京と水上うのせ温泉1(長生館編) »

2010年1月16日 (土)

イカ天を愛す~「全力で荒々しく駆け抜けたカリスマ ブランキー・ジェット・シティー」

イカ天でもっともロックしていたバンドだと思う。

ブランキー・ジェット・シティー

イカ天人気も徐々に下がり始めた終盤に彗星のごとく登場したのが印象的。
色物バンドが幅をきかせて、本物志向のバンドが減ってしまった中で、とにかく格好良かった。バンド名の由来は「不良達が集まる架空の都市」ということらしいが、いかにも純粋?に不良とあらんとした浅井くんらしい想い。

浅井健一(Vo&G)、照井利幸(B)、中村達也(Dr)。この3名で正式なバンドとして活動を始めたのが90年2月で、イカ天に出場したのが同じ年の8月だからわずか6ヶ月という期間。この期間で完成度の高い曲を作ったのは、その下地が名古屋時代のバンドにあったのかなと思われる。

イカ天では圧倒的強さで圧勝を続けて5週勝ち抜けてグランドチャンピオンに。
ラジカル(過激)でいて、リリカル(叙情的)な詩の世界は浅井くんの世界、カリスマ性のある彼を、リズム隊の照井くん中村くんがしっかりと支えている。個人的には照井くんのベースは好きですね。

2000年の解散まで10年という時間を疾走し続けたBJCはまさにロック魂そのものだったように思う。個人的には初期の曲は好きですね。あとは「bang!」とか「赤いタンバリン」、「John Lennon」なんかもおすすめ。

ブランキー・ジェット・シティー公式サイト(更新なし)
http://bjc.wilddisk.com/

ブランキー・ジェット・シティー(イカ天ダイジェストより)
※音質・画質とも良好。

◆◇◆◇◆◇◆以下時間のあるときにどうぞ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ブランキー・ジェット・シティー (イカ天1週目~4週目まで)
※音質低め・画質少し落ちる

ブランキー・ジェット・シティー (イカ天5週目結果発表)
※音質低め・画質少し落ちる

|

« 鮮やかな黒を描く、批判を恐れぬ革命画家マネ~世界の名画 | トップページ | 雪景色の露天風呂はやっぱり寒い?猿ヶ京と水上うのせ温泉1(長生館編) »

コメント

この頃になると、見なくなっていました。
たま、マルコシアス・バンプと来てその後審査員のメンバーチェンジがあり、伊藤銀次や吉田健が「卒業」してしまいましたよね。
その代わりが、是方とか田中一郎とかでちょっとなあとなりまして。
萩原健太は残ったはずですが。

それにしても、初代の審査員たち、個性的だったなあ。グーフィ森とか中島啓江とか。
こんなコメントですいません。

投稿: ヒョウちゃん | 2010年1月16日 (土) 22時06分

ヒョウちゃん★

ブランキーはイカ天も終盤に出てきたバンドで、イカ天放映当時は出演バンドも元気があって良いバンドが多かったんですが、徐々に番組の質も落ちてきたあたりに彗星のように登場してきました。
それだけに他のバンドとはレベルの違いを感じ、7対0なんて投票結果もまぁ当然だったんでしょうね。

投稿: lastsmile | 2010年1月17日 (日) 11時26分

必ずお前見つけて落とし前つけさせるぜ(;`皿´)俺のナマエかたって勝手に日記書くんじゃね~怒

投稿: ジャクソン井口 | 2013年5月 8日 (水) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/47198924

この記事へのトラックバック一覧です: イカ天を愛す~「全力で荒々しく駆け抜けたカリスマ ブランキー・ジェット・シティー」:

« 鮮やかな黒を描く、批判を恐れぬ革命画家マネ~世界の名画 | トップページ | 雪景色の露天風呂はやっぱり寒い?猿ヶ京と水上うのせ温泉1(長生館編) »