« つっこませてください。こんなイカス看板(その19) | トップページ | 冬のジャズは心に暖かいよ、JAZZ Night(in ナバホホワイト) »

2010年1月22日 (金)

名盤の旅~インディア・アリーの紡ぐアコースティックなグルービー感に身も心も揺らす。「アコースティック・ソウル」

21704_a モータウン系のR&B女性シンガー インディア・アリーは、彼女の作るオリジナリティー溢れる曲の一つ一つが丁寧につくられているというその姿勢が曲を聴く度に伝わってくる。心を解してくれるかのような心地よい気怠さともいえるグルーヴ感、疲れた体と心に彼女の歌声は優しい。

Indiaarie_2 スティーヴィー・ワンダーが最大級の絶賛のしたというその彼女は、2009年にはグラミー賞にもノミネートされた。本作品はデビュー作ながら1年と6ヶ月という異例の長い制作期間をかけて作られたアルバム。ひとつひとつが珠玉のような作品に仕上がっている。午後のティータイムに聴くと温かい気持ちになります。

アコースティック・ソウル (2001年発表)

41nbfzdy4tl__ss500_ 1. イントロ
2. ビデオ   
3. プロミセズ   
4. ブラウン・スキン
5. ストレングス,コーレッジ&ウィズダム
6. ネイチャー
7. バック・トゥ・ザ・ミドル
8. レディー・フォー・ラヴ
9. インタールード
10. イン・マイ・ヘッド
11. ゴッド・イン・ユー
12. シンプル
13. パート・オブ・マイ・ライフ
14. ビューティフル
15. アウトロ
16. ワンダフル~スティーヴィー・ワンダーに捧ぐ
17. バタフライ
 

2.VIDEO

8.READY FOR LOVE

|

« つっこませてください。こんなイカス看板(その19) | トップページ | 冬のジャズは心に暖かいよ、JAZZ Night(in ナバホホワイト) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名盤の旅~インディア・アリーの紡ぐアコースティックなグルービー感に身も心も揺らす。「アコースティック・ソウル」:

« つっこませてください。こんなイカス看板(その19) | トップページ | 冬のジャズは心に暖かいよ、JAZZ Night(in ナバホホワイト) »