« 四万の病に効くのなら自分の物忘れも治してね♪名湯四万温泉その4(つばたや旅館) | トップページ | 虹の国はいまだ遠い。だからこそ胸に熱く残る。「インビクタス/負けざる者たち」 »

2010年2月 7日 (日)

新潟市内26年ぶりの81センチの大雪

Dscf2065 特に冷え込んだ5日に、仙台から新潟にバス移動(あ、仕事です)。夜の20時半に新潟市内の万代バスセンターに到着して、バスの運転手さんに「はい、到着です」と言われて降車口から降りようと・・(ん?降りる道がない・・)降車口の先には一面の雪が60センチ以上。(どこをどう歩くの?)

Dscf2067 スーツのズボンを膝下まで雪まみれにしながらザクザクと進みます。(冷めてー)宿泊先のホテルに着いて暖かくして休んで夜が明けたら・・もっと雪が街を包んでいました。ホテルから出ていきなり歩く道がろくにないです。とにかく歩けるようなけもの道(笑)を探して車道まで辿り着かないと。

Dscf2073 車道に出たら多少道が固まってるので、安心して歩けます。ああ、もちろん車に気をつけないとね。車もこわくて徐行していますから、お互いに気をつけて。大通りのバス停も誰も行けつけない陸の孤島状態です。バス停で待っていても誰も見えん。いやもう、こうなると街の機能も停止ですね。

Dscf2083 新潟市内は26年ぶりの大雪で81センチの降雪だとか。北海道の人や北東北の人からみれば「甘い!」と言われそうですが、そこまで鍛えられていない新潟市民達の戸惑いは大変なもの。バスも轍がなかなか乗り越えられず、車体を大きく揺らしながら進みます。いやぁ大変な日でした。

Dscf2088

|

« 四万の病に効くのなら自分の物忘れも治してね♪名湯四万温泉その4(つばたや旅館) | トップページ | 虹の国はいまだ遠い。だからこそ胸に熱く残る。「インビクタス/負けざる者たち」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟市内26年ぶりの81センチの大雪:

« 四万の病に効くのなら自分の物忘れも治してね♪名湯四万温泉その4(つばたや旅館) | トップページ | 虹の国はいまだ遠い。だからこそ胸に熱く残る。「インビクタス/負けざる者たち」 »