« 白川郷ライトアップと能登の旅その6(千里浜なぎさドライブウェイ) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その8(終章~寄り道) »

2010年2月23日 (火)

白川郷ライトアップと能登の旅その7(食事)

白川郷・能登のバスツアーの食事を最後にまとめてアップです。

【1日目 夕食】

Dscf2239 白川郷合掌集落から車で15分の距離に、平瀬温泉というこじんまりした温泉地があります。そこで店を構えて20年の次平というところで、ライトアップ前の早めの夕食(16:00~)でした。民芸風の店内は、ツアー客貸し切り状態で、40名が入った時点で満席でした。ほのかな灯りが情緒あります。

Dscf2251 ここはとろろステーキという料理がオリジナル名物だそうです。あとは飛騨牛のたたが付いていました。とろろって余り得意じゃないので、どーかなーって思っていましたが、香ばしく鉄板で焼いてみると、とろとろに柔らかく焼けて美味しく食べられました。

Dscf2242

Dscf2240 Dscf2244

Dscf2245

白川郷平瀬温泉 お食事処「次平
岐阜県大野郡白川村平瀬188番地
TEL:05769-5-2200

【2日目 朝食】

能登ロイヤルホテルでの朝食はおきまりのバイキングでした。ホテル屋上からの、日本海の、朝の眺望は素晴らしかったです。

Dscf2374 Dscf2365

Dscf2370

【2日目 昼食】

Dscf2479 能登金剛の厳門の入口にあるレストラン厳門で昼食をとりました。メニューはさざえ釜めしとうどんのセットです。さざえはどこに潜ったか?あまり見かけませんでしたが、お焦げが香ばしい釜飯は美味しかったです。ぐつぐつ煮立ったうどんもこんな寒い日はあったまります。団体向けの食堂でした。

Dscf2429

Dscf2426 Dscf2432

Dscf2434

レストラン厳門
石川県羽咋郡志賀町富来牛下リ37番地
TEL:0767-48-1131

旅程表
【一日目】
寄居=飛騨高山(古い街並み散策)=(
お食事処「次平」)=白川郷(光と雪が織りなす幻想的なライトアップ見学)=能登志賀の郷温泉・能登ロイヤルホテル泊
【二日目】
輪島塗漆器工房(見学)=輪島朝市(日本三大朝市を見学)=厳門(昼食/
レストラン厳門)=(千里浜なぎさドライブウェイ)=寄居

|

« 白川郷ライトアップと能登の旅その6(千里浜なぎさドライブウェイ) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その8(終章~寄り道) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白川郷ライトアップと能登の旅その7(食事):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/02/23 09:41) [ケノーベル エージェント]
羽咋郡志賀町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 09時41分

« 白川郷ライトアップと能登の旅その6(千里浜なぎさドライブウェイ) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その8(終章~寄り道) »