« 白川郷ライトアップと能登の旅その6(千里浜なぎさドライブウェイ) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その8(終章~寄り道) »

2010年2月23日 (火)

白川郷ライトアップと能登の旅その7(食事)

白川郷・能登のバスツアーの食事を最後にまとめてアップです。

【1日目 夕食】

Dscf2239 白川郷合掌集落から車で15分の距離に、平瀬温泉というこじんまりした温泉地があります。そこで店を構えて20年の次平というところで、ライトアップ前の早めの夕食(16:00~)でした。民芸風の店内は、ツアー客貸し切り状態で、40名が入った時点で満席でした。ほのかな灯りが情緒あります。

Dscf2251 ここはとろろステーキという料理がオリジナル名物だそうです。あとは飛騨牛のたたが付いていました。とろろって余り得意じゃないので、どーかなーって思っていましたが、香ばしく鉄板で焼いてみると、とろとろに柔らかく焼けて美味しく食べられました。

Dscf2242

Dscf2240 Dscf2244

Dscf2245

白川郷平瀬温泉 お食事処「次平
岐阜県大野郡白川村平瀬188番地
TEL:05769-5-2200

【2日目 朝食】

能登ロイヤルホテルでの朝食はおきまりのバイキングでした。ホテル屋上からの、日本海の、朝の眺望は素晴らしかったです。

Dscf2374 Dscf2365

Dscf2370

【2日目 昼食】

Dscf2479 能登金剛の厳門の入口にあるレストラン厳門で昼食をとりました。メニューはさざえ釜めしとうどんのセットです。さざえはどこに潜ったか?あまり見かけませんでしたが、お焦げが香ばしい釜飯は美味しかったです。ぐつぐつ煮立ったうどんもこんな寒い日はあったまります。団体向けの食堂でした。

Dscf2429

Dscf2426 Dscf2432

Dscf2434

レストラン厳門
石川県羽咋郡志賀町富来牛下リ37番地
TEL:0767-48-1131

旅程表
【一日目】
寄居=飛騨高山(古い街並み散策)=(
お食事処「次平」)=白川郷(光と雪が織りなす幻想的なライトアップ見学)=能登志賀の郷温泉・能登ロイヤルホテル泊
【二日目】
輪島塗漆器工房(見学)=輪島朝市(日本三大朝市を見学)=厳門(昼食/
レストラン厳門)=(千里浜なぎさドライブウェイ)=寄居

|

« 白川郷ライトアップと能登の旅その6(千里浜なぎさドライブウェイ) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その8(終章~寄り道) »

コメント

「とろろステーキ」ってどんなのかな。写真では薄切りのとろろが入っているようですが。とろろ芋は、加熱するとほこほこになります。北海道の十勝が主産地ですが、聞いた事がない料理です。

投稿: sonata | 2010年2月23日 (火) 09時51分

 まあ団体旅行の食事は、どこも似たり寄ったりで。
 私も「とろろステーキ」は食べたこと無いです。とろろ芋、すって味噌でのばして、ご飯にかけて食べるのは、好きです。

投稿: マサエ。 | 2010年2月23日 (火) 11時24分

白川郷&能登ツアー、1泊2日とは思えないほどの充実ぶりですね!
lastsmileさんの記事を読んで、私も一緒に旅をした気分になれました。
合掌造りのライトアップ、青い世界に温かな灯りが映えて、すごくきれい。
砂浜を走る道路も、貴重&新しい体験でしたね。
私は海が大好きなので、そんな経験ができたlastsmileさんが羨ましいです。

山芋は私もおろして焼いて食べることがありますが、おいしいですよね。
あとは千六本に切って、わさび醤油&海苔で食べるのもおいしいです。
2日目のお昼ご飯の「おこげ」、すっごくおいしそう。
食べたいなぁ、私も・・・。


lastsmileさんのブログ、いつもステキですね。
盛りだくさんだし、大好きです。
これからも、いろんな話題を楽しみにしています。
が、無理なさいませんように。
忙しい時にはお休みすることも大切ですよ。
老婆心ですが・・・。

投稿: かなで | 2010年2月24日 (水) 00時35分

sonataさま☆

あまり「とろろ」のようなネバ系の食材は得意な方じゃなくて・・でも焼くことで香ばしくもネバが弱くなって美味しく食べられました。この店のオリジナルだって、女将が自慢気に話してましたよ♪

投稿: lastsmile | 2010年2月24日 (水) 04時32分

マサエ。さま☆

二日目の昼食は、場所も内容もまさしく団体様用でした。
でもここ数回は内容盛り沢山のバスツアー中心のようで、サービスエリアで「各自20分で食べてください!」とか、今回のようにバスで移動中の山道で、狭い席で左右上下に揺られながらのお弁当よりマシかな。

投稿: lastsmile | 2010年2月24日 (水) 04時40分

かなでさま☆

ギュウギュウ詰めのツアーでした。1泊目も白川郷を夜7時に出発して長躯2時間かけて宿(能登)に着いたのが9時過ぎでしたし。次の日自宅に帰り着いたのも深夜10時過ぎ・・。欲張ると身体には良くないってことなんでしょうか。

かなでさんは海がお好きなんですね。行ってみたいって気持ちを持ち続けていると、そんな声をきっと聞いてくれてる人がいて「じゃあさ、行こうよ♪」って人がきっといますよ(*^_^*)!
ただここは8キロなんであっという間に通り過ぎちゃいますが・・。
ライトアップは自分の想像したのとは違って、ハデに彩られると言うよりも、ぼわってほのかに闇の中から浮き上がる、そんな雰囲気でした。

お気遣いありがとうございます。ぼちぼちと楽しみながら、今回の旅行記のブログを書くことが出来ました。今回は毛色を変えてみていかがでしたでしょうか?ぎゃくに読みにくくはなくなっても、分かり難くなっちゃったかな。。
ま、自分の記録ですから、オレ流ってのを大切にしていきます。

投稿: lastsmile | 2010年2月24日 (水) 04時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/47623981

この記事へのトラックバック一覧です: 白川郷ライトアップと能登の旅その7(食事):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/02/23 09:41) [ケノーベル エージェント]
羽咋郡志賀町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 09時41分

« 白川郷ライトアップと能登の旅その6(千里浜なぎさドライブウェイ) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その8(終章~寄り道) »