« 白川郷ライトアップと能登の旅その1 序章 | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その3(白川郷) »

2010年2月18日 (木)

白川郷ライトアップと能登の旅その2(飛騨高山)

白鉛色の空が広がる。
飛騨の里 高山は粉雪が舞っていた。

午前中は賑わっていただろう宮川沿いの朝市も
今はすでに店をしまい、寒々しい。

Dscf2200

Dscf2227 粉雪は顔にぽつんぽつんと
あたるたびに、幻のように
すっと溶けていく。
川の堤には、鳩たちが寒さを
凌ぐかのように、ハネをとじ、
声も出さずに寄り添っている。

Dscf2223

Dscf22162 漆黒の古い街並みにも粉雪が舞う。
酒蔵、香り線香のお店、和紙人形の店、甘味処・・。
細い路地に軒を並べる店の前で、
人は賑わい、その身体を互いにかわすかのように行き来する。

Dscf2219

Dscf2208 五平餅を焼く香りだろうか。
しょう油の香ばしい匂いが、
粉雪とともに風にのって、
この路地に舞っている。

戯れにつくられた
家族連れの雪だるまの白が
漆黒の街並みに映える。

Dscf22062 赤い人力車の、
客を呼び込む声が聞こえる。
女性の車夫がそこにいた。

山間の古都の冬の情景は、
懐かしく そして 優しい。

Dscf2221

高山市観光課
住所 岐阜県高山市 花岡町2丁目18番地
TEL(0577)32-3333

(社)飛騨高山観光協会
飛騨高山観光客誘致推進協議会

旅程表
【一日目】
寄居=
飛騨高山(古い街並み散策)=白川郷(光と雪が織りなす幻想的なライトアップ見学)=能登志賀の郷温泉・能登ロイヤルホテル泊
【二日目】
輪島塗漆器工房(見学)=輪島朝市(日本三大朝市を見学)=厳門(昼食/奇勝を散策)=(千里浜なぎさドライブウェイ)=寄居

|

« 白川郷ライトアップと能登の旅その1 序章 | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その3(白川郷) »

コメント

その匂い、みたらし団子じゃないすか?有名ですから。
そうそう高山と言えば、朴葉みそも美味しいですよね~。ホテルに泊まると大概でるけど食べました?
焼肉につけても美味いんですよ~゜*。(*´Д`)。*°
くいて~
・・・すみません、折角詩的に書いたのに、食い物の話ばっかでw

投稿: なち | 2010年2月18日 (木) 11時49分

30年位前の8月に、家族で行った事がありました。
世界遺産に指定されてからは、いっそう賑わっているのでしょうね。
そして何よりlastsmileさんの情景描写の文も写真も素晴らしいです!

投稿: sonata | 2010年2月18日 (木) 14時11分

 ふむ、文章が詩的になっていますねー。
 高山、ふらりと歩くにはいい町ですが、私はもっと暖かいときに行こうっと。

投稿: マサエ。 | 2010年2月18日 (木) 17時21分

なち師匠さま☆

んも~。師匠ったら。
せっかく上品に書いてるのに食いもんばかり・・って、師匠に悪態ついちゃいけませんねhappy02 嬉しいです、こういうツッコミhappy01

朴葉味噌、いいですね!味噌の焼ける匂いがまた食欲そそるし、焼き味噌の旨いこと・・。やっぱ、自分は欲望のママ書いたほうが『らしい』んですかねぇ。

投稿: lastsmile | 2010年2月18日 (木) 22時16分

sonataさま☆

ありがとうございます!!
お褒めいただき、感謝感激です。行かれたのは飛騨高山でしょうか。基本的には変わっていないようです。街並みを大切にしているようで。白川郷は世界遺産ですが、高山の古い街並みはまだ指定されていないようですが、風情はたっぷり!ですよ。でも。。北海道からは来られるのは大変ですよねwobbly

投稿: lastsmile | 2010年2月18日 (木) 22時22分

マサエ。さま☆

しばらくこの文調で旅行記書こうかと思いますが、どうでしょうかねぇ。
あまり肩肘張らずに自然体に書いていきますね。マサエ。さんのアドバイス大切にします!

投稿: lastsmile | 2010年2月18日 (木) 22時25分

5~6年前にこの街並みも散策しましたhappy01あぁ、懐かしい感じconfident
この辺りで食べましたよ~五平餅deliciousソフトクリームもあんみつも・・・coldsweats01

鳩さん、こんなに毛ムクムクでもやっぱ寒いのでしょうかね?!階段の雪の無い所にみんな集まって(笑)

詩人な感じも自然な感じもどちらも良いですよshine
いろんなlastsmileさんがあって楽しいですnote

投稿: leaf | 2010年2月19日 (金) 01時36分

leafさま☆

leafさんも以前に行かれましたかhappy01
古い街並みも人気があって、人の通りも毎年多くなって、休日だとこういう冬期の寒い時とかでないと思うように歩けないようですbearing
あまりに人が多いと情緒よりも、都内の原宿・竹下通りの和風版みたいにならないように、と願ったりします。人気があると人が増える・・やむを得ないんですよね。自分もそんな一人だし・・coldsweats01

投稿: lastsmile | 2010年2月19日 (金) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/47582417

この記事へのトラックバック一覧です: 白川郷ライトアップと能登の旅その2(飛騨高山):

« 白川郷ライトアップと能登の旅その1 序章 | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その3(白川郷) »