« 白川郷ライトアップと能登の旅その5(能登金剛 厳門) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その7(食事) »

2010年2月22日 (月)

白川郷ライトアップと能登の旅その6(千里浜なぎさドライブウェイ)

あたかもTVのCMのような高揚感がある。

砂浜を車が走るのは、オシャレなCMの世界だけかと思ってた。
この「千里浜なぎさドライブウェイ」はそんな子供の遊び心を
思い起こさせてくれるのです。

Dscf2484

銀色に輝く海を横目に疾走する。

車が砂浜に足下とられずに走れるのは、ここの砂浜が
とってもきめ細かくて、波が染みこんで水気を含むと
コンクリート並の固さになるからだそう。
砂浜を走れる道路は、日本ではここだけだそうだ。

Dscf2490_2

フリーウェイ。どこまでも続くような。

バスドライバーも波打ち際のすぐそばを走ってくれたりして。
そんなお茶目な行動に、バスの乗客もやんやの騒ぎになる。
あたかも海遊びをしているかのような楽しい気分になってくる。

Dscf2493 そんな気分もわずか8キロという
短さで終点を迎える。
車もこんなに海の近くまでいると、
潮風で汚れてほっとくと錆びてしまう
そんな現実も忘れてしまいそうな気分

やっぱり潮騒の中、波しぶき浴びて、
車で疾走するっていう、カタルシスは
開放感たっぷりの素晴らしいものがある

Dscf2497

千里浜なぎさドライブウェイ
住所 石川県羽咋市旭町ア200番地 
電話 0767-22-1111
駐車場:無料料金:無料(24時間走行可能)

旅程表
【一日目】
寄居=飛騨高山(古い街並み散策)=白川郷(光と雪が織りなす幻想的なライトアップ見学)=能登志賀の郷温泉・能登ロイヤルホテル泊
【二日目】
輪島塗漆器工房(見学)=輪島朝市(日本三大朝市を見学)=厳門(昼食/奇勝を散策)=
(千里浜なぎさドライブウェイ)=寄居

|

« 白川郷ライトアップと能登の旅その5(能登金剛 厳門) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その7(食事) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白川郷ライトアップと能登の旅その6(千里浜なぎさドライブウェイ):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/02/22 09:32) [ケノーベル エージェント]
羽咋市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 09時32分

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/02/23 09:41) [ケノーベル エージェント]
羽咋市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 09時41分

« 白川郷ライトアップと能登の旅その5(能登金剛 厳門) | トップページ | 白川郷ライトアップと能登の旅その7(食事) »