« 愛らしい小動物達のこまっしゃくれがイカス「スパイ・アニマル Gフォース」 | トップページ | ノリピーもこの温泉に入ればいいのに(笑)三福温泉in創造学園大学 »

2010年3月30日 (火)

グルーヴなピアノJAZZに酔いしれる。レッド・ガーランド「グルーヴィー」

シングルトーン、ブロックコード。
レッド・ガーランドのピアノは熟成されたウィスキーのように芳しく鮮やかだ。そんなピアノをたまに訊きたくなる。レッド・ガーランド・トリオの名盤「グルーヴィ」はそんな欲求を満たしてあまりある。お酒の飲めない自分でもこんな音楽に心地よく酔うことが出来る。

元ボクサーという異色の経歴ならではの時に力強いキータッチ、その軽やかさ。そんなガーランドのピアノの裏で、ベースがしっかりと軽やかにランニングしてくれる。なんという心地の良さ。一体感となるグルーヴ。今ではよくグルーヴ感って音楽の言葉で聞くことが多いけど、このアルバムのタイトルが音楽で使われた始めらしい。1957年に収録された音源だけど今なお色あせない輝きを放つ。

ちょっと疲れたときにこんな音に身を任せても良いかもしれない。

Groovy_2
1. Cジャム・ブルース 
2. ゴーン・アゲイン 
3. ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン 
4. 柳よ泣いておくれ 
5. ホワット・キャン・アイ・セイ・ディア? 
6. ヘイ・ナウ 

「グルーヴィー」
レッド・ガーランド・トリオ

Red Garland Trio - Willow Weep for Me

|

« 愛らしい小動物達のこまっしゃくれがイカス「スパイ・アニマル Gフォース」 | トップページ | ノリピーもこの温泉に入ればいいのに(笑)三福温泉in創造学園大学 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グルーヴなピアノJAZZに酔いしれる。レッド・ガーランド「グルーヴィー」:

« 愛らしい小動物達のこまっしゃくれがイカス「スパイ・アニマル Gフォース」 | トップページ | ノリピーもこの温泉に入ればいいのに(笑)三福温泉in創造学園大学 »