« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(銀山温泉編) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(乳頭温泉 大釜温泉) »

2010年3月19日 (金)

まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(プラザホテル山麓荘)

Dscf6094 銀山温泉からバスに揺られること3時間以上、山形県から宮城県を通過し、一気に秋田県まで。宿泊先のプラザホテル山麓荘に着く頃にはすっかりと闇に包まれていました。田沢湖高原温泉郷は田沢湖を見下ろす駒ヶ岳中腹800mの高原にあり、美しいブナ林に包まれています。

Dscf6056 このホテルの売りである三つの温泉を堪能。まずは露天風呂
雪に覆われたブナ林、この宿の露天風呂はそんなところにある。
ほのかなオレンジ色の灯が雪をやさしく映し、どこかあたたかい。滔々と湯船に流れ落ちる源泉の音だけがこの静かな世界の唯一の音かのよう。

Dscf6038

Dscf6067 立ち上る湯けむり。
独特の硫黄泉の匂い。
体の芯からあったまる。
ほっとからだがくつろぐひととき。
誰もいないこの露天風呂を独り占めする最高の贅沢。

Dscf6063

Dscf6107 酵素風呂は、桧のおがくずと米ぬか等のブレンドに温浴し、50~70度の発酵熱に身を包む温泉療法。素朴なおじさんがスコップでおがくずの中に埋めてくれる。海水浴の砂に埋められるような、全身ぽかぽかと包まれる暖かさと安心感のある圧迫感、おがくずからの薬効が全身にじんわりと染み込んでくるのがわかる。

Dscf6108

朝は内湯の大浴場でのんびりと。浴室に満ちる湯けむりが身体に心地よくリラックスさせてくれました。ほのかに外が青白く明るくなっていく様を感じながら、乳頭温泉から引いた最良質の源泉掛け流しにゆったりとつかる。

Dscf6116 Dscf6122

食事は夜も朝もバイキングではないのはポイント高いけど、ちょっと人手不足で細かいところまで気がつかない感じでした。素材を活かした料理は好感もてました。建物の中がとにかく広くて移動が大変(露天風呂と内湯が離れているし)なんですが、良いホテルだと思いますよ!

Dscf6087 Dscf6089
【夕食】きりたんぽも出ました!
Dscf6143_2 Dscf6147_2
【朝食】
Dscf6136 Dscf6140 

秋田 田沢湖高原温泉郷 プラザホテル山麓荘
住所:秋田県仙北市田沢湖生保内駒ケ岳2-32
電話:0187-46-2131(予約)

1日目)★山寺・立石寺=★銀山温泉街=★田沢湖温泉郷(プラザホテル山麓荘)
2日目)★乳頭温泉郷(大釜温泉)=★田沢湖散策=★角館=★厳美渓

|

« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(銀山温泉編) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(乳頭温泉 大釜温泉) »

コメント

 田沢湖高原温泉郷というのは、田沢湖の回りにある旅館街とはまた違うのね。もっと上の方にあるんだ。あの辺り、温泉たくさんありますからねー。
 普通の温泉もいいけれど、酵素風呂というのが興味津々。気持ち良さそうですねー。じんわり温かいというの、好きです。

投稿: マサエ。 | 2010年3月19日 (金) 09時27分

毎日、素敵な湯にしっかり入って、ご馳走を食べて、凄く豪勢ですね。
近くの温泉にでも行って見たくなりました。

投稿: sonata | 2010年3月19日 (金) 10時40分

lastsmileさん、こんにちは♪
夜のお風呂場。とっても幻想的ですね。
癒されそうです。
このお風呂のお写真、ご自身で撮影?
見つかったら犯罪者ですよ(笑)
私も酵素風呂に惹かれます。
綺麗になれそうですもん(^-^)v

投稿: あばた | 2010年3月19日 (金) 12時50分

マサエ。さま☆

田沢湖高原温泉郷はスキー場がすぐそばにあって、スキー客で賑わう温泉地なんでしょうか。それと乳頭温泉がすぐ近くなので、そこの源泉を引いているようです。
自分も砂風呂は経験したことありましたが、酵素風呂は初めて!!一緒にいたグループの一人が「なんかカブトムシになった気分だな・・」は、まさに言い得て妙happy01

投稿: lastsmile | 2010年3月19日 (金) 14時49分

sonataさま☆

いやぁ。一回の旅行ツアーを1週間かけて記事でアップしてるので、毎日出かけてるみたいですが、実際の平日は、労働基準監督にご指導いただくような日々でしてcoldsweats01
(ちょっとした休憩時間に記事を読んだり返信したりはしてますが・・)

家人のけちけち精神で、どうやら1日オール込みで1万以上はかからない旅行を、という目安があるようですsad sonataさんも温泉天国北海道にいるのですから、楽しんで下さいね!

投稿: lastsmile | 2010年3月19日 (金) 14時55分

あばたさま☆

オレンジ色の灯りとまわりの白い雪とのコントラストで、とっても良い感じでしょ?おかげさま?でお風呂の撮影のコツが掴めてきました。このあとの乳頭温泉もそうですが。。

1.まず誰よりも先に入って(服を着たままでも)、誰もいない状態で速攻で撮る!
2.撮ったらすみやかにカメラは戻す。
3.基本は誰の迷惑もかけないこと。誰も映らないことを前提に撮影。
4.撮影禁止の文言がある場合は絶対に撮らない!(当たり前か・・)

先日の場合は、あまりにも背中が絵になっていたおじさんなのでつい撮ってしまいましたdespair 捕まっちゃうかしら・・意外に小心者れすcoldsweats01

投稿: lastsmile | 2010年3月19日 (金) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/47823840

この記事へのトラックバック一覧です: まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(プラザホテル山麓荘):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/19 09:03) [ケノーベル エージェント]
仙北市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年3月19日 (金) 09時03分

« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(銀山温泉編) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(乳頭温泉 大釜温泉) »