« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(山寺編) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(プラザホテル山麓荘) »

2010年3月18日 (木)

まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(銀山温泉編)

Dscf2982 この温泉街を二つに隔てて
銀山川が流れる。
まだ雪深い里、銀山温泉。

川のせせらぎを見下ろすように
両岸に寄り添いならぶ宿は、
ハイカラな老人のような優しさに
満ちている。

Dscf2993

Dscf6029 遠い春を待ち望むかのように
この冬を愛おしむように。
木造の宿に灯る仄かな灯りが
旅人の影を優しく描く。

前に来たことのあるような。
ずっと前に観たことのある
そんな風景がひろがる。

Dscf6022_3 大正浪漫。
そんな言葉で飾られる銀山温泉。
時代が遺していったノスタルジア。
ちょっとしたタイムスリップ。

Dscf6003

******************************************************
Dscf6019 銀山温泉は、かつて江戸の初期に
大銀山として栄えた。

奥州街道より3里ほど入った山深い
里にあり、尾花沢からは難路1日も
かかるために、やがて銀山の衰退後、
世間とは遮断された仙境となる。

Dscf2996 湯治場として賑わったこの温泉地も
大正に起こった大洪水で壊滅し、
今の洋風木造多層バルコニー建築に
生まれ変わった。

Dscf6027

銀山温泉
山形県尾花沢市
http://www.ginzanonsen.jp/

1日目)★山寺・立石寺=★銀山温泉街=★田沢湖温泉郷(プラザホテル山麓荘)
2日目)★乳頭温泉郷(大釜温泉)=★田沢湖散策=★角館=★厳美渓

|

« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(山寺編) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(プラザホテル山麓荘) »

コメント

lastsmileさん、こんにちは♪
とっても心惹かれる風景ですね。
古き良き時代の面影が残っています。
この風景と雪景色がまたマッチしてます。
見ているだけで癒されます(* ̄ー ̄*)

投稿: あばた | 2010年3月18日 (木) 12時44分

 外は雨ですが、未だ雪が残っているのですねー。昔の銀山の跡ですか。きっと江戸時代には栄えていたのでしょうね。
 下の写真の旅館、あの窓の絵、レトロでいいですね。ああいうのって、いつ頃の流行りなんだろうか。
 

投稿: マサエ。 | 2010年3月18日 (木) 15時16分

江戸時代から銀の採掘で繁栄した頃の温泉宿の賑わいが聞こえてくるような写真です。
2階の軒下にずらりと並んでいる絵を見たいです。
もう居ませんが、父母は大正生まれなので、きっとこんな建築様式の宿を何処かで見て居たのかもと想像しました。

投稿: sonata | 2010年3月18日 (木) 16時38分

ほんとにすてきですねhappy01
時間の流れまでちがうような雰囲気が
すてきな写真から伝わってきます。

雪が似合う街なんでしょうね。
いい季節に行かれましたね♪

投稿: Vino | 2010年3月18日 (木) 19時56分

あばたさま☆

デジャブというんですか、遠い昔に見た風景を彷彿とさせてくれましたよー。雪深い里にぽつんと出てきた温泉街は、白い雪景色と湯気がとっても似合ってましたhappy01
まさに時忘れの里ですね!

投稿: lastsmile | 2010年3月18日 (木) 22時20分

マサエ。さま☆

漆喰装飾はこて絵といわれるもので、こてを使った左官職による細工です。伊豆だと「伊豆の長八」という天才名工が素晴らしい作品を遺していますよ!江戸の中期から徐々に広まったみたいですね。左官職人の芸術技です!

投稿: lastsmile | 2010年3月18日 (木) 22時29分

sonataさま☆

2階にずらりとこて絵の並んでいる宿は、能登屋旅館といって、国の登録文化財となっている有名な宿です。残念ながら時間もあまりなくてじっくりとこて絵を鑑賞できませんでしたが、大正浪漫とも言える独特の色遣いもまたキレイでしたよ!

投稿: lastsmile | 2010年3月18日 (木) 22時34分

vinoさま☆

はい~happy01 高度成長期やバブル期などに変に手を入れず、設備投資をせずに、独自の世界観を築いたからこそ、他と比類なき情景を守って来れたのだと思います。かけがえのない素晴らしい文化だと思いました♪

投稿: lastsmile | 2010年3月18日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/47811419

この記事へのトラックバック一覧です: まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(銀山温泉編) :

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/18 09:07) [ケノーベル エージェント]
尾花沢市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年3月18日 (木) 09時07分

« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(山寺編) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(プラザホテル山麓荘) »