« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(序章) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(銀山温泉編) »

2010年3月17日 (水)

まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(山寺編)

Dscf2899山形領に立石寺という山寺がある。
その昔、慈覚大師が開かれた寺で、
「清らかで静かな所だから、一度
行って見てはどうですか」
と人に勧められ尾花沢から踵を返し
訪ねてみることにした。
 
 

Dscf2915
Dscf2901 歩くこと7里ほど、着いた時には、
日はまだ暮れる前であった。
まずは麓の里で宿を借りておいて
山上の堂にのぼる。
 
 
 
 

Dscf2929_2

Dscf2908 しかしその参道の険しさといったら。
岩の上にさらに岩が重なり合って
山となり、松やひのきは老大木となり
長い歳月で足元も苔におおわれる。
切り立った岩上に建てられたお堂は
みな扉を閉ざし物音一つ聞こえない。
崖を回り、岩を這って仏堂に詣でた。
 

Dscf2967 

Dscf2918 すばらしい景観は静寂に包まれ、
心が澄み透っていくかのようだ。
 
閑さや 岩にしみ入る 蝉の声
 
松尾芭蕉「奥の細道」より
(自分なりに現代語で訳しました。)

 

Dscf2907
Dscf2966 この日は小雨の降る空模様。
幽玄な情景が霧雨で煙り、一層
幻想的な世界を描いていた。
700段を超える石段をほっほっと
息を弾ませて登り、振り返ると
霧に包まれた世界が美しく広がる。
 
 
 

Dscf2952_4
宝珠山立石寺(通称 山寺)
山形県山形市大字山寺4456-1
http://www4.dewa.or.jp/yamadera/

1日目)★山寺・立石寺=★銀山温泉街=★田沢湖温泉郷(プラザホテル山麓荘)
2日目)★乳頭温泉郷(大釜温泉)=★田沢湖散策=★角館=★厳美渓

|

« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(序章) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(銀山温泉編) »

コメント

 立石寺、松尾芭蕉も来たのですね~。薄霧がかかって、とても幽玄な感じがする山寺ですねー。世俗とかけ離れた、こんなお寺もいいですね。

投稿: マサエ。 | 2010年3月17日 (水) 12時01分

いや~ホント幻想的だなあ。中国の墨絵のような風景じゃないですか。
でも、小雨が降って、芭蕉先生も寒そうです。

投稿: なち | 2010年3月17日 (水) 12時02分

立石寺は1度訪れたいと思っていましたが、写真を見ると凄い断崖絶壁の頂上にあるのですね。素晴らしい景色です。
小雨の石段は滑りませんでしたか。

松尾芭蕉は、幾つの時にここを訪れたのでしょうか。元気だったんですね~。

投稿: sonata | 2010年3月17日 (水) 12時11分

マサエ。さま☆

この寺はあの有名な、閑さや・・の句を詠んだ場所なんですね。説明の立て札も立っていました。やはり東北には芭蕉の遺した足跡がまだまだあるようですよ。

投稿: lastsmile | 2010年3月17日 (水) 23時07分

なち師匠☆

小雨に煙る気象状況が、いっそう山寺を現世のものではないように感じさせてました。石段を登っているうちに、運動で身体が熱くなっちゃいました・・。きっと芭蕉先生も・・。

投稿: lastsmile | 2010年3月17日 (水) 23時13分

sonataさま☆

写真で見るよりも実際に訪れると断崖の険しさや絶景感はずっとありますよ。見上げるばかりの断崖の上にある宮の、その圧倒さは写真の枠じゃうまく撮れませんでした。
かなり整備されている今の石段ですらこの大変さなので、芭蕉の健脚さに驚かされますね!

投稿: lastsmile | 2010年3月17日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/47805800

この記事へのトラックバック一覧です: まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(山寺編):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/17 09:01) [ケノーベル エージェント]
山形市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年3月17日 (水) 09時01分

« まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(序章) | トップページ | まだ雪残る出羽へ。秋田・山形旅情記(銀山温泉編) »