« 全国駅弁大会とうまいもの市@仙台 藤崎 | トップページ | 新潟 タマのお薦め?のランチ@旬鮮酒場 天狗 »

2010年4月 4日 (日)

舞い散る桜は、過去も未来も時空を超えて「時をかける少女」

335398view006 高校生のあかり仲里依紗)は、母の和子安田成美)が薬学の研究員として勤めている大学を受験し見事に合格する。喜ぶ和子のところに幼なじみ吾朗から一枚の写真が届けられ、その写真に写っていたのは・・。動揺する和子は上の空の状態で、不注意から交通事故に遭ってしまい、意識不明の昏睡状態。

335398view001 母娘二人暮らしのあかりは、突然の母の容体にどうしていいのか戸惑うばかり。意識の戻らぬ母を見舞うある日、母は一瞬意識を取り戻した。「行かなくちゃ」うわ言のように呟く母の代わりに、あかりは「1972年のある日」にある人へメッセージを届けることに。しかし勘違いで「1974年」へタイムリープ・・。

・・・・・・・・・

335398view007 ご存知、筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」原田知世版の続編として作られた青春映画。前作では主人公だった母 和子の願いを叶えるべく、今度はその娘が「時をかける」ことになるのだけど、母の想いと自分の想いを切なくも暖かく交差させながら、伝えようとするあかり役の仲里依紗の好演が光る。

335398view008 そしてあの曲。「過去も、未来も、星座も越えるから」このメロディーが流れると切なくも心が暖かくなってしまう。深町くんという存在もまた「謎の転校生」的ミステリアスな昭和テイスト。昭和50年の時代の色々な風景や街並み、アイテムも懐かしかったが、時空を超えて散りゆく桜の花の儚さがあまりに印象的。

時をかける少女 7点 ★★★☆

Tokikake2010_1_1b

|

« 全国駅弁大会とうまいもの市@仙台 藤崎 | トップページ | 新潟 タマのお薦め?のランチ@旬鮮酒場 天狗 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞い散る桜は、過去も未来も時空を超えて「時をかける少女」:

« 全国駅弁大会とうまいもの市@仙台 藤崎 | トップページ | 新潟 タマのお薦め?のランチ@旬鮮酒場 天狗 »