« 信州白濁の名湯を訪ねて(6)乗鞍高原温泉 民宿 山栄荘(料理編) | トップページ | 信州白濁の名湯を訪ねて(8)善五郎の滝と水芭蕉 »

2010年5月11日 (火)

信州白濁の名湯を訪ねて(7)白骨温泉小梨の湯 笹屋

Dscf0752 お世話になった山栄荘を後にして再び白骨温泉へ。
ここは是非行ってみたかった温泉、白骨温泉の笹屋です。だって旅行雑誌や温泉雑誌で、白樺林に囲まれたとっても素敵なお風呂写真が紹介されてるので、家人に行ってもらえないかお願いして(弱いな、おめぇ)。

だってこんなに素敵なお風呂の写真ですもの(笹屋 ホームページより転用)

Spa_p01

Dscf0796 期待一杯に白船へと戻ります。もうこのスーパー林道も慣れました。場所は昨日の泡の湯、丸栄旅館のすぐそば、道路から路地に入ったところにあります。もちろん一番乗りで誰もいません(一番乗りが好きだなぁ・・)。最初は貸切露天風呂から。(今のうち、今のうち・・)

Dscf0768 別棟になっている露天風呂へと上がっていきます。白樺林に囲まれて、昨日の雪がまだ残っています。熊笹があちらこちらに生えてて野趣たっぷりです。ややこぶりの露天風呂ですが、そのぶんお湯もぬるくなく、身体の芯からほっとするよな暖かい源泉が掛け流し。

Dscf0764

Dscf0787 露天風呂の次は期待の内風呂です。あの美しい白樺林に囲まれた温泉が堪能できます!・・ってあれ?これですか?あの~写真と違いすぎますが。ああ写真は女湯の「姫の湯」って書いてあるし、こちらは男湯だけど。ちょっとイメージの差にガッカリモードですが、それでも白船の名湯を満喫。

Dscf0795

ま、結果的に広告に吊られてやってきたんですが・・、お風呂は写真とは違ったけど温泉泉質は本物でした!無理に女性に好まれそうな写真にしなくてもいいのにな、そんな気持ちです。宿の従業員の皆さんもとっても優しい人ばかりでした。

Dscf0799

Dscf0748 日本秘湯を守る会
源泉湯宿を守る会

小梨の湯 笹屋
日帰り入浴/11:00~14:30 一人600円
長野県松本市安曇野白骨温泉
TEL.0263-93-2132(代)

http://konashinoyu.com/

|

« 信州白濁の名湯を訪ねて(6)乗鞍高原温泉 民宿 山栄荘(料理編) | トップページ | 信州白濁の名湯を訪ねて(8)善五郎の滝と水芭蕉 »

コメント

>無理に女性に好まれそうな写真にしなくてもいいのにな
仮にもアノ会社に勤めていて、それはないでしょう。世の中そういうモノですよ。
だから、口を酸っぱくして言ったじゃないですか、真に受けるなって!!

投稿: なち | 2010年5月11日 (火) 10時23分

♪lastsmileさん、こんにちは♪
温泉ってその効能だけじゃなく、そこから見える風景も楽しみの一つですね。
宣伝写真に惹かれて行ったのにイメージと違ったのは残念(--
でも露天風呂はステキだったみたいだし、お湯もよかったようなので、ここは正解だったかも。

>無理に女性に好まれそうな写真にしなくてもいいのにな

いえいえ、消費のカギを握るのは女性ですから、女性の心を掴んでこそですよ。
lastsmileさんもお伺いをたててたじゃないですか(笑)

投稿: あばた | 2010年5月11日 (火) 12時34分

 確かに、写真を見て旅行先を決めることってよくありますよねー。だから、私も送られてくる旅行雑誌をいろいろ見ちゃうんだなー。
 内風呂よりもこの露天風呂の写真の方が私は気に入りましたが、今回は奥様にカメラを渡して内風呂の写真を撮ってもらった方が良かったかなー。でも、男湯のガラス窓から見える白樺林も良いですよ~。

投稿: マサエ。 | 2010年5月11日 (火) 18時01分

白骨温泉の笹屋は有名ですよね。温泉が満喫できて良かったですね。白骨温泉のお湯は本当にいいそうです。。。

投稿: ノリのり | 2010年5月11日 (火) 19時13分

なち師匠☆

はは!
そうでした、師匠。勤務先の仕事が、こうやって皆さんに夢を与えた後、どすんと現実を落としているかと思うと、贖罪の気持ちでございます。いちはやくアコギな仕事から離脱に成功した師匠の後を追う日が来るのか・・。広告とは罪なものでございまする。

投稿: lastsmile | 2010年5月11日 (火) 21時10分

あばたさま☆

そーですよね♪ やっぱり癒しは良い温泉であることもタイセツですが、目や耳、そして五感で感じるものも大切!
雪の白樺林を通り抜ける一陣の風に、火照る顔も爽やかな気持ちになります。あと、従業員の気遣いはここは良かったですね~。多少施設が悪くても料理が悪くても・・なんか許しちゃう。これも大切なポイントですよね。

たしかに消費の鍵は女性。うちの場合、独裁政権ですからねぇ・・。

投稿: lastsmile | 2010年5月11日 (火) 21時17分

マサエ。さま☆

やっぱ、限られた情報の中では写真ってホント重要ですよね。長井説明文よりも一枚の写真。それだけに写真を見たイメージを自分の中で膨らますと・・現物を見た時の差が「がっかり度」になっちゃうんですね~。

マサエ。さんも前にコメントもらいましたが、写真だとそれ単体で写ってるから、小さかったり周りの造形物でよく見えなかったり。

奥様はぜったいそんな面倒なことはしてくれないです~。ましてや女性のお風呂にカメラ持ち込んだら、大変なことになりそーですしね。

投稿: lastsmile | 2010年5月11日 (火) 21時24分

ノリのりさま★

やっぱ、笹屋も有名ですかぁ。ノリのりさんがいうならそーなんでしょうね。メッタに来れるような場所じゃないので、どこにしよーか相当悩みました・・。結果的にどこも空いててホント、ラッキーでした♪

投稿: lastsmile | 2010年5月11日 (火) 21時27分

こんにちは(*^。^*)。
写真と実物の落差ってありがちですが
こちらは、男女間格差も反対なのですね。
大抵は女性湯の小ささにガッカリするものですが‥。
フムフム、行ってみたくなりました(*^。^*) 笹屋さん。
女湯で写真撮るのはなかなか苦労があります。
混んでる時は、人がいなくなるまで待ってのぼせる事も‥。
最近はずうずうしくなって
少人数ならお願いして撮らせてもらっちゃいます。(^_^;)
その点男性は、カメラ向けても大らかそうで羨ましいです。

投稿: おじゃる☆ | 2010年5月12日 (水) 08時02分

おじゃる☆さま☆

以前は女性風呂の小ささに「男女不平等」を感じていましたが、やはり消費リーダーシップをとってるのが女性だと広く認知され、むしろ女性の方を広く立派にする方向にありますね。ま、宿とかに来ると男は酔っぱらってろくに温泉の良さとか考えずにさっと出てしまいますし、泥酔して風呂入らず・・てのも。
おじゃる☆さんは女湯での撮影なんで私なんかよりもずっと大変なんでしょうね・・。記事から苦労が偲ばれますよ・・。

投稿: lastsmile | 2010年5月13日 (木) 03時35分

はじめましてこんにちわ!

笹屋さん 宿泊検討してて
こちらにたどりつきました^^


って・・・
あのお風呂 女湯だったんですね×0×

日替わり・時間帯で入れ替わりなど
あったら嬉しいんですけどね^^;
あの内湯、入りたかったな~

投稿: ココガイイカモ | 2011年9月10日 (土) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/48274887

この記事へのトラックバック一覧です: 信州白濁の名湯を訪ねて(7)白骨温泉小梨の湯 笹屋:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/11 10:29) [ケノーベル エージェント]
松本市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月11日 (火) 10時29分

« 信州白濁の名湯を訪ねて(6)乗鞍高原温泉 民宿 山栄荘(料理編) | トップページ | 信州白濁の名湯を訪ねて(8)善五郎の滝と水芭蕉 »