« 信州白濁の名湯を訪ねて(5)乗鞍高原温泉 民宿 山栄荘(お風呂編) | トップページ | 信州白濁の名湯を訪ねて(7)白骨温泉小梨の湯 笹屋 »

2010年5月10日 (月)

信州白濁の名湯を訪ねて(6)乗鞍高原温泉 民宿 山栄荘(料理編)

Dscf0639 イカスおっちゃんの源泉民宿「山栄荘」を土曜なのに宿貸し切り状態で、たっぷり温泉三昧ですが、食事が意外にも(失礼!)美味い!これは驚いた。山里の民宿でおっちゃんの手料理なんでそんなに期待していなかったんだけど、こんなにおいしい宿の料理を食べたのは久しぶりでした。

Dscf0650 料理内容は、鴨鍋を中心に朴葉味噌の牛焼き肉、馬刺、虹マス笹蒸・山菜の天ぷらなど・・取り立てて珍しい料理があるわけではありません。しかしいわゆる家庭料理にちかい献立ともいえますが、それでも合鴨の肉、牛肉、馬刺肉。いずれも肉厚で「とってもおいしいです」(AD堀くん)。それに山菜天ぷらが美味い!!

Dscf0648
Dscf0645 Dscf0646

Dscf0647 馬刺しの厚み!それにとっても食べやすくて、馬刺しってこんなにおいしいものなんだって感動。牛肉もしっかりと肉厚で朴葉味噌がまた良い味なんでこれもサイコーでした。大満足の夕ご飯。ご飯もお替わりしてしまいました(食べ過ぎ・・)

Dscf0661
Dscf0657

Dscf0674_2 朝食はシンプルな献立ながらご飯がうまい。お米もさることながら、炊き方が違うんでしょう。無口なおっちゃんはあまり語りません。耳も遠いので会話がおっくうなかもしれないですね。おっちゃんにこの地で民宿にやる前のこと訊いてみると言葉少なに照れくさそうに教えてくれました。

Dscf0709

Dscf0702 食堂にあった数々の色紙やお礼のメッセージ。学校の林間学校として愛用されているんでしょうね。おっちゃんを無愛想としてみてしまうか、無口だけど素朴な人柄とみるかは分かれそうだけど。東京で料理人として、喧噪の中からこの地に民宿をつくって自然と生きている、いかしたおっちゃんでした。

Dscf0694

Dscf0714 山栄荘
一泊二食 7,800円
(消費税込・入湯税150円別)

住所:長野県松本市安曇4085-68
電話:0263-93-2715
源泉:単純硫黄温泉(硫化水素型)
   弱酸性低張性高温泉

http://www.mcci.or.jp/www/saneiso/

|

« 信州白濁の名湯を訪ねて(5)乗鞍高原温泉 民宿 山栄荘(お風呂編) | トップページ | 信州白濁の名湯を訪ねて(7)白骨温泉小梨の湯 笹屋 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州白濁の名湯を訪ねて(6)乗鞍高原温泉 民宿 山栄荘(料理編):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/10 10:19) [ケノーベル エージェント]
松本市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 10時19分

« 信州白濁の名湯を訪ねて(5)乗鞍高原温泉 民宿 山栄荘(お風呂編) | トップページ | 信州白濁の名湯を訪ねて(7)白骨温泉小梨の湯 笹屋 »