« カレーとタマと中村さん。@新潟 インド&ネパール料理店「チャンダニィ」 | トップページ | 適当な距離感と優しい嘘が暖かい美容院「パーマネント野ばら」 »

2010年5月28日 (金)

カブがユウの道を拓きユウがカブの壁を壊す。「ボックス!」

335611view014 恵美須高校進学科の優等生で優しい性格のユウキ高良健吾)が、帰宅途上でちんぴらに絡まれる。そこに現れ、助けたのは同じ学校の生徒。彼は幼なじみのカブ市原隼人)だった。ユウキが子供の頃、転校して以来の再会。偶然同じ高校だったこともあり、カブは腕力に自信のないユウをボクシング部に誘う。

335611view004カブと一緒なら・・、カブのように強くなりたい・・)ユウキは全くの初心者ながら、天才肌のカブの姿を見ながらコツコツと日々練習を積んでいく。連戦連勝、圧倒的な強さのカブの前に現れたのは、超高校級の強さを持つ稲村。稲村はカブをKOし、カブはそのショックでボクシングを辞めてしまう・・。

*******************************

335611view006 百田尚樹氏の同名の人気小説を映画化した青春映画は、気弱なユウキとやんちゃなカブの、正反対の性格の二人の友情と、それを見守るマル谷村美月)の気持ちがとっても暖かい。そして二人の前に立ちはだかる稲村と、3人は異なる階級をクロスオーバーしながら、最後はフェザー階級に集結し、雌雄を決する。

335611view023 ライバル稲村役を演じたのはプロボクサーだそうで動きが違う。でも市原隼人も相当練習したのか元々才能があるのか、動きのキレが素晴らしい。スタント無しの試合シーンは迫力満点!一度道を見失い、更にやんちゃになったカブを救ったのは、マルとユウキの存在。変に恋愛シーンを入れなかったのが◎。

335611view021 期待をしないで見たけど、ホントに素晴らしい映画だった。ただ一点、文句は、あの世界チャンプのボクサー出演シーン。それまで感情移入し盛り上がっていた気持ちが一気にクールダウン。また黙っていればいいのに、「がんばって」と下手なセリフに(なぜ起用したの?)そんなことが気になって。。残念だぁ。

「ボックス!」 7.5点★★★★ (あの世界チャンプが残念▲1点)

Box_1_1b

|

« カレーとタマと中村さん。@新潟 インド&ネパール料理店「チャンダニィ」 | トップページ | 適当な距離感と優しい嘘が暖かい美容院「パーマネント野ばら」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カブがユウの道を拓きユウがカブの壁を壊す。「ボックス!」:

» 命を感じる拳~ボックス!~ [日々を奏でる]
映画「ボックス!」を観ました。高校のアマチュアボクシング部所属の体育科の鏑矢義平・カブ(市原隼人)は怠け者ながらも天性のセンスを持ち、試合は連戦連勝。一方、カブとは幼なじみで進学科の秀才 木樽優紀・ユウキ(高良健吾)は子供の頃から腕力には自信がなかったが、... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 13時09分

« カレーとタマと中村さん。@新潟 インド&ネパール料理店「チャンダニィ」 | トップページ | 適当な距離感と優しい嘘が暖かい美容院「パーマネント野ばら」 »