« スズメバチに助けられっぱなしの名探偵カッレ君「ミレニアム~ドラゴン・タトゥーの女」 | トップページ | 鉄の聖地?@碓氷峠鉄道文化むら(2) »

2010年5月18日 (火)

鉄の聖地?@碓氷峠鉄道文化むら(1)

Dsc000092 GW真っ只中(いつの話だ、今頃・・)、行ってきました、鉄っちゃんの聖地でもある碓氷峠鉄道文化むら・・。朝まだ早いので渋滞とまでは行かないけど、車の量はかなりのもんな上信越自動車道を松井田妙義インターでおりて10分ほど。横川駅の峠の釜飯で有名なおぎのやの前に、その聖地はさりげなくあります。

Dsc00013 早朝から多くの家族連れが入園していてるようで、駐車場の係りのおじさんに誘導されて少し離れた場所に駐車。時間はまだ朝9時過ぎなのに・・。とはいえまだまだこれから混み出すだろうからと、最初にトロッコ列車に乗ってしまおうと(いや、別に乗るのは義務じゃないけど・・)トロッコ乗車待ちの列に並びます。

Dsc00034_2 トロッコ列車シェルパ君は、この鉄道文化むらを出発して、旧信越本線の下り線を使って運行しているトロッコで、碓氷峠の自然を満喫しながら旧丸山変電所とかいう施設を見学しつつ、2.6kmのトロッコ列車の旅を楽しむものです。

Dsc00028

Dsc00027_2 楽しむっていっても、この人の数・・。モチロン席も余裕なく、朝の通勤ラッシュとまでは行きませんが、結構な混み合いで遊びに来たのか分からない状況でトロッコはトコトコと登っていきます。変電所は煉瓦造りのレトロな建物、列車は5分ほどと待って、その間に乗客は見学したり記念撮影したりしています。

Dsc00038

Dsc00101 文化むらの施設で自分がお気に入りなのが、園内鉄道資料館の1Fにあるジオラマコーナー。かなり大掛かりな鉄道ジオラマで、碓氷峠を再現しています。有名なめがね橋もしっかりあったりします。そこで1時間おきに朝、昼、夜とシーンが替わりながら色々なHOゲージの列車、電車が自動に走るデモが楽しめます。

Dsc00052

Dsc000912 夕暮れの茜色に染まった中を走るミニチュアたち、闇の中を疾走する鉄道模型の走りを子供だけじゃなくて大人も一緒に楽しんでます、いや大人の方が楽しんでるかも・・。効果音もいいんですよ、旅情たっぷりでね。

Dsc000942

Dsc00106 お土産コーナーには結構レアなグッズもたっぷりとあって、ちょっと買う気にはなりませんが、興味津々で観てしまいます。しかし線路を枕木に押さえつける釘は1本500円というのは・・。いったい売れるんだろうか・・買うひとがいるんだから売ってるんだろけどね。そう考えるとなんか欲しくなりました(笑)つづく。

Dsc001092

Dsc000602 碓氷峠鉄道文化むら
群馬県安中市松井田町横川407-16
電話 027-380-4163(代)
入園料500円
※トロッコ列車往復乗車込入園料1300円

http://www.usuitouge.com/bunkamura/

|

« スズメバチに助けられっぱなしの名探偵カッレ君「ミレニアム~ドラゴン・タトゥーの女」 | トップページ | 鉄の聖地?@碓氷峠鉄道文化むら(2) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄の聖地?@碓氷峠鉄道文化むら(1):

« スズメバチに助けられっぱなしの名探偵カッレ君「ミレニアム~ドラゴン・タトゥーの女」 | トップページ | 鉄の聖地?@碓氷峠鉄道文化むら(2) »