« 人の数だけ語られる真実がそこにある。「告白」 | トップページ | 激辛度はお店のものと変わらず超一級品!デリー上野店のカシミールカレー(レトルトパック) »

2010年6月22日 (火)

ダウニーのボンボンぶりが魅力「アイアンマン2」

335567view005 科学者兼巨大軍需企業経営者のトニー・スタークロバート・ダウニー・Jr)は、アイアンマンであることを隠していたが、隠しきれずに自らの正体を明かすことになった。公表してからも世界のトラブルにその身を削りながら平和に貢献していたが、アイアンマンアーマーの強力さと個人介入に疑問も持たれていた。

335567view002 合衆国はトニーにアイアンマンスーツを引き渡すように要求され査問会に呼び出されるが、彼は強硬に拒否をした。しかし彼の肉体は、そのアイアンマンとしての酷使で、生命維持装置でもあるアーク・リアクターの副作用により毒素に犯され続けていた。そんな時、彼の前にイワン・ヴァンコという男が現れる・・。

***********************************

335567view001 ロバート・ダウニー・Jrという役者の魅力全開の映画だ。彼のかっこいいけど、だらしなくって、女性に甘くてのんびり屋的な雰囲気が、このトニーという役にピッタシと思える。研究開発者である親が大きな軍需企業を創り出し、彼はそこのおぼっちゃま、ボンボンである。ボンボンぶりがホントに板に付いてる。

335567view006 好きなこと(アイアンマンとしての活動)は喜んでやるが、嫌なこと(社長業)は面倒くさくて誰かに押しつけたくてしょうがない。子供のようなその性格が、この危機的状況をシリアスにせずに楽しく見せてくれる。あと、スカーレット・ヨハンセン。謎の秘書。これがまたかっこよく強い、魅せてくれます!

335567view013 全体に流れる音楽はAC/DCが演奏するヘビメタ!こんなシンプルでスカッとする映画にはこんなロックが疾走感を増してくれるんだ。ちなみにAC/DCっていうバンド名は、電気製品の裏側に書かれてる「AC/DC」から。バンドのヤング兄弟の姉が掃除機の喧しさに例えて付けたとか。アイアンマンとは関係ないけど。

アイアンマン2  7点 ★★★☆

Ironman2_1_1b

■■■ブログお友達の記事■■

あばたさん  ♪アイアンマン2♪

あばたさん、コフィーさん、観てきましたよ♪

|

« 人の数だけ語られる真実がそこにある。「告白」 | トップページ | 激辛度はお店のものと変わらず超一級品!デリー上野店のカシミールカレー(レトルトパック) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダウニーのボンボンぶりが魅力「アイアンマン2」:

« 人の数だけ語られる真実がそこにある。「告白」 | トップページ | 激辛度はお店のものと変わらず超一級品!デリー上野店のカシミールカレー(レトルトパック) »