« ド素人ですがなにか?@ワールドカップの思いつき予想・・。 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(2)湯の平温泉 松泉閣 »

2010年6月 5日 (土)

吾妻の自然と癒しを訪ねて(1)吾妻渓谷

Dsc00424 5月の過ぎ去りしとある休日、吾妻へと出かけてきました。
最初に訪れたのは吾妻渓谷
「耶馬渓しのぐ吾妻峡」
(上毛かるた)

Dsc00429

Dsc00445 上毛かるたというのは、上野の国=群馬の土地にちなんだ事柄を読んだかるたです。そこには、吾妻渓谷は、新日本三景と謳われた大分の名勝地 耶馬溪にも勝ると読まれてます。確かに「関東の耶馬溪」との異名もあるようで、若山牧水も愛した景勝地としても有名だそうです。

Dsc00446

Dsc00431 新緑豊かな吾妻渓谷は眩いばかりの緑に包まれていました。遊歩道はあるのですが、遊歩道と言うほど、けっして遊んで歩くなんて無理だよ、という感じの勾配です。山の斜面もきつく、手すりをしっかりとつかんで下りていきます。吾妻川の渓流の音が聞こえてくると、赤い鹿飛橋が見えてきます。

Dsc00430
Dsc00435

Dsc00453 本当なら吾妻川の渓流に沿って散策したいのはやまやまですが、家人が疲れるから嫌だ!とはっきり言われ・・。しょせん、ヘタレなんで渓谷の中の遊歩道を散策することなく、車を停めたところまで戻り、渓流に沿って車で移動とあいなりました。次のビュー・ポイントは白糸の滝

Dsc00440

Dsc00457 川原湯温泉駅まで来て、そこから滝の見える所まで車で移動。歩かなくても良いように、細い山道をできるだけ車で進んでいきます。この大自然の中、なんか間違ってるような気もしますが、そんなこと、間違っても口にすることは出来ません。細く流れ落ちる美しい滝が白糸の滝です。

Dsc00460

ということで、吾妻渓谷の散策はおしまい。続いては温泉だよ~♪
(散策してないジャン・・)

|

« ド素人ですがなにか?@ワールドカップの思いつき予想・・。 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(2)湯の平温泉 松泉閣 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻の自然と癒しを訪ねて(1)吾妻渓谷:

« ド素人ですがなにか?@ワールドカップの思いつき予想・・。 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(2)湯の平温泉 松泉閣 »