« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(2)湯の平温泉 松泉閣 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(4)四万の甌穴 »

2010年6月 7日 (月)

吾妻の自然と癒しを訪ねて(3)あの!尻焼温泉

Dsc00548 尻焼温泉。なんてインパクトのあるお名前。一度聞いたら忘れなそうですが、たぶん忘れるでしょう。群馬だと有名なんですがね。他県の人は知らないだろうなぁ。けっしてHな温泉ではありません、あしからず。とはいえかなり開放的な温泉ではあります。それは追って説明するとして。まずは尻焼温泉 関晴館

Dsc00549 行き方は、湯の平温泉から野尻湖に向かい、花敷温泉方面で左折すると尻焼温泉です。まずは日本秘湯を守る会の関晴館の日帰り入浴です。玄関で声をかけても誰も出てきません。しばらくは人の様子を探っていると、何人か農作業をしてたようです。長閑ですねぇ。ほっかむりをとりながら笑顔で迎えてくれました。

Dsc00567 まだ誰も入っていなく、お湯の張り具合を見てもらってOKがでたので、いざ一番湯。内湯をスルーして絶景パノラマの露天風呂を贅沢な独り占めです。とにかく源泉の量が凄いです。叩きつけるかのように湯船に落ちて、湯煙がもうもうとしています。眼下には川のせせらぎと野趣溢れる木々の自然に満ちてます。

Dsc00563
Dsc00572

Dsc00579 しばらくは豪快な源泉を眺めながら大自然の露天で寛いで、せっかくですから内湯でものんびりとつかります。内湯とはいえ大きく開放的な全面ガラス窓で、半露天のようなもの、陽射しを避けながら周囲の自然を楽しむにはコレもありですね。湯量も凄いけど泉質の良さも分かります。お薦めですね。

Dsc00552

尻焼温泉 関晴館
Dsc00574_2住所:群馬県吾妻郡中之条町
   大字入山1539
電話:0279-95-5121
風呂:内湯男女各1、露天男女各1
   
(時間入替制)
泉質:カルシウム・ナトリウム-
   硫酸塩・塩化物温泉
日帰り入浴料:500円

  

Dsc00590 さて。尻焼温泉、その名前の由来です。この地に流れる長笹川の川床から湧き出る温泉が、お尻が焼けるように熱かったため、「尻焼温泉」と言われるようになったそうな。つまり!ここは川の中に温泉「川の湯」があるんです!!川に巨大な露天風呂があり、その脇には小さな湯小屋もあります。

Dsc00592
川の岸とかにぽつりぽつりと入浴している人影、分かります?

Dsc00591 一説には痔を治したから尻焼温泉とも。基本的には混浴露天風呂ですが、こんな川の中ですので、水着着用OKです。川遊び的な雰囲気もありますね。それでも温泉通名人は、裸で入浴しており(男女問わず!)、それなりのエチケットも必要ですね。え?自分?もちろん!・・入れません!遠くから見てるだけ~。

Dsc00593

Dsc00594 尻焼温泉川の湯(川だから無料)

泉質:カルシウム、ナトリウム、
   硫酸塩、塩化物温泉、
源泉温度:53℃~56℃

|

« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(2)湯の平温泉 松泉閣 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(4)四万の甌穴 »

コメント

lastsmileさん、こんにちは♪
そうでなくてもしんどい月曜。
朝から電車が事故でストップ。
この曇り空、もうイライラしてたところに、この絶景!!!
ホント、癒されます(^-^)v
お尻が焼けるほど熱いお湯?
出来ればこの絶景をのんびりと味わえるぬるめのお湯がいいな~。
ああ~。
この湯に浸かってもっと癒されたいですぅ~。

投稿: あばた | 2010年6月 7日 (月) 12時35分

昔、秘湯っぽいとこに行きたいなあ~と探していた時に、この尻焼温泉を知りました。
(今は入れなくなった)修善寺“独鈷の湯”の、橋の上の通行人に丸見えやんけ!な状態に比べればマシかもしれませんが、なかなかこの手の温泉に全裸で入れませんよ~。
と、思って止めた記憶があります(^^;
ま、ただ、わざわざ行ったからには、水着着用でも、バスタオル巻いてでも入りますけどね!川だし。

投稿: なち | 2010年6月 7日 (月) 13時09分

 群馬県って温泉が多いのですねー。まあ、山があるからねー。愛知県は山と言えるほどのものは無いので、温泉も少ないのよねー(名古屋のど真ん中でも地下深く掘れば出るらしいが)。
 川の中の温泉、時々ありますねー。水着着用なら川遊び感覚で入れるかな?。でも周りが裸だと、ちょっと無理だなー。私もたぶん遠くからチラッと。
 

投稿: マサエ。 | 2010年6月 7日 (月) 16時40分

あばたさま☆

自然はイライラしたストレスを癒してくれますよね~。月曜のいらつき感を取り除くのにお役にでも立てたらサイコーです!

ちなみに実は今日小雨の降る大阪にいました。御堂筋からナンバ辺りを歩いてたんですよ。でもね、今は新潟・・。早朝、群馬で、昼前に大阪、そして夜は新潟・・。そんな生活ストレス溜まっちゃいます・・温泉に浸かりたいっし(>_<)

投稿: lastsmile | 2010年6月 8日 (火) 00時03分

なち師匠☆

修善寺“独鈷の湯”はまさに晒し者状態ですな。もし今でも入れるとしても・・あそこは無理でしょ・・。ってか、公然猥褻状態になってしまいそ。

そこから比べると、ここは完全に「お風呂」すからね。ただ山なんで雨の後とか鉄砲水というか水の氾濫とかで、流された分には目も当てられません。そこが問題(・・いや、もっと色々と問題はありますが)

投稿: lastsmile | 2010年6月 8日 (火) 00時08分

マサエ。さま☆

群馬の山っていうと浅間山とか赤城山を思い浮かべると思うんですが、良い温泉の湧出に影響を与えてる山は、間違えなく白根山でしょ!!まさに命のある山ですから、温泉も命のある名湯が!

水着では子供たちが川遊び感覚で入っていますが、大人は入浴スタイルのようですよ。私も遠目で観たくらいなので・・。

投稿: lastsmile | 2010年6月 8日 (火) 00時11分

え~!駄目ですよ、行ったからには入りましょう!(爆)

おじゃる☆は水着で入りましたよ~。
男の人たちは、年配の人はオープンスタイルで
若い子達は水着で入ってましたねぇ。
女の人も子供連れもいろいろいて賑やかでした~!
でも出た後でどこか立ち寄り湯したくなるんですよね。
あきらかに川の水って感じで‥まあ衛生的ではありません(T_T)。

投稿: おじゃる☆ | 2010年6月12日 (土) 18時12分

おじゃる☆先生☆

そーですよね~。個人的は入ってみたかったんですが・・奥さんに伺いを立てると「行かない、四万へ行くよ!」と断念。独特の川と川苔の匂いもあって好きずきありますよね。
奥さんお薦めの関晴館も良かったですよ~。(遠いのが難点・・)

投稿: lastsmile | 2010年6月13日 (日) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/48559045

この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻の自然と癒しを訪ねて(3)あの!尻焼温泉:

« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(2)湯の平温泉 松泉閣 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(4)四万の甌穴 »