« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(3)あの!尻焼温泉 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(5)積善館 »

2010年6月 8日 (火)

吾妻の自然と癒しを訪ねて(4)四万の甌穴

Dsc00601 どーも。温泉ネタで何日も引っ張るんで、徐々に日々のアクセス数も減ってきてるlastsmileです。前にブログお友達のマサエ。さんが「自分のために書くんだから!」と力強いアドバイスを戴き、それを励みにがんばってはいますが、日帰り温泉でそうそう書くネタもなくなってきています。なにせ温泉ド素人ですから。

Dsc00603 開き直っても先に進まないので、とにかく書き続けます。そうそう、ブログお友達のかなでさんが「今年の目標は毎日ブログ記事をアップして更新すること!」と言ってました。自分も見習って日々更新を目指しています・・と言っても毎日書かずに休日にまとめ書きしてますから、根本的に間違ってます、わたし。

Dsc00605 こんなどーでもいい話ですでにこんなに書き綴って、もし読んでくれてる人は「お前、いい加減にしろよ」とお怒りでしょうね。だって写真だけはアップしてるのに、写真の説明くらい書けよ!ってなもんで。ええ・・。今回の写真は群馬県指定の天然記念物四万の甌穴」です。じゃそれで★・・じゃなくて。

Dsc00611

Dsc00610 真面目に説明します。といっても中之条町観光協会のHPからの抜粋ですが・・。「甌穴とは、川の渦巻き状の流れにより、石や砂が同じところを回り、川底の岩盤と接触して侵食されてできた丸い穴です。 数万年もの長い年月を経て、自然が作り出した芸術ともいえます。ここには大小あわせて8個の甌穴があります。」

Dsc00608

Dsc00613 ま、上の名前にリンクを貼ったんで興味のある人は見て読んでください。こういうのは実際に見てなんぼのものなので。結構激しい川の流れは迫力あります。そしてぽっかりとあいた穴は大きいので直径3m、深さは4mもあるそうです。自然の力ってすごいですね。で、尻焼温泉から四万に向かう途中のお話でした。

Dsc00618

やるきねぇな、おめえ・・ってお叱りでしょうが。そんな時もあります。
(を、開き直ったな)

Dsc00616 四万の甌穴(おうけつ)群
(県指定天然記念物)
指定:昭和46(1971)年12月22日
所在地:群馬県吾妻郡中之条町
    大字四万3520

|

« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(3)あの!尻焼温泉 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(5)積善館 »

コメント

私はlastsmileさんを目標としていました。毎日更新、すごいなぁと思っていましたよ。
ブログ開通3年目を目前にして、掲げた目標。今のところ実行できているので、
この調子でさりげなく日々更新と行きたいものです。


それにしても、群馬って見どころあるものですね。lastsmileさんの記事を読んで、
いつも驚います。私は群馬に生まれ育ちながら、知らない事ばかり。
lastsmileさんのように連れ出してくれるダンナ様がいると
日曜日が待ち遠しいでしょうね♪♪

投稿: かなで | 2010年6月 8日 (火) 08時22分

え、アクセス数なんて気にしてんすか!?小せえ小せえ!
例え誰も読んでなくとも俺は書く!くらいで良いんですよ。
プロの物書きじゃないんだから、読みたくないなら読むな!!これでイイのダ!あははははは・・・・はあぁ(ぇ
私はアクセス数が上がるとビビリますが、なにか・・・(--;

って、言うか、出だし温泉でふるから『天然記念物の温泉!?スゲーな。』って勘違いしちゃいましたヨ!(←はやとちり)

投稿: なち | 2010年6月 8日 (火) 11時56分

lastsmileさん、こんにちは♪
ご出張も多いのに、いつも丁寧な内容なのでビックリばかりしてました。
お休みに書かれているのですね。なるほどd(^_^o)

記事。大丈夫です。
お写真だけでも十分堪能させていただいてます。
と言っても、決して言葉が不要と言ってる訳ではありませんから(笑)
自然の力ってやっぱ凄いってことは伝わってまいります。
癒しに飢えてる私には有難い情報でしたよ(^-^)ノ

投稿: あばた | 2010年6月 8日 (火) 14時34分

 おやおや、今日はちょっと愚痴モードですか。たまにはそれもいいかなー。
 私も一応毎日更新を目標。でも、無理はしない主義なので、書きだめはほとんどしてないです。お出かけの日はお休み。まっ、私は毎日が日曜日だからね。
 甌穴群ですか、すごい穴ですね。ここは、未だ川が岩を抉っているので、今後も穴は大きくなっていくのでしょうねー。自然はすごいです。 

投稿: マサエ。 | 2010年6月 8日 (火) 16時47分

「甌穴」初めて知りました。珍しいですね。

 こんな人もいるのですから、どんどん書いてください。
若葉の緑と水の青‥いい感じですよ。

投稿: sonata | 2010年6月 8日 (火) 18時35分

かなでさま☆

「さりげなく日々更新」 良い言葉ですね♪
自分もそうありたいものです。ありがとうございます。

自分は他県の人間なんで珍しく色々と名所とか歩いてますが、地元の方がいつでもいけるということで、後回しになっちゃうんでしょうね。自分は付いていくだけですし・・。

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 05時55分

なち師匠☆

師匠、その言葉 肝に銘じます。
小さかったぁ。ホントだ。そんなの気にする方が間違ってました~。少し気楽に書くようにしてみたいと思います。
さすが我が師匠、含蓄のあるメッセージ、愚弟子に届きましたよ。

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 05時58分

あばたさま☆

記事大丈夫でしたか。すみません、なんかへんてこな記事になっちゃいましたが。
自然の素晴らしさに言葉はいらない!なんて偉そうな言い訳してみたり。
自分で見た、感じた風景でもし他の人も共感してもらえるとうれしいな、そんな自然体で行こうかと思います。

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 06時04分

マサエ。さま☆

はい~。ちょっと愚痴モードになってしまい。でも皆さんのメッセージで少し気持ちも盛り返しつつあります。マサエ。さんの自然体を見習い、流れる川のように書いていきたいと思います。(筆力的に無理はありますが~)

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 06時07分

sonataさま☆

はい、ありがとうございます。
無理せずに書いていくことで自分も得るものがありますし、それが多少なりとも見てくれた人に共感してもらえると嬉しいものですね。

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 06時09分

だからぁ~~~~!先生はやめましょう!(爆)

四万通いを続けていながら甌穴って行った事ないんです。
吹き割りの滝に似た素晴らしい雰囲気ではありませんか。
本当に実際に行って、見てナンボですね。
次回は必ずこの目で見て写真に撮って…ブログネタ‥(^_^;)。
それにしても、ダム湖、四万川、甌穴の
このコバルトブルーの秘密はなんなのでしょう?
いつ見ても心が洗われる思いです。
(元が汚いから洗いやすいの‥)

投稿: おじゃる☆ | 2010年6月12日 (土) 18時07分

おじゃる☆先生☆

いや、温泉については本当に勉強になります。それに、先生の書いた記事を元に行った、湯の平は素晴らしかったですし。これから先生の記事を教科書にまわります!!
四万の水の色、鮮やかですよね。地中の源泉泉質とも化学反応をしてるのでしょうか。川沿いに車を進めていると、あの川の色が見えてきたら「ああ、もうすぐ四万温泉だ」って分かりますよね♪

投稿: lastsmile | 2010年6月13日 (日) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/48562121

この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻の自然と癒しを訪ねて(4)四万の甌穴:

« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(3)あの!尻焼温泉 | トップページ | 吾妻の自然と癒しを訪ねて(5)積善館 »