« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(4)四万の甌穴 | トップページ | 6月のらあめんは、らあめんじゃなくてらあ☆パスタ@ナバホホワイト »

2010年6月 9日 (水)

吾妻の自然と癒しを訪ねて(5)積善館

Dsc00659 千尋が迷い込んだ不思議な世界にある、八百万の神々が集う湯宿、湯婆婆のいる油屋。映画「千と千尋の神隠し」で描かれた和風旅館のような油屋は、いくつかの宿がイメージになっているそうだが、その一つとされる、ここ積善館。積善館は、宮崎駿監督が常連となっていた宿としても有名だそうだ。

Dsc00664

Dsc00666 ひなびた温泉街を歩くと見えてくる赤い欄干が印象的な橋。その先に見えるのが築300年以上ともいわれる積善館本館だ。日本最古の温泉宿として県の重要文化財に指定されている。橋の鮮やかな朱色と長年守られてきた木造建築の磨かれた黒のコントラストが美しく、別世界への架け橋のように見える。

Dsc00668
Dsc00793

Dsc00851 一度は訪ねてみたいと思っていた宿、今回は宿泊はしなかったが日帰り入浴で有名な温泉に入ってきた。日帰り入浴は10時~で大人1000円だけど、ここで昼食を一緒にとると割引となり、名物の温泉釜揚げうどん(1,300円)と入浴セットで2,000円は300円のお得。ま、釜揚げうどんが1,300円が高いという意見も・・。

Dsc00855 Dsc00858
Dsc00861

Dsc00823 大浴場「元禄の湯」は昭和5年に作られたという歴史あるもので、高い天井と白壁にくっきりと大きなアーチ型の窓が並ぶ中に、5つの湯船が並んでいる。いずれも湯船の底から源泉が涌き、掛け流しとなって湯床に流れている。その広々とした空間はまさに大正ロマネスク様式。

Dsc00811
Dsc00812

Dsc00834 名湯として有名な四万温泉の中でもその泉質の良さをうたわれているここ積善館。さすがに圧巻。温泉に浸かるだけではなく、この浪漫的情景を楽しみながら、のんびり湯船に浸かることが出来る。各湯船についている蛇口には硫酸ナトリウムの固まりがついていて、泉質の濃さが伺える。

Dsc00828

Dsc00816 ここには蒸湯という個室?が2つ備えられていた。隠し扉みたいな木の扉をがたがた開けるとモワッと湯気が外に溢れてきた。中は個室サウナ状態で、入ってみると暗くて最初は落ち着かないが目を閉じているととっても心地良い。赤外線サウナのように人工的ではなく自然な温泉熱でのサウナなので身体に優しい感じ。

Dsc00814

Dsc00845 この元禄の湯とは別に、岩風呂という混浴風呂もあるが、こちらは女性には敷居の高いお風呂、四万の源泉掛け流しだけれど、元禄の湯と同じ源泉で内湯でそれほど特筆するお風呂でもないので、無理に入らなくて「元禄の湯」で懐古を愉しむ方がお薦めかな。

Dsc00794 古い本館なら1泊2食で6,000円くらいで泊まれるので、機会があったら泊まってみたい宿かな。入浴後に歴史を感じる館内の施設や美しい庭を見させてもらって、千尋がそこにいて働いているような世界を楽しむのも良いかも。

Dsc00842
Dsc00847

Dsc00713 積善館
住所:群馬県吾妻郡中之条町四万温泉
電話:0279-64-2101 
泉質:ナトリウム・カルシウム-
   
塩化物硫酸塩温泉

|

« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(4)四万の甌穴 | トップページ | 6月のらあめんは、らあめんじゃなくてらあ☆パスタ@ナバホホワイト »

コメント

lastsmileさん、こんにちは♪
なんともレトロちっく。
ほんと、ぬっと顔無しが現れそうな(笑)
おうどんも美味しそうだし
お湯も良さ気だし。
千尋もいいけどハクに会ってみたい(面食いなもんで:笑)
ここは絶対に行ってみたいな~。
ちゃんとメモっておきます φ(..)

投稿: あばた | 2010年6月 9日 (水) 08時22分

素敵な温泉ですなぁ♪
知ってはいましたがなかなか行かない…
近すぎて?
一日でみんな入ったんですか?
吾妻もちゃんと遊ぼうと思えばいろいろあるんですね~
渋いしな。いいな。
ついつい、わかりやすい通り沿いしか
行かないから深みがないのね。
そうなのね。。。
四万の甌穴って知らなかったです☆

投稿: とこぶし | 2010年6月 9日 (水) 10時01分

本当にここが日本最古の温泉宿なんですか。浴槽が大きくて湯船が沢山あって立派なので、そうは思えません。
渡り廊下はバリアフリーで、環境もいい感じですね。
(こちらには見るからに日本最古らしい温泉宿が沢山ありますけど‥)

投稿: sonata | 2010年6月 9日 (水) 10時10分

 そういえば以前にも「千と千尋の神隠し」に出てきそうな旅館がありましたねー。いくつかの宿を総合したイメージになっているのですね。
 ここのお風呂、いいですねー。和洋折衷の建物なんですね。大正時代から昭和初期にかけては、こういう一部洋風の建築があちらこちらで見られたのですが、ここもその一つなんですね。
 日本から突如西洋に紛れ込んだみたいな感覚ですねー。
 
 

投稿: マサエ。 | 2010年6月 9日 (水) 11時48分

あばたさま☆

そうなんですよ。千と千尋~のキャラが潜んでいそうな雰囲気です。実際に自分は見なかったんですが、「浪漫のトンネル」ってのが積善館にあるんですが、これが「不思議の街に続くトンネル」のイメージになったと、宮崎監督がインタビューで答えたそうです。
ただ・・見渡した感じではハクは見あたりませんでした・・。くたびれた顔なしはいましたが(^_^;

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 21時18分

とこぶしさま☆

やはり近すぎて、いかないってことありますよね。
今度はとこさんに影響されて万座とかもいいかなって思ってね。
たしかに行き慣れてるからこそ、思い切って寄り道する「無駄」を楽しむ心の余裕があると、意外なものに出逢えそ。
四万の甌穴群の入口にテント這ってる土産や?のおっちゃん、意外と良い味だしてましたよ。そんなイカス人たちも含めての名所ですな。

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 21時26分

sonataさま☆

元禄の湯は、大正ロマネスク様式で昭和5年に作られたのでそんなに古くはないです。本館の玄関まわりが築300年以上の建物がそのまま残っていると言うことみたいですね。入口の横にある古びた勘定場なんかは見学オンリーのようでした。建築物ではない温泉宿自体が日本一古いのは粟津温泉の旅館 法師だそうですね♪

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 21時32分

マサエ。さま☆

なんか大正浪漫を感じますよね。似た雰囲気で山形の銀山温泉の宿なんかも大正浪漫。ハイカラって言葉が似合うオシャレさが漂って面白かったです。
やはり旅の醍醐味は非現実空間を楽しむことにもありますからね。
この5つの湯船って感性も独特です。今の日本人なら、でっかい大浴場を作っちゃいそうです。

投稿: lastsmile | 2010年6月 9日 (水) 21時39分

こんばんは~(*^。^*)。
積善館最高ですね!
3年前、初めて行った四万温泉が積善館でした。
それ以来すっかり四万のファンになり、半年に一度
‥それ以上かな?は通っています。
今回も最初は久しぶりに積善行こうと思ったのですが、
気になっていたやまぐち館さんにお邪魔しました。
あそこも積善館とはまた別の良さがありますね。

他にもみんなコメントしたいのですがもう寝ないと‥。
また明日来ます!ゴメンナサイおやすみなさい!(*^。^*)

投稿: おじゃる☆ | 2010年6月10日 (木) 02時35分

おじゃる☆先生☆

先生は何度も行かれてるんですね。さすがです。積善館のフロント周りと中を少し見せてもらいましたが、他の宿とは一線を画した存在ですね~。歴史の重みが違います。
やまぐち館の記事、楽しみに読んでますよぉ。でもおじゃる☆先生もコメントの数も凄いし、内容も私のナンカよりずっと濃いので、あまり無理なさらずにお体大事にしてお書きくださいね!身体壊すと温泉行けなくなっちゃいますから(^^)/

投稿: lastsmile | 2010年6月10日 (木) 04時53分

久々の訪問coldsweats01
いっぱい更新されてて読みごたえがありますhappy02

積善館の日帰りに行かれたのですねspa
もぉう、、同じところとは思えないほどの素晴らしい写真たちshine
なんだろうか、、この感じnote
写真みてたらまた積善館に行きたくなってしまいましたhappy01

基本景色の良い露天風呂が大好きですが、この元禄の湯は良いですね~spa
この蒸湯もちょっとクセになる(笑)

投稿: leaf | 2010年6月15日 (火) 17時11分

leafさま☆

いらっしゃい!お帰りなさい(^o^)/
いちおー毎日更新を目標に頑張ってます、なんか夏休みのラジオ体操で毎日ハンコもらうみたいな達成感をえようかと(^^;
leafさんのも楽しみにチェックしてますよぉ!

自分も自然の中のすばらしいロケーション、そんな温泉が大好きですが、ここは歴史ある雰囲気にしたれてコレはコレで良いですね。蒸し湯も最初は抵抗あったものの籠もるととっても気持ちが良くて・・。赤外線サウナよりもずっと身体に優しい感じで◎

投稿: lastsmile | 2010年6月15日 (火) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/48581194

この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻の自然と癒しを訪ねて(5)積善館:

» 四万温泉 積善館 [Tokyo Experiment]
こんにちは、温泉マチュです。今までに色々と素晴らしい温泉巡りをしてきましたが、特に浴場の雰囲気が素敵なのが四万温泉の積善館です。積善館は歴史の長い宿で、元禄4年(1691年)に開湯。なんともう300年以上の歴史があり、本館は現存する日本最古の湯宿建築だそうです。本館の玄関部分は県重要文化財に指定されており、増築された山荘なども国登録文化財・群馬県近代化遺産に指定されております。... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 17時56分

« 吾妻の自然と癒しを訪ねて(4)四万の甌穴 | トップページ | 6月のらあめんは、らあめんじゃなくてらあ☆パスタ@ナバホホワイト »