« なぜプレデターは悪党狩りをするのか?「プレデターズ」 | トップページ | 箱島の湧水伝説を訪ねて »

2010年7月27日 (火)

こんなものまで「冷やし」ってありなの?@高崎とんかつ富留川

Dsc02368 あれだけ冷やし中華を3~4年分くらい食べ歩くと、さすがに飽きてきますが、看板とか貼り紙で「冷やし○○」とかあると、つい目がいくってのが人間のサガみたいなもの。ほら、風の強い日に風が吹くとつい目の前のスカートの女性に目がいくみたいな・・(ああ、今ので女性の多くがこの記事を見放したな)

Dsc02371 そんな「冷やし○○」症候群に悩まされるわたしですが、こんな看板が目の前に飛び込んできたのです。「冷やしカツ丼」どんなんだろ??興味津々で気になってしょうがないので行ってきました。場所は国道17号バイパス沿い、高崎倉賀野辺りの「とんかつ富留川」という和風造りの大きな建物のお店です。

Dsc02372 注文はもちろん「冷やしカツ丼」サラダ付きで1,260円とちと高め。テーブルにはこの店オリジナルの「冷やしカツ丼」食べ方の案内がおいてあります。この時期限定メニューのようです。
これが冷やしカツ丼です!

Dsc02375_2

Dsc02376

お薦めの食べ方とは・・・
1.まずそのまま普通に食べて下さい

はい。普通に食べます。大根おろしがたっぷりとカツの上に乗っていて、サクサク・アツアツのカツと、ひんやりさっぱりの大根おろしの食感が美味しいです。
これで十分美味しいですね。

Dsc02382

2.半分食べたら、だし汁をご飯の3分の2まで注ぎ、だし汁と一緒に食べます。

はい。美味しく半分戴きました。さていよいよ。とっくりに入った冷たいだし汁をカツ丼の中に注ぎます。ちょっと不安と期待のこの瞬間。たっぷりと丼はだし汁に満ちてきます。

Dsc02385

では!戴きます。
「お! これはイケル。」
冷たいお茶漬け感覚だけども、だし汁が染みこんだカツも悪くないです。さっぱりとしたトンカツになって、カツも普通のサクサクな食感のカツと、さっぱりしっとりのカツ、2倍楽しめます。ズルズルっとさっぱりカツ丼は、この暑い時期にがっつりいけそうです。
ごちそうさまでした ( v^-゚)

Dsc02388

Dsc02369 とんかつ富留川
住所:高崎市下之城町177-23
電話:027-323-8977
営業時間:AM11:00~PM9:30

にほんブログ村 グルメブログへ
クリック (o^-')b

|

« なぜプレデターは悪党狩りをするのか?「プレデターズ」 | トップページ | 箱島の湧水伝説を訪ねて »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなものまで「冷やし」ってありなの?@高崎とんかつ富留川:

« なぜプレデターは悪党狩りをするのか?「プレデターズ」 | トップページ | 箱島の湧水伝説を訪ねて »