« も少し冷やし中華の話をしようぢゃないか(5) | トップページ | ワールドカップ・メモリアル・・「もう泣くな、俺たちは戦争に負けたわけじゃない」 »

2010年7月 9日 (金)

露天百景に選ばれた景観を愛でる@老神温泉 伍楼閣(群馬)

Dsc01641 関越自動車道 沼田ICから尾瀬・片品方面に車で30分ほど走っていくのは、日本ロマンチック街道という国道120号線。なんか素敵な名前でしょ?日光・いろは坂に通じるこの道は名前ほど穏やかではなくて、山あいをくねるように走る道を進み、椎坂峠を下っていくと老神の地、今回の目的地 伍楼閣に着きます。

Dsc01601 この伍楼閣は純和風の宿、入ると畳廊下が優しい。そして広くくつろげるロビーとお休み処、ラウンジと豊富な施設が目に飛び込んできます。老神温泉の宿の特徴の一つは館内施設が充実していること、そしてそれが宿泊客を外に出すことなく、老神温泉の街並みが寂れ、結果的に温泉街の衰退化を生みました。

Dsc01644

Dsc01616 ここ『伍楼閣』は、豊かな湯量と数多い露天風呂と内湯のバラエティで人気のある宿です。まずは全国露天風呂百景に選ばれた露天風呂『赤城の湯』へと。誰も入っていなくてラッキーでした。大きな岩風呂は奥が熱めの湯、外が温めと仕切られて、熱めと温めを交互に入りながら、素晴らしい景観を楽しめます。

Dsc01610

Dsc01627 この露天は混浴で有名ですが、しばらくすると女性ののぞき込む顔が。入ってくるのかな?と思ったら、そのままいなくなり・・。しばらくして、また同じ女性。今度はタオルを巻いてご夫婦で入ってきました。その女性いわく「さっきみたら女性二人入ってたのでうちの主人が遠慮して」女性二人って家人とおいらのこと?

Dsc01624

Dsc01619

Dsc01640 家人と二人なのに、女性二人と間違えられたおいら。髪の毛が長い訳じゃないのに、なんかちょっとショックで『赤城の湯』を後にして、次の露天、『岩鏡』へと。ここも混浴、野趣豊かな自然の中に、ぬる湯と熱めの湯の二つの湯船、そして打たせ湯もあってあちらこちらを入っては歩き回る感じです。ここはずっと誰もいない状態で、運が良いのかそれとも相当老神は景気が悪いのか・・不安にもなりつつ。

Dsc01633

Dsc01630 ここは混浴ですが、女性はバスタオル巻きOKで、そしてフロントで女性用の湯浴み着も有料で貸してくれます。家人はここで湯浴み着を借りることに。フロントの方は私に「男性用はどうしますか?」・・・え?男性用もあるの?興味はありましたがいらないと言うことで。でもどんなんだろ?あ、温泉は一級品です。

Dsc01635

Dsc01638

Dsc01628 老神温泉 / 伍楼閣
住所:群馬県沼田市利根町老神602
電話:0278-56-2555(代) 
風呂:露天風呂3箇所、内湯大浴場
泉質:単純泉(弱アルカリ性低張性高温泉) 、源泉温度 59.8度
露天風呂源泉掛け流し
 
混浴は男女とも湯浴着貸出有り(有料)・タオル巻OK

 

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

|

« も少し冷やし中華の話をしようぢゃないか(5) | トップページ | ワールドカップ・メモリアル・・「もう泣くな、俺たちは戦争に負けたわけじゃない」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露天百景に選ばれた景観を愛でる@老神温泉 伍楼閣(群馬):

« も少し冷やし中華の話をしようぢゃないか(5) | トップページ | ワールドカップ・メモリアル・・「もう泣くな、俺たちは戦争に負けたわけじゃない」 »