« こんなものまで「冷やし」ってありなの?@高崎とんかつ富留川 | トップページ | つっこませてください。こんなイカス看板(その21) »

2010年7月28日 (水)

箱島の湧水伝説を訪ねて

Dscf8054 群馬県吾妻町にある名水百選の一つ、箱島の湧水箱島不動尊のご神木の根本から滝のように大量の水が湧き落ちるこの湧き水にはいくつかの伝説がある。
「昔、原町の善導寺に第二世・円光上人という人がいました。そこへ怨敵に追われた木部宮内少輔の北の方(円光の母)が突然訪れ、よもやま話をしました。

Dscf8053

Dscf8040 円光は母が追われている身と知らず翌日何気なく別れを告げたがそれが最後の別れとなりました。母は息子に会えたことで思い残すこともなく、榛名湖へ向かい侍女とともに入水し果ててしまいました。その後榛名湖には大蛇が棲むという話が取り沙汰され、その大蛇は北の方の化身だと思われていました。

Dscf8051

Dscf8048 そこで、供養のため、北の方の位牌を榛名湖へ納めました。ところが、その位牌が、何とこの不動堂の湧水の処から出たといいます。そしてこの位牌は現在もなお不動堂に納められています。」
 その不動堂は湧水の出るご神木の上に祀られている。暑い夏にも冷たい湧き水が大量にほとばしり出てくる。一口飲むと冷たくて美味いっ!

Dscf8044

Dscf8052

■おじゃる☆先生の「箱島湧水」の記事はこちら■

初めてのお水汲み・箱島湧水

1204111459531_1204111279221_image1

Dscf8058 今日はメチャ暑い日なので、やってきました箱島の湧水。まえにおじゃる☆先生が紹介してくれて、いってみたいと思っていたところです。ペットボトルに冷たい水を詰め込んで、近くの日帰り温泉施設、根古屋城温泉センターで絶景の露天風呂でゆったりと、箱島の名水で渇きを潤しながらのんびりしてきました。

Dscf8057

Dscf2836 根古屋城温泉センター
住所:群馬県吾妻郡東村岡崎字根古屋309-1
電話:0279-59-3361
泉質:ナトリウム-塩化物泉
営業時間:午前11:00~午後11:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
料金:大人400円

  

にほんブログ村 旅行ブログへ
クリック(o^-')b

|

« こんなものまで「冷やし」ってありなの?@高崎とんかつ富留川 | トップページ | つっこませてください。こんなイカス看板(その21) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱島の湧水伝説を訪ねて:

« こんなものまで「冷やし」ってありなの?@高崎とんかつ富留川 | トップページ | つっこませてください。こんなイカス看板(その21) »