« お盆休みに駆け足温泉観光だよ(5)妙高高原温泉郷 湯めぐり(2) ホテル岩戸屋 | トップページ | こんな暑い夏はカレーでも食べないとね@インド料理ナイル小針店(新潟県) »

2010年8月20日 (金)

お盆休みに駆け足温泉観光だよ(6)妙高高原温泉郷 湯めぐり(3) ホテルアルペンブリック(池の平温泉)

Dsc02720  妙高高原温泉郷 湯めぐりの最後3軒目は、池の平温泉にあるホテルアルペンブリック。この池の平温泉はとっても珍しい黒い湯色。というのも、妙高高原・南地獄谷の源泉は温泉成分をたっぷり含んだ黒泥交じりのお湯。そんな源泉が100%掛け流しの露天があるっていうので(家人にお願いして・・)行きました。

Dsc02721

Dsc02719 アルペンブリックはイモリ池を更に山の奥に入ったところにあります。施設は今までと打ってかわっての洋風なホテル。スキーリゾートタイプのホテルですね。フロントで「日帰り湯めぐりにきたんですが・・」と伝えると、ちと勘の悪そうなフロントのおねえさまが首をかしげて奥に引っ込んでしまいました。

Dsc02705 こういう時は和風の宿の女将とかオヤジの、おおざっぱな「いいよ、場所分かるかい?」くらいな察しの良さが気持ちいいんですがね。上司だかなんだかに確認して入浴OK。(だってOKって書いてあるじゃん。。)などとぼやかずに「ありがとうございます。」と愛想良く返事して、噂の露天風呂へ・・。

Dsc02712

Dsc02707

ホントだ!!墨汁のような真っ黒な源泉がたっぷりと注がれ掛け流しになっていました。注意書きで、「身体をしっかりと拭いてから服を着ないと、服が黒くなります」だと。

Dsc02699_2

Dsc02717_2 ところが・・内湯にがっかり。循環で消毒液の入った普通の大衆浴場。ああ、もったいない・・。スキー客はこっちの方が安心して入れるのかな。自分はさっと入って終わりです。

Dsc02718

Dsc02709 ホテルアルペンブリック
住所:新潟県妙高市池の平2452
電話:0255-86-3180(代)
泉質:単純硫黄温泉
露天のみ源泉掛け流し

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
温泉に浸かってクリック

|

« お盆休みに駆け足温泉観光だよ(5)妙高高原温泉郷 湯めぐり(2) ホテル岩戸屋 | トップページ | こんな暑い夏はカレーでも食べないとね@インド料理ナイル小針店(新潟県) »

コメント

黒湯?妙高にもこんなに濃い黒湯があるのですか?ヽ(^-^)ノ 
あ~、こんなお湯で服を黒く汚してみたい・・。
潜って泳いで顔まで黒く染めてみたい~!


ありがちな内湯は放っておきましょう(^_-)-☆
素晴らしい源泉槽が一つあればそれで満足~~!

投稿: おじゃる☆ | 2010年8月25日 (水) 01時09分

おじゃる☆先生☆

なにせ源泉名が「南地獄谷」ですからねぇ。こりゃもう、黒いですよ(なぜだ?)

注意書きにあったように、ホントに布や服が黒くなっちゃいますから注意です(>_<) ここは露天だけで充分、内湯は行かなくてOKです!内湯は、スキー団体の人たちの中で、身体が洗えればそれでいいやっていう人向きなんでしょうね。

投稿: lastsmile | 2010年8月25日 (水) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/49190409

この記事へのトラックバック一覧です: お盆休みに駆け足温泉観光だよ(6)妙高高原温泉郷 湯めぐり(3) ホテルアルペンブリック(池の平温泉):

« お盆休みに駆け足温泉観光だよ(5)妙高高原温泉郷 湯めぐり(2) ホテル岩戸屋 | トップページ | こんな暑い夏はカレーでも食べないとね@インド料理ナイル小針店(新潟県) »