« 遠くは混むんで、前橋の七福の湯に行ってきました。 | トップページ | 東京ディズニーリゾートで疑似入社体験?「ミッキーマウスの憂鬱」 »

2010年8月13日 (金)

幾多の絆が深い信頼になる時、強い男になる「ヒックとドラゴン」

Sb3_large2 遠い昔の遥か遠い海の果てにあるパーク島。そこではバイキングとドラゴンが戦い続けていた。島に住む少年ヒックは、勇敢な族長の息子でありながら、ひ弱で何をしても失敗ばかり。島を仕切る父もヒックが心配の種。そんなある日の夜、ドラゴンが家畜を襲い、やってきた。村は騒然としドラゴンの火に包まれる。

Sub4_large2 なんとか手柄を立てたいと、ヒックお手製のおんぼろ捕獲機で闇の空を狙うと・・なんと偶然ドラゴンに当たり、その影は森の奥に落ちていった。「僕はドラゴンを倒したんだ」次の日、村人たちに信じてもらうため、ドラゴンが落ちた辺りを探すと、伝説のドラゴン・ナイトフューリーが怪我をして倒れていた・・。

***********************************

Sub7_large2 イギリスの作家、クレシッダ・コーウェルによる児童文学「How to Train Your Dragon」を原作にドリームワークスがファンタジーアニメ映画化。ひ弱なヒックが偶然出逢った幻のドラゴン・ナイトフューリー「トゥース」とあり得ない友情を紡ぎ、互いに信頼し合い身体の一部のようになっていくお話。

Dra011_large2 このわずか100分足らずの映像の中に、敵同士の人間とドラゴン、互いに分かり合えない父と子、自分こそはと蹴落とし合う見習い仲間たち、憎み合う心、すれ違う心、受け入れられない心。それらがヒックを中心に絡み合い、大きな事件で一つに集結していくのだ。それぞれの絆の大切さをとても丁寧に描いてくれる。

Dra066_large2 父と子二人きりの家族なのに分かり合えない二人の悩み。これが一方からだけの描写じゃなくてそれぞれの願いと想いを描いている。ひ弱だった息子が父を越えるのは、力でドラゴンを倒す息子になった時ではなく、息子が自分を越えるほどの強い精神力をもつ男になり、信頼できる仲間を持つ男になった時だった。

Dra068_large2 見習い練習生たち一人一人まで個性的でそれでいて重要な役割も持っている。教官役のバイキングも時には厳しく、そして暖かい。捕獲されたドラゴンは練習生の相手にさせられている。これも最後はしっかりと大事な役目を果たすんだ。この映画にはどうでもいい脇キャラなんていない。みんなが欠かせない存在。

Sub6_large2 自分は地元の映画館の関係でやむを得ずの2D鑑賞。それでも空を飛翔するヒックとトゥースの姿を美しいと見とれてしまった。ヒックが恐る恐るトゥースの顔に手を当てる。斧でドラゴンに向かう何倍も勇気のある行為なのだ。ドリームワークス、良い仕事をします。
さぁ次は3Dでトゥースを観るかな。

22081  
  
9点★★★★☆

Hic_dragon_2_1b

■■ブログお友達の記事■■

あばたさん 「♪ヒックとドラゴン♪

かなでさん 「最高の相棒~ヒックとドラゴン~

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
さぁ君もクリックしてトゥースと絆を結ぼう (o^-')b♪

■■■業務連絡■■■

8/13~8/15までお出かけします。その間、いただいたコメントはすぐにお返しできませんが、帰ってきたら必ずお返しします、待っててくださいね。じゃ、いってきます。

|

« 遠くは混むんで、前橋の七福の湯に行ってきました。 | トップページ | 東京ディズニーリゾートで疑似入社体験?「ミッキーマウスの憂鬱」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幾多の絆が深い信頼になる時、強い男になる「ヒックとドラゴン」:

« 遠くは混むんで、前橋の七福の湯に行ってきました。 | トップページ | 東京ディズニーリゾートで疑似入社体験?「ミッキーマウスの憂鬱」 »