« 「地上に舞い降りた天の川」仙台 光のエージェント | トップページ | 今時の「中高年」ときたら。 »

2011年12月18日 (日)

ミッション・インポッシブル4~ゴースト・プロトコル

ブタペストの収容所からイーサントム・クルーズ)の脱出作戦から映画は始まる。
見事脱出したイーサンたちチームに与えられたのは、クレムリンに侵入して、ロシアの核発射コードを盗み出すこと。ミッションは成功するにみえたその時、イーサンのチームは罠にはめられてしまった。

核テロリストに仕立てられたイーサン。ロシア警察に追われ、味方であるはずのIMFからも「ゴースト・プロトコル」発令により、窮地に追い込まれる。世界は核発射コードを盗み出した世紀末破壊論者によって非常な危機にさらされている中で、イーサンたちチームは孤立した中、自らの汚名を晴らしつつ、世界の危機に立ち向かっていく・・・。

まさにスパイアクションの王道とも言うべき作品だった。TVCM・予告編でもおなじみの、ドバイの世界一の高層ビルでのド派手な手に汗握るトムのアクションだけはない、スパイものでは欠かせない裏をかく陰謀や数々の仕掛けも見逃せない。

ポイントにはちょっとした〝くすっ〟て笑いもあって、息もつかせぬスピーディーな展開と、胃も痛くなるような緊張感が一瞬和らぐ。最初のミッション、クレムリンの情報室に侵入するシーンは、思わず〝だるまさんがころんだ〟とつぶやきそうになった・・。

そして個性的なチームの役割、それぞれ4人の活躍もまた見逃せない。恋人を殺されたカーター、やっと一人前のエージェントに昇格したベンジー、そして理由ありな謎の分析官ブラントがそれぞれの想いをもってチームとして力を合わせていく。それに美しき暗殺者モローの妖しい魅力もまたいいね。

実はこのシリーズの映画、初めて観たんだけど、3までのを観ていなくても(もしくは忘れちゃってても(笑))違和感なく映画に入っていけるから安心して観てみては。
おなじみのBGMを聴くだけでもワクワクしてきます。映画を見終わってもしばらくはあの音楽が頭から離れませんよ~。

132180204683413214879_3

|

« 「地上に舞い降りた天の川」仙台 光のエージェント | トップページ | 今時の「中高年」ときたら。 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッション・インポッシブル4~ゴースト・プロトコル:

» 映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」観に行ってきました。 トム・クルーズ主演のイーサン・ハントが様々なミッションに挑む人気のスパイアクションシリーズ第4弾。 物語の冒頭はハンガリーのブダペストから。 とある建物の屋上に出てきた1人の男が、2人の追跡者に追われているところが画面に映... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 11時12分

« 「地上に舞い降りた天の川」仙台 光のエージェント | トップページ | 今時の「中高年」ときたら。 »