« 旅立ちと決別と~ALWAYS 三丁目の夕日'64 | トップページ | 雪の椿 »

2012年1月25日 (水)

走り続けた先にあるもの~マイウェイ 12,000キロの真実

1928年、日本占領下の京城(ソウル)。
憲兵隊司令官を祖父に持つ少年・長谷川辰雄オダギリジョー)と使用人の息子キム・ジュンシクチャン・ドンゴン)は運命の出会いをする。走ることが得意な二人は子供のころから常に競い合い、ついに次期オリンピックの選考会で勝負の時を迎えた。しかしそのレース判定に政治的な判断が入り、納得いかない京城市民は暴動を起こす。事件の結果、ジュンシクはじめ多くの朝鮮人青年たちは日本軍に強制徴用され、モンゴル国境近いノモンハンに送られることになる。ここから遥かな旅が始まる・・。

***********************

評価の分かれる映画だと思う。
戦闘場面は凄まじいの一言。これだけの迫力ある戦闘映像はなかなか見られない。
そして主役の二人の好演は素晴らしかった。変わることのないジュンシクの想い、移り変わる辰雄の心情、実に対照的な二人の内面がその表情だけで伝わってくる。

ただ、映画の冒頭に「これは実話に基づいて」的なこと書いているが、そのほとんどはフィクションらしい。さらにはっきりと反日感情が出てきて過剰なほどだ。この2つを割り切れるかどうかで、評価は変わるだろう。そして戦闘シーンが長すぎて見ていて少々疲れてしまい、本来描かなければばらない二人の話が今一つ伝わってこなかったことも残念だね。

マイウェイ 12,000キロの真実

Myway_poster

|

« 旅立ちと決別と~ALWAYS 三丁目の夕日'64 | トップページ | 雪の椿 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走り続けた先にあるもの~マイウェイ 12,000キロの真実:

« 旅立ちと決別と~ALWAYS 三丁目の夕日'64 | トップページ | 雪の椿 »