« 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 | トップページ | ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ »

2012年3月31日 (土)

『戦火の馬』

第一次世界大戦下に激しく揺れる英国・仏国・独国で、
その飼い主が変遷しながらも生き残るジョーイの数奇な変遷を描く。

なんでも大戦当時は、戦争に100万頭駆り出された軍馬のうち
生き残ったのはわずかに6万頭だとか。
それだけ馬にとっては過酷な試練の時代だったのだ。

340426view002

農地を耕し、戦場を疾走し、また坂道で大きな大砲を引くジョーイ。
駆り出された仲間の馬はこき使われ、やがて次々と斃れていく。
それを見つめるジョーイ。

そんな彼の目に映るのは、人間たちの愚かな修羅場のみではなかった。
その先に見える雄大な自然は美しく、
それを慈しむように見渡すジョーイの視線は悲しい。

戦争の悲惨さと痛々しいまでの人間の愚かさが、自然の美しさを
際立てて描くことで、一層醜いものと観る者の目に映ってくる。
そんな激動の時代に、ジョーイに関わる人間模様もまた興味深い。

340426view001_3


見終わって、「ああ、映画とはこういうものだ」
そんな感動を与えてくれる作品だった。。

『戦火の馬』

Photo_2

|

« 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 | トップページ | ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ »

コメント

lastsmileさん、こんにちは♪
観たいと思いながら果たせずにいます。
馬の目線で綴られる映画なのですね。
馬の目って綺麗だから、心の目もとっても澄んでいそう。
やっぱり観ておくべきだった~(--;

投稿: あばた | 2012年4月 2日 (月) 08時25分

あばたさん☆

これ、意外とよかったです。
スピルバーグ監督は、人間と人間以外(敵味方関係なく)とのドラマを作るのがうまいなぁって感じました。
それほど馬には興味がなかったんですが、馬がきれいだなって思いましたよ。

投稿: lastsmile | 2012年4月 2日 (月) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/54342407

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦火の馬』:

« 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 | トップページ | ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ »