« 人は原点に戻ってくる、明日の翼を求め。『麒麟の翼』 | トップページ | 『ライアーゲーム -再生-』 »

2012年3月 5日 (月)

『ヒューゴの不思議な発明』

1930年代のパリ。
パリの街の中心にある駅には街を一望できる大きな時計台があった。
そしてその時計台の中には人知れずひそかに孤児の少年ヒューゴ
エイサ・バターフィールド)が住んでいた。

340877view001

彼は時計台の中からにぎやかに駅の中を行き来する人々の姿を眺めていた。
そして彼の目に留まったのは、駅の構内でおもちゃと時計の修理をするお店。
そこにはまどろむ老人店主(ベン・キングズレー)がいた・・。

老店主の寝ている隙におもちゃのネズミをヒューゴが盗ろうとしたその瞬間!
ヒューゴはその腕を掴まれてしまう。
彼のポケットからは多くの歯車・ギア、そして1冊のノート。
そのノートの中をみた老人の顔色が変わる・・。

340877view007

時計台に隠れ住んでいるヒューゴ。
その大仕掛けの時計の中では、孤児であることを忘れることのできる、
彼だけの空間・大切な場所なのだ。
社会から隔離されたかのようにそこに籠り、父との繋がりの機械人形に
だけ心を許す生活を送っていた。
その現実逃避の世界を打ち壊したのが、老人パパ・ジョルジュ
少女イザベルだった。

340877view003

彼が唯一大切にしていたのは、父が遺した壊れた機械人形。
これを修理することが亡き父との想い出であり、父との唯一の繋がりであった。
しかしそれは一人の偉大な映画人の人生を掘り下げていくことになっていく・・。

*********************

映画のタイトルには「不思議な発明」となっているが、これは発明ではなく、
修理なのだ。
そしてヒューゴのした修理は機械人間の修理だけではなく、戦争によっ
て夢を打ち消されてしまった老人の心も繕ろい、そして笑顔を取り戻した。

無声映画の黎明期に偉業を残しつつも時代の変遷と失望の中に心を
閉ざしてしまった老人とそれと付き添ってきた妻の作品の数々は、
万華鏡の様に煌びやかで輝いていた。

340877view008


とても優しい映画だ。
そして映画は観る人を楽しませる手品、マジックだということ。
人を驚かせ、そして多くの夢を与える映画への深い愛がこの映画には満ちている。

観終わった後、昔見た映画をもう一度観てみようかな、
そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる。

『ヒューゴの不思議な発明』

Photo_3

|

« 人は原点に戻ってくる、明日の翼を求め。『麒麟の翼』 | トップページ | 『ライアーゲーム -再生-』 »

コメント

lastsmileさん、こんにちは♪
観てこられましたね!
私も観ました。
思っていたイメージとは違ったけれど、とってもステキな映画でした。
映画がより好きになったかも。
題名は「修理屋ヒューゴ」とか?(笑)

投稿: あばた | 2012年3月 5日 (月) 11時43分

あばたさん☆

修理屋ヒューゴ!(笑)

これって無理に変な邦題をつけるとよりも、原題のままの「ヒューゴ」だけの方が良かったかも?
そもそもヒューゴ自身が主役というより、ヒューゴがきっかけで起きたことが、さまざまな人(あの保安官も)の幸せに結びついたから、ヒューゴにまつわる話が主役みたいなものですよね。

投稿: lastsmile | 2012年3月 5日 (月) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/54142333

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒューゴの不思議な発明』:

« 人は原点に戻ってくる、明日の翼を求め。『麒麟の翼』 | トップページ | 『ライアーゲーム -再生-』 »