« 『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 | トップページ | ちょっと気になるランキング(スーパー) »

2018年6月25日 (月)

2018年春のドラマの感想

2018年春期のドラマの感想をちと。

◇コンフィデンスマンJP 8点

これ、意外と面白かった。

特に第5話のスーパードクター編と最終話スポーツ編は素晴らしかった。
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世のトリオもよかったけど、五十嵐役の小手さんがまたいい味出てました。

◇モンテクリスト伯 9点

なんで暖に気が付かないの?という大前提を吹っ飛ばすくらいの出来でした。
悪役っぷり、ブチ切れっぷり、みんな演技が素晴らしかったです。
フジオカさんの歌が耳に残るっす。♪てるみー・ほわぁい~

◇シグナル 長期未解決事件捜査班 6点

話の設定は面白かった。韓国ドラマのリメイク。事件の紐付け方が妙で引き込まれました。でも日本の警察はそこまで悪くないよ、という内容。最後がちょっとかゆいところに手の届かない終わり方で消化不良。で6点。

◇崖っぷちホテル 5点(仮)

実はまだ5話までしか観ていません(>_<)
で、5話までの仮の感想点ね。そうは見えないけど切れもの副支配人、という設定なのはわかるけど、しぐさ・目配り等から、とてもがんちゃんはそういう曲者には見えない。明るくていい人なんだよね。キャスティングにちょっと問題あったかな。

|

« 『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 | トップページ | ちょっと気になるランキング(スーパー) »