カテゴリー「ちょっとぼやいてもいいですか」の59件の記事

2012年1月18日 (水)

暗くなるから家に帰ろうとした男。

イタリアの豪華客船「コスタ・コンコルディア号」が座礁沈没したニュース。
テレビから聞こえてきた話がうろ覚えだけど、船が岸に近いところを航行したため
だとか。そしていかに岸に近いところを航行するかが、ひとつの勇気試しみたいな
ことになっているんだとか。

勇気を試したい、って割にはさっさを船をおりて逃げちゃった。
「船に戻れ!」
何度も何度も沿岸警備隊に言われても「話を聞いてください」「暗いから」

勇気を出すところを間違えてるぜ、キャプテン!

行方不明者もまだまだ多くいて、大惨事になったこの事件。
構造的問題のような気もする。
海の上であるというリスクの上に立った豪華さ。
主催者側もお客のほうも快適の方にばかり目が行ってしまっている。

でも。
海の上だからね。

悪いのは暗くなったから家に帰りたくなった男、だけの問題じゃないよね。

Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

ソウル・フード

ソウルフードとは、アメリカ合衆国南部で奴隷制を通して生まれた、
アフリカ系アメリカ人の伝統料理の総称である。
「ソウルフード」という名称が定着したのは、アフリカ系アメリカ人に
関する事柄を指すのに「ソウル」(「魂」)という言葉がよく用いられる
ようになった1960年代半ば頃である。
(ウィキペディア)

そうね。ソウルミュージックと同じってことなのね。

ここでアフリカ系アメリカ人の嗜好や音楽ルーツを語るわけじゃありません。
地域に親しまれている料理(ソウル・フード)って話なのです。

さくら棒」ってお菓子が子供のころから好きなんだよね。
ピンク色の麩菓子です。
よくスーパーとかで売ってる焦げ茶の黒糖麩菓子じゃないんです。

さくら色のが可愛らしくて、カリッとした糖の固まったところが絶妙。
外がカリっ、中がふわっと。口の中ですっと溶けちゃいます。
う~ん、でりしゃすぅ。
(良い歳したおっさんの言葉と思わないでください)

子供の時は駄菓子屋やお祭りの夜店とかでよく売っていたんだけど、
このさくら棒、最近トンと見かけない。
見かけなくなってから、ン十年も経ってました。

で、最近知ったんですが、このさくら棒。
静岡県でしか作っていないんだって。・・・どおりで!

まさに静岡県の知られていない「ソウル・フード」。
で。
このさくら棒、ネットでまとめ買いしました。
50本入りの袋を3袋も購入。どれだけ好きだって言うんだい。
大人買いにもほどがあるって・・。とほほ。

Dsc09168

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

水戸黄門が今一つ好きになれなかった理由。

終わっちゃいましたね、水戸黄門。
でもまたいつかキャストが変わってやるんでしょうね。

子供のころは親と一緒に楽しんでみてました。
葵の印籠をだして、悪いやつらが「へへぇ~」とかしこまるのが
面白かった。もうお約束的なストーリーなのについ観ちゃってました。

でも。
いつからか「?」って思うようになって。

水戸黄門っておじいさん。
結局、親(徳川家)の後ろ盾・権力があってのおじいさん。
自分自身のちからではなくて「家」の力で相手を屈服させる。

悪い人が襲ってきても、
「助さん格さん、やっておしまいなさい」
と、自分の手を汚さず、人にやらせる。

そして最後は自分の手柄だと言わんばかりに
「かんら、かんら」と笑っておしまい。

全部、人任せ。まさに典型的なおぼっちゃま。

もし悪い人をやっつけたいなら、名前は名乗らずに、自分は老人で
どうにもならないなら助さんと格さんに戦ってもらって、最後は
名乗らずに立ち去ってほしいもの。

相手の「へへぇ~」と恐れ入るところを見たいだけの爺さまって
思うようになっちゃいました。

そんなこと言っちゃいけないんだよね。
ホントの水戸光圀さんって水戸の藩領からほとんど出なかったそうで。
そりゃそうだよね。危ないし。

でも。
自分の藩領内でも視察に出たってことが稀なことでこういう創作な
話もできてきたんだね。

遠山の金さんも実在したらしいけど、若気の至りで彫った刺青。
自分では恥だと桜吹雪は決して人には見せなかったらしい。

時代劇だと見せたくってしょうがないオジサンだけどね。

Dsc09154

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

今時の「中高年」ときたら。

朝のFMラジオで聴いた話。

駅員への暴力行為(言葉の罵声も含む)は年間に800件以上あるそうなんだけど、そのうち一番多いのが60代以上の男、次に40代の男、50代の男と続くそうだ。

中高年のストレスが原因だとか。
リストラで仕事の量が増えたとか、不景気だとか。

でもさ。
若い奴らがそういうことするなら、「世間への鬱憤・不満のはけ口」って感じだけど、60代以上の男だったら、〝その原因は自分たちにある!〟と思わないのかな。

自分たちが作ってきた社会。今、ここにあるのは、自分たちの責任じゃないかい。
駅とか、お店とか、「お客」として扱われ、認められている時だけに威張り散らして、当たりまくる。「今時の若い者・・」なんていえないよ。

先日、車で走っている時に、前を走っていた60代の運転手がいきなり窓から火のついたままのタバコを投げ捨てた。びっくりしたよ。

まさに「今時の中高年・・」ときたら・・。だね。
(自分もそういう歳だけどさ、自省、自戒・・だね)

Dsc0327013_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

日傘迷惑防止法を切に願うおじさん。

しっかし・・暑い。他の言葉が思い浮かばないほどにこの言葉に脳が占拠されてるようです。そうすっと街には日傘をさしてる女性が増えてきますが・・あれ、なんとかならないのでしょうか。

Higasa1 先日もこんなことが。歩道を歩いていたらおばさま二人が日傘を差してぺちゃくちゃおしゃべりして歩いてきます。広くない歩道に日傘を差して二人が並べば、すれ違うことも出来ず、車道に降りるしかありません。
普通、そんな時は前から人が歩いてくれば一列になるくらいの気遣いもして欲しいところですが。話に夢中かそう言うことには無頓着なのか。まったく譲る気も無さそうなので、こちらが車道に降りて、行き交う車に気をつけながら通り過ぎようとしたら。
会話に夢中で傘が車道にはみ出たままで、こっちの目の上にかつんとぶつかりました。まぶたの柔らかいところだったので、思わず「痛っ」と。そうすっとおば様はこちらをじろりと見て。

ああ、これ以上書くと腹が立つのでこの辺りにして。
家族で炎天下で行列になっていた時、前に並んでる日傘の30代のおばさんが、行列のすすみ具合を見ようとキョロキョロする度に日傘が回って、後ろに立つうちの子供の頭に当たります。さすがに危ないので「子供の頭に当たるので日傘を閉じてもらえますか?」とお願いしたら、「だってこんなに暑いんだもの、しょうがないでしょ!」って逆に文句を言われちゃいました。

日傘は人のいないところで差しましょう。人混みでは帽子でいいじゃないっすか。
禁煙者としては道でタバコを吸いながら歩く人にも困ったもんだけど、人混みなのに日傘を差す人も相当はた迷惑な人だなぁって・・・。日傘は危ないよ!

日傘/Song by 日暮らし
1972年、RCサクセションの前身バンド、The Remainders of The Cloverのメンバーだった武田を中心に結成、1973年4月にデビュー。1979年に解散。Voは榊原(杉村)尚美。

ブログランキング・にほんブログ村へ
クリック(o^-')b

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

草津町の日帰り温泉「ベルツ温泉センター」が8月一杯で閉鎖に。

上州群馬を代表する温泉地、♪草津よいとこ~一度はおいで~と湯もみ唄(草津節)は一度は聴いたことがある人も多いと思う。日本で一、二を争う温泉地、草津温泉の象徴的ベルツ温泉センターは、ドイツの医師、ベルツ博士の名からとった。

Erwin_baelz ベルツ博士は「ベルツの日記」の中で明治初期の日本の様子を書き記したが、そこに草津温泉を評して、

草津には無比の温泉以外に、日本で最上の山の空気と、全く理想的な飲料水がある。 もしこんな土地がヨーロッパにあったとしたら、カルロヴィ・ヴァリ(チェコにある温泉)よりも賑わうことだろう」。

ベルツ博士は温泉療法についても深い見識をしめし、全国各地の温泉地でもその名を残しているが、博士は「蒙古斑」の名付け親でもあるそうだ。
(知らなかった(>_<))

  
そんなベルツ温泉センターが閉鎖になる。草津の観光の落ち込み、景気低迷ははかなりのものだが、まさにこれはその象徴的出来事。

ここ数年の日帰り温泉施設の競合激化も、またスキー客の減少も閉鎖に影響を与えている。日本の名湯と言われた草津温泉の斜陽は、温泉文化の在り方を考えることではないのかな。閉鎖後は、この施設を保育園にするようだけど、乱立する日帰り温泉ならその方が良いようにも思う。色々と考えさせられる出来事でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
参考になったらクリック(o^-')b

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

ちょっと納得のいかないお話・・。新幹線での出来事

Blog6428 先日、仙台に行く途中の新幹線でのこと。
大宮から盛岡行きのやまびこ45号(自由席)に乗ったんですよ。この日はJR東日本の企画「大人の休日3日間フリーパス」が使用開始日とあって、激混みでした。そこで3人掛けの席の真ん中の空席に乗ろうとしたんですが、そこの空席にはバッグが・・。

「すみません、そこの席あいてますか?」
通路側に座ってる丸メガネの似合う元同僚の宮川君という男に似た、好青年に訊くと、その宮川君、「ええ」と答えて、窓際の男の肩をポンポンと。は面倒臭そうにこちらを振り向くと何も言わずに、そこのバッグを自分の足元に。

(混雑してるときは、席にバッグとか置くなよ、常識だろ!)
てなことを心に秘めて「失礼します」。

そいつとは関係ないらしい宮川君はすまなさそうな視線で私が席に入れるように足をすくめます。宮川君に会釈しながら席について、窓際の無愛想男を見ると、こちらには興味ないとばかりに、ノートパソコンを叩き始めます。

Dscf4851

パソコンオタクな雰囲気醸し出してるパソコン君に対して、気分もよくないけど、気にせずに少し休もうと目を閉じてると、J-POPの音楽が目をつむった頭に響いてきます。それもはっきりと声が聴き取れるくらい。
そう。パソコン君の携帯音楽再生機(某メーカー)から洩れてくる音楽でした。これが気になって休めません。

(うるせぇな・・)
ふとノートPCの画面を見ると堂々とメールをうってる途中。それもかなり某企業の財務内容に触れてて、「これはまずいんじゃないの~」ってメールが丸見え!!!
で、メール文の最後を見ると。

○士通○ジネス○ステム 某部署 ○○って名前が。
富○通ビ○ネスシ○テムさぁん!企業情報洩れまくりですよぉ!
セキュリティーフリーですよぁ。

Dscf5466

Dscf5571いや驚きました。そりゃ見ちゃ悪いからこっちもそれ以上は画面見ませんよ。でもこっちに丸見え状態で、音楽に夢中でまったく警戒心0です。そいつのメールに書いてる顧客の財務内容を読み上げちゃおうかな。。あ、読み上げても大音量で耳元に音楽流してるから聞こえないか(>_<)

ウチの会社も、○士通さんのシステムで基幹システム構築してたけど、今は止めました。が、・・あの時(ウチの会社でシステムを頼んでいた時)もこんな感じで洩れっぱなしだったのかも(^_^;

呆れながらも音楽がうるさくて眠れない状態でいたら、○士通くん。宇都宮駅で降りていきました。ええ、もちろん、私は彼が降りられるようにしっかりと足は引っ込めてましたよ、紳士ですからね。

で、富士○くんが降りてしばらくして、席を真ん中から窓際に移ろうとしたら・・・
「?・・・!!!」
席の前のところ(雑誌とか挟むストッパーみたいの)に、新聞と缶コーヒーの飲みかけが置きっぱなし・・。ひでぇ、酷すぎ。。。

Dscf4781_2

富士○ビジ○スシス○ムさぁん!しっかりと教育してくださいねぇ。
こんな人には会社の経営とか事業のパートナーにはなって欲しくないですからね。やはり彼は学校の成績は優秀なんでしょうね。○士通ビジネスシステムに入れるくらいですから。でもね。こんな常識のない人に信頼できる良い仕事ってできるのかな。

全くの事実ですが、会社名は特定できぬよう・分からないように○文字を入れて十分注意しました、のでご安心下さい、FJBさん!(^^)/

Dscf9262

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

新潟市内26年ぶりの81センチの大雪

Dscf2065 特に冷え込んだ5日に、仙台から新潟にバス移動(あ、仕事です)。夜の20時半に新潟市内の万代バスセンターに到着して、バスの運転手さんに「はい、到着です」と言われて降車口から降りようと・・(ん?降りる道がない・・)降車口の先には一面の雪が60センチ以上。(どこをどう歩くの?)

Dscf2067 スーツのズボンを膝下まで雪まみれにしながらザクザクと進みます。(冷めてー)宿泊先のホテルに着いて暖かくして休んで夜が明けたら・・もっと雪が街を包んでいました。ホテルから出ていきなり歩く道がろくにないです。とにかく歩けるようなけもの道(笑)を探して車道まで辿り着かないと。

Dscf2073 車道に出たら多少道が固まってるので、安心して歩けます。ああ、もちろん車に気をつけないとね。車もこわくて徐行していますから、お互いに気をつけて。大通りのバス停も誰も行けつけない陸の孤島状態です。バス停で待っていても誰も見えん。いやもう、こうなると街の機能も停止ですね。

Dscf2083 新潟市内は26年ぶりの大雪で81センチの降雪だとか。北海道の人や北東北の人からみれば「甘い!」と言われそうですが、そこまで鍛えられていない新潟市民達の戸惑いは大変なもの。バスも轍がなかなか乗り越えられず、車体を大きく揺らしながら進みます。いやぁ大変な日でした。

Dscf2088

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

アルトマンという選手の話。

自分は正直野球は詳しくないが、あるところでジョージ・アルトマンという選手の話を聞いた。

George_altman_autograph ジョージ・アルトマン(George Altman)
アフリカ系アメリカ人のメジャーリーガーだったアルトマンが、日本のロッテオリオンズに入団したのが、1968年。自分がまた小学生の頃の話だ。入団一年目に打率.320 34本塁打 100打点の好成績をあげ、その後も活躍し、常に20本以上の本塁打を毎年記録していた。1974年には6試合連続本塁打のリーグ記録を樹立、まさに主砲中の主砲だった。

Dscf4208

【ロッテ史上最高の外国人選手】

勝負強いその打撃は文句のつけようもなかったそうだが、日本に来た時にはすでに35歳という選手としては高齢だったこともあり、走塁や守備は得意ではなかった。しかし、とにかく一生懸命全力で走る姿は皆に愛された。 大差がついた試合でも全力でプレーし、凡打でも全力疾走をし続けたその姿は、相手チームからも敬意を持たれたそうだ。

Dscf8143

【足長おじさん】

Asinagaojisan  私生活でもそのマジメぶりが有名だったそうで、酒・タバコなどの嗜好品はいっさいやらず、東京スタジアムにアルトマン・シートを設けてファンを招待したりと、その197cmという大柄な風貌と積極的なチャリティー活動から「足長おじさん」というニックネームで愛された。そしてどんなことがあってもチーム内では不満を漏らさない人格者だった。

Dscf9220

【アルトマンの悲劇】

 そんなアルトマンに悲劇が訪れたのは1974年。この年、アルトマンが所属するロッテは熾烈な優勝争いをしていたが、アルトマンの身体には異変が起きていた。彼は癌(大腸癌)に冒されていたのだ。出血を繰り返すが、アルトマンは人には告げずに我慢してプレーを続けていたが、ある日彼は試合中グラウンドで気を失い倒れる。結局彼はシーズン途中に手術をすることになったが、85試合出場、癌に冒されながら打率.351、21本塁打と素晴らしい記録が残った。

 その年ロッテを退団するが、彼の野球への熱意は冷めず、42歳という高齢で病み上がりながらも、阪神タイガースに入団テストを受けて入団することになる。その年は打率.274、12本塁打という成績を残したが、自分で納得のいく結果が出せずに、ここで彼の野球人生が終わる。

Dscf78912

【アルトマンのファインプレー】

前置きがもの凄く長くなった。言いたいことは意外と短い。アルトマンのファインプレーという話がある。1970年の日本シリーズでの話だ。

 巨人3勝とロッテ1勝で迎えた第5戦。
巨人森選手が打ち上げたフライをレフトのアルトマンとショートの飯塚選手が追う形で、二人は全力疾走したまま激突。197cmの巨体と衝突した172cmの飯塚は、その衝撃で倒れて意識を失い、打球は外野へ転々と・・。
 しかし、アルトマンは、打球を追わなかった。

意識を失ってしまった飯塚を抱きかかえて必死に呼びかけ、介抱したのである。その間にランナーは生還して決勝点となる1点が入り、打った森も三塁に達した。結果としてこれでロッテは敗退し、日本一の座を巨人に譲ることになる。

 だが飯塚を介抱したアルトマンの姿に相手チームの川上監督も「素晴らしいファインプレーだ」と絶賛したそうだ。もちろんファンも彼のプレーを讃えた。アルトマンの伝説のファインプレーは多くのことを教えてくれる。

 近頃、自分の責任にまわってくるのを恐れて、救急車に連絡しなかったり、もみ消そうとしたことがばれ、人間失格のような扱いを受ける芸能人もいたりする。アルトマンは捕球ミス・チームの失点、ひいては日本一よりも、チームメイトの身体をなによりも優先したのだ。「目の前の失敗」から逃げない男、「今何を一番に優先すべきか行動した男」として語り継がれる伝説となった。

Dscf8017

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

初詣

Dscf8283 地元の・・というか隣町の神川町ですが。金鑚神社(かなさらって読みます)に初詣に行ってきました。武州六大明神としてここら辺では有名で由緒ある神社です。まずは別当寺(=神宮寺=神社に付随した寺です)の大光普照寺にお詣りです。こちらのお寺も古くて聖徳太子によって開創されたとか。

Dscf8288 今日は寒いけど、天気も良くて多くの参拝客で賑わっています。国道462号線沿いにある本寺の境内にはいると香を焚くその煙と匂いが。厳かな気持ちになってきます。

大光普照寺(天台宗)
埼玉県児玉郡神川町二ノ宮667-1

Dscf8289

Dscf8296 続いて金鑚神社へと向かいます。でっかい鳥居の先に参道が山へと続きます。この金鑚神社の語源は、砂鉄を意味する「金砂」から来てるらしいです。ここら辺には刀の原材料となる砂鉄がとれたようです。この参道のゆるやかな山道が正月の運動不足の身体に良い運動になります。(きっと・・)

Dscf8309 ここでも参拝。しっかりと手を合わせて拝みますが、皆さんは何を願い事しました?実は私はこの手を合わせている時、特に願い事をしないんです、去年も。いつも手を合わせるだけ。だからお願いが届くか気にする必要もないし。(だったらなぜお詣りに行くの?ってつっこまないでね)

Dscf8306

途中、参道脇に国指定の重要文化財「多宝塔」があります。1534年に地元の豪族が寄贈した二重の塔婆建築です。
ブログを読んでくれた皆さんに、今年も良いことがありますように。

金鑚神社
埼玉県児玉郡神川町二ノ宮750

Dscf8299

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧