カテゴリー「音楽夜話■バンドのお話」の17件の記事

2007年7月 8日 (日)

フェルナンデスのギター

色々と教えてくれる素敵なギターのお店、金澤屋さんにある、フェルナンデスのテレキャスターがとっても魅力的。サスティン(ギター音を伸ばす効果)が、これまたよい。価格的にも良心的に付けてくれ、私に優先的に声を掛けて貰っていた。
 このギター、チューンナップしたい!
そんな想いに捉えられてしまい、金澤さんに相談したら快諾してくれた。嬉しい!
色々と話を訊きながら、ここはこうしたらいい、こうしたら面白いなんかの話を聞いているうちに音もイメージが膨らむ。なんか家を建てている時(というと大げさだけど模型を作っている時の高揚感というよりもっと大がかり)のワクワク感が高まる。
金澤さんの知識とノウハウは凄いものがあるので、チューンナップには全面的に信頼している。とっても楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

曲作りは面白い!

曲作りが面白い。

最近、そう思う。唄はあまり得意じゃないのでしょうがなく唄っているけど、楽器演奏は好き。だけどそれ以上に最近曲を作るのが好きになったみたい。詩の世界。メロディーを乗せて、曲の世界観を立体化させる。自分のイメージが曲と重なった時の楽しさは何とも言えない。自分は演奏者というより作る側のタイプなんだな、とあらためて想う。

最近、色々言葉やメロディーが端切れのように浮かぶので、それを楽譜ノートに書き留める。ただ会社で仕事をしている時も浮かんでくる時があるので、コレが困る。できるだけ覚えておこうとするけど、100%忘れる。五線譜ノートを机に置いておく訳にはいかないしね。
またいくつか作った曲をネットでUPしようかと思う。この閉ざされたブログの世界の中で。ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日 (土)

エピフォンのギター

うちの仙台にある支店にいるS先輩から「おめぇはよう、レスポールジュニアがいいんじゃないの?」と言われた。あまり詳しくなかったので、色々と調べてみたら、自分みたいな横着者にふさわしい(マイクの切替がない)ギターだ。
EPIPHONEというギターのメーカーは、GIBSON直系のメーカーだ。そこのLP(レスポール)ジュニアが、会社の近くの楽器店にあった。値段的にも色も良い感じ。ただ音がショボイ。でもカッコイイ。安いし。。。
そこで店員に色々と話を訊いた。「チューンUPしよう!」結論が出た。
ピックアップマイクは、ギブソンのマイクに交換、ボリュームやトーンの部分も良いパーツ商品に交換してしまった。つまり電気関係は総入れ替えだ。もはや中身はエピフォンのギターではない。

音は、・・・。すごい。ギブソンだ。全然違う。こんなに違うものか!と思う位に違う。
深夜、スタジオフリーズで、一人練習ということでスタジオを借りてギターを弾きまくる。凄い音に感動もの。チューンアップの魅力を堪能した。
でもギター本体の価格が31,500円なんだけど、その倍以上お金がかかっているし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

ロッカーズ2007応募しました!

ROCKER2007へCD&応募用紙を送りました。メンバーの年齢を書く欄があるんだけど、さすがにその欄は書けませんでした。(^-^;
昨年は140?バンドだか一次審査で、二次予選にいけるのは40組だから3割もない数字。多分、予選落ちだろうけど、まぁこれで一区切り。結構楽しめたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

ロッカーズに応募の曲が出来たよ

20日にバンド練習で収録した音を元に、編集をして、「ロッカーズ2007」用の曲を作りました!「聞こえぬ唄」の方は、唄とベースを除いて収録できたので、追加で唄を入れた。ただベースの山ちゃんが仕事が忙しいので、今回ベースがオレが弾いてレコーディング終了。
ところが、「う・ら・は・ら」はひどい(>_<) 時間が無くて、ドラムと私の唄をその場でレコーディングしただけ。それを家に持ち帰って、自宅でギターを入れ直し、唄も入れ直し。ベースも自分で弾く。つまり最初に入っていたドラム以外は自分で音を入れた形だ。ほとんど自演とも言える・・。みんな仕事が忙しくてパートの音入れが出来ないのは、こういう仕事柄しょうがないのかもね。下に一応、UPしとくね。

 「聞こえぬ唄」の超ハイスピードに驚け!自分は驚いた。唄が、詞がろれつが回らん、早口言葉のよう。ギターもメチャ早弾き!自分で言うのも何だけど、これだけ早く弾ける人ってドンだけいる?って聞きたくなるくらい、自分を褒めてあげたい位のスピードだよん。

 「う・ら・は・ら」はブルージーにギターを弾こうとしたけど、練習不足。メチャ恥ずかしいって感じです。もう少し手を入れたかったなぁ。ああ、時間があれば。↓

「聞こえぬ唄」↓

「う・ら・は・ら」↓

これでロッカーズも一区切り、またいくつか出来てるオリジナルの曲UPしようっと。地元のライブでも出てみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

「孤独の街で」の曲名は「うらはら」に

「孤独の街で」っていうタイトルの曲名って、なんかモロ孤独を強調してどうかい?って感じだったんだけど、S支店 D(P)君から「うらはら」って曲名にしたら?ってアドバイス貰いました。孤独なんだけど、ちょっと意地はったりして自分の気持ちに正直になれない気持ちって感じで「うらはら」。乙女心ってやつかな、妙に感心して決まりました。P君ありがと!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

ロッカーズエントリー曲の音録り

今日のバンド練習は、いつもと違ってFM群馬ロッカーズのエントリー曲の音録りだ。とにかくドラムの音を録ろうってことだったんだけど、肝心のドラムの高木君が、家に帰っちゃった・・。なんでもガスのトラブルだとか、よく分からん。待つこと1時間ダラダラとスタジオ内で時間を過ごしていると、同僚のSさん(H)がスタジオに遊びにに来てくれた。でもドラム待ちなので、雑談で時間が過ぎていく。
やがて高木君到着で練習開始、そして音録りも行う。どうにか録れたけどう~んって内容かな。まぁ楽しけりゃイイヤですね。時間もないのでTAKEをそれぞれ3つずつ入れてスタジオを出た。
会社に戻って、栗ちゃんとミキシングというか音のバランスを取りながら、栗チャンのMTRから自分のMICRO-BRに転送。ここからトラックを使って重ね録りする作業に入る。
結局、会社に夜中12時過ぎまで、会議室に二人籠もって仕事もせずに・・・。
いったいコレでいいんかい?自分・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

オリジナル曲の歌詞はコレだい!

オリジナルの曲の歌詞を一応UPしときます。滑舌悪いから聞き取りにくいかも。ただ「聞こえぬ唄」の方はUPしてからバンドの奴らに強制的に内容を変えさせられたので今は、下のような歌詞になっている(はず・・・)。「孤独の街で」の方は、「♪飲めないお酒に酔ったふりして」を「♪酔えないお酒に~」に替えました。ちょっと最近考えることがあって。なにも悩みがないように見えて、これで自分結構深い悩みがあるんですよ。ホント。

でも「聞こえぬ唄」の方は1番しか録音できていないから・・。明日バンドの練習だから、巧く録音できたら、それをUPしようかな。

"聞こえぬ唄"

音を聞けないあの子が笑う、
静寂の世界の中で。
何と語り合うのか、何を語り合うのか。

心で感じるあの子が笑う、
混沌の世界の中で。
真実の言葉を探して、真実の言葉を求めて。   

俺は歌う、あの子に聞こえぬ唄を。
俺は歌う、あの子に届かぬ唄を。

音を聞けないあの子が笑う、
話す事ない口唇から
眩しい笑みがこぼれる、
眩しい笑みが語りかけ・・・。

あの子は唄う、俺たちに聞こえる愛を
あの子は唄う、俺たちに届く唄を

"孤独の街で"

そんなに 私を 苦しめないで
そんなに 私を 愛さないで。

ビルの谷間から、夕暮れをかすかに、
知らせるものだから、泣いてしまうのよ

いつも いつも、あなたは、そうなんだから
男ってああなんだね。女はいつもこう・・。

酔えないお酒に、酔ったフリして
からんで、困らせ・・、かまってほしくて。

いつも いつも、あなたは、そうなんだから
男ってああなんだね。女はいつもこう・・。

つまらぬジョークで笑うほど
私まだ、歳とっちゃ、フケちゃいないわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

バンド練習はオリジナルの音あわせが中心

今日はN支店から夕方戻って、社内でちょっと仕事((^^;))、そのままバンド練習に突入。今夜もスタジオフリーズで8時~10時。ロッカーズ2007応募用のオリジナル曲の練習になる。自分のわがままを押しつけたかたちだけど、このブログにUPした2曲でいくことで、バンドメンバーの承諾(決して快諾ではなかったけど・・)を得て構成のツメをしながら音合わせ。
「聞こえぬ唄」はスピードとノリがあるんで、大体雰囲気は出来た。もう一つの仮題「孤独の街で」はメンバー間でケンケンガクガク状態。全体の構成の主導権を握る男、栗チャンが、もう一人のキーマン、高木君とリズムのことで悩み出す。8ビートが良いとかスピードがあった方が良いとか、リズムが合わせにくいとか・・。あげくにはアカペラがいいとか、クールファイブ調で行こうとか、もう何がなんだか・・・。作者の肩身が狭い、狭い(>_<)。
自分から「どのようにでもしまうので・・。」という低姿勢を通しながら、なんとかブルースロックテイストは失わないようにして戴き(何という低姿勢)、形は見えてきた感じ。
昨日は、企画本部のAさんと支店のOちゃんが見学に来た。みんなに少しずつ認識して貰っているけど、妙な噂先行も心配だなぁ。自分が「Yさんって 黒のタンクトップで、はじけてギターを奏でている・・」て皆に言われて赤面状態。。。別にそんなわけじゃ。。いい歳だし。

ロッカーズ2007申込みまで後僅か。もう少しだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

オリジナル曲また作ったよ。

日曜日にオリジナルの曲をもう1曲作りました。前回のノリの良いロックから、今度はブルースっぽい曲に仕上げました。
以前に原案っていうかベースは作ってあって、それを仕上げたって感じです。

↓ 仮題 「孤独の街で」、または「想い出は優しさに包まれ」 うーんやっぱ未定・・。

この前に作った曲は歌詞1番で中途半端に終わったけど、今回はしっかりと最後まで
作り切れた満足がある。でもイントロとかギターソロが不満足かな。だんだん欲が出てきた。
(金澤屋の金澤店主様、前回と今回とどっちがロッカーズ向きですか?)

MICRO-BRも使い方が徐々に慣れてきました。色々と作っていきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)